it-swarm-ja.com

DD-WRT:有線イーサネットを使用するとクライアントが表示されない

私が直面している少しイライラする問題-何が問題なのかわからない。

DD-WRT v24-sp2(03/19/12)stdがインストールされたNetgear WNR2000v3ルーターを持っています。 1つの問題を除き、すべてが完璧に機能します。

ルーターの背面にあるイーサネットポートの1つに接続されているファイルサーバーがあります。ファイルサーバーは、すべてのネットワークデバイスを正常に表示できます(pingは正常に実行できます)。ファイルサーバー(およびすべてのデバイス)は、eth0インターフェイス(WANとして構成されている)経由でインターネットにアクセスできます。 DD-WRTはWAN IPをDHCP経由で取得します-すべて正常です。

ここに興味深い部分があります。私のラップトップがwifi(ルーターのデバイスath0)経由で接続されている場合、ラップトップはファイルサーバーを見ることができます-私はそれをうまくpingできます。ただし、ラップトップをルーターの背面にある別のイーサネットポートに接続すると、ファイルサーバーにアクセスできなくなります。 pingを実行すると、「ホストへのルートがありません」と「ホストがダウンしています」というメッセージが交互に表示されます。

デフォルトで作成されたbr0インターフェイスに関する問題かもしれないと思った-しかし、私が見る限り、イーサネットポート(eth1)とwifi(ath0)は、期待どおりにブリッジされています。これを示す設定ページがここに表示されます。

enter image description here

サブネットは同じであると確信しています。また、ルーターにSSH接続すると(これはwifiと有線イーサネットの両方で実行できます)、ルーターはいつでもファイルサーバーに正常にpingを送信できることに注意してください。何が悪いのかわからないので、誰かがこの奇妙な問題に光を当ててくれることを期待しています。

11
Robert Jonson

解決策を見つけました。次の2つのコマンドを実行して、スイッチに接続されたクライアントが相互に通信できるようにする必要があります。

swconfig dev eth1 set enable_vlan 1
swconfig dev eth1 set apply 

tomshardware の礼儀コマンド

私はまだ理解していません:

  1. これらのコマンドが実行していること
  2. デフォルトで有効になっていなかった理由
11
SiegeX

私はいくつかグーグルを行い、それは DD-WRTファームウェアのバグ のようです。 DD-WRTフォーラムで講演があります ファームウェアの新しいバージョンaで問題が修正されます 。 SiegeXの修正はうまく機能します。次に行うことの1つは、それをコマンドウィンドウにスタートアップコマンドとして追加し、次回ルーターを再起動したときに自動的に修正されるようにすることです。

3
Simon The Cat

DD-WRTファームウェアのバグ に従って、@ Simon The Catがリンクしたことに注意してください。DD-WRTビルドにアップグレードしたときに、TL-WR841Nv9で行ったように、追加のコマンドを実行する必要がある場合があります。 38240。

SSHセッションで「swconfig list」を実行することで、使用するインターフェースを確認できます。

[email protected]:~# swconfig list
Found: switch0 - eth0
[email protected]:~#

「swconfig dev eth0 show」でvlan 0を有効にするために必要なすべてのポートを確認することもできます...以下の場合、ポート0、1、2、3、4があります。

[email protected]:~# swconfig dev eth0 show
Global attributes:
        enable_vlan: 0
        mirror_monitor_port: 15
Port 0:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:0 link:up speed:1000baseT full-duplex txflow rxflow
Port 1:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:1 link:down
Port 2:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:2 link:down
Port 3:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:3 link:up speed:100baseT full-duplex auto
Port 4:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:4 link:up speed:100baseT full-duplex auto
VLAN 0:
        vid: 0
        ports: 0 1 2 3 4
[email protected]:~#

[管理]-> [コマンド]-> [コマンドシェル[ボックス]]-> [スタートアップの保存]に入力した最後のコマンドは、次のとおりです。 TP-Link TL-WR841Nv9用のインターフェース名を以下に置き換えます。

swconfig dev eth0 set reset 1;
swconfig dev eth0 set enable_vlan 1
swconfig dev eth0 vlan 0 set ports '0 1 2 3 4'
swconfig dev eth0 set apply 1

その後-理由がわからない、以下の "swconfig dev eth0 show"からの出力は、起動時にこれら2つのコマンドだけを実行した後の同じコマンドの出力と同じに見えます "swconfig dev eth0 set enable_vlan 1; swconfig dev eth0 set apply 1;"しかし、何らかの理由で、ドキュメントに記載されているように、スイッチポートがデバイス間で適切に通信するために、他の2行が必要でした バグレポートに

[email protected]:~# swconfig dev eth0 show
Global attributes:
        enable_vlan: 1
        mirror_monitor_port: 15
Port 0:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:0 link:up speed:1000baseT full-duplex txflow rxflow
Port 1:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:1 link:down
Port 2:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:2 link:down
Port 3:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:3 link:up speed:100baseT full-duplex auto
Port 4:
        enable_mirror_rx: 0
        enable_mirror_tx: 0
        pvid: 0
        link: port:4 link:up speed:100baseT full-duplex auto
VLAN 0:
        vid: 0
        ports: 0 1 2 3 4
[email protected]:~#
1
R37ribution