it-swarm-ja.com

ContextBrokerの更新中にyumエラー「リ​​ポジトリのメタリンクを取得できません:epel。パスを確認してから再試行してください」が発生する

Yum install contextBrokerコマンドを使用してOrion ContextBrokerを更新しようとしています。残念ながら、私は次のエラーが出ます:

ロードされたプラグイン:faststmirror、refresh-packagekit、セキュリティ

キャッシュされたホストファイルからのミラースピード

Error:リポジトリのメタリンクを取得できません:epel。パスを確認してもう一度やり直してください

何がおかしくなる可能性がありますか?

69
JosepB

/etc/yum.repos.d/epel.repo/etc/yum.repos.d/epel-testing.repoの両方のファイルを編集し、mirrorlist=...で始まるすべてのエントリをコメントアウトし、baseurl=...で始まるすべてのエントリのコメントを外して、この問題を解決しました。

78
fgalan

Ca-certificatesパッケージを更新するだけで済みました。それ以前は、失敗しているhttpsのあるリポジトリをすべて無効にしてください。そのため、ミラーリストへのコメント付けや、httpsの代わりにhttpを使用した解決策も機能します。

たとえば、epelリポジトリのみを無効にする必要がある場合は、次のようにします。

yum --disablerepo=epel -y update  ca-certificates

これは、wget、curl、およびその他のSSL証明書を使用するものすべてにも役立ちます。

142
XoR

このコマンドを使います。

Sudo sed -i "s/mirrorlist=https/mirrorlist=http/" /etc/yum.repos.d/epel.repo

または代わりにcommandを使う

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

4行目に行き、URLをから変更します。

mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&Arch=$basearch

mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&Arch=$basearch
35
sumit pandit

私の場合はmirrorlistをコメントアウトし、baseurlを付けて意図しないエントリを入力してもうまくいきません。私は問題がhttps.repoFedoraファイル内にあることに気づいた。私は/etc/yum.repository.dに入り、異なる.repoファイル内のすべてのhttpshttpに置き換えることで解決しました。それはうまくいった!

12
Joseph N.

あなたがインターネットスロープロキシにアクセスするかどうかを確認し、あなたはyum設定にインターネットプロキシアドレスを追加する必要があります。

追加する

proxy=http://ip:port to /etc/yum.conf
9
Rashad Saif

Epel-releaseをインストールした後、このメッセージ/エラーに遭遇するかもしれません。簡単な解決策はあなたのSSL証明書を更新することです:

yum -y upgrade ca-certificates

証明書の更新中にも上記のエラーが発生する可能性があります。その場合は、単にepelリポジトリを無効にします。つまり、次のコマンドを使用します。

yum -y upgrade ca-certificates --disablerepo=epel 

証明書が更新されれば、epelリポジトリでも問題なく動作するでしょう。別のリポジトリでも同じエラーが発生する場合は、その名前を--disablerepo=<repo-name>フラグに対して設定してください。


Sudoユーザーでない場合は、rootを使用してください。

5
Nabeel Ahmed

これでうまくいくと思います。私はこれで私の問題を解決しました。

$ Sudo yum clean all

$ Sudo yum --disablerepo = "epel"アップデートnss

5
Varun

上記のすべては私にはうまくいきませんでしたが、次のコマンドでrpmデータベースを再構築しました。

Sudo rpm --rebuilddb

助けてくれてありがとう。

4
Beavus Slagerty

インターネットにアクセスできないボックスの場合は、epelリポジトリを削除できます。

yum remove epel-release --disablerepo=epel

これは私が誤ってprodボックスのrpmを使ってepel-releaseをインストールしたときに起こりました。

3
Howard Lee

Ca-certificatesパッケージが最新のものであっても、同じ問題が発生しました。ミラー https://mirrors.fedoraproject.org/ 現在私のDigiCert High Assurance EV Root CAに含まれているca-bundleによって署名されています

$ grep -A 3 "DigiCert High" /etc/ssl/certs/ca-bundle.crt 
# DigiCert High Assurance EV Root CA
-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIIDxTCCAq2gAwIBAgIQAqxcJmoLQJuPC3nyrkYldzANBgkqhkiG9w0BAQUFADBs
MQswCQYDVQQGEwJVUzEVMBMGA1UEChMMRGlnaUNlcnQgSW5jMRkwFwYDVQQLExB3

私の場合https接続が失敗したのは、システム日付が2002年に設定されていて、DigiCert High Assurance EV Root CAが(まだ)有効ではないからです。

$ date
Di 1. Jan 11:10:35 CET 2002

システム時刻を変更すると問題が解決しました。

3
sauerburger

Curlの更新は機能しました。どういうわけか、yumはトランザクションにcurlを使用します。

yum update curl --disablerepo=epel
3
sbetharia

私はこの解決法でこの問題を解決しました。

/etc/yum.repos.d/epel.repoファイルを変更するだけです。

mirrorlist =このURL httpsをhttpに変更

baseurl =このURLのhttpsをhttpに変更します

3
how to i start

ウォークスルーステップ

次のコマンドを実行すると、HTTPSではなくHTTPを使用するようにリポジトリが更新されます。

Sudo sed -i "s/mirrorlist=https/mirrorlist=http/" /etc/yum.repos.d/epel.repo

これで、このコマンドでアップデートできるはずです。

yum -y update
2
Varadhan Work

/etc/yum.repository.d/に移動して解決しました。私の場合は、baseurlを使ってmirrorlistと思いがけないエントリをコメントアウトします。 sslverify = falseを追加しました。

https://serverfault.com/questions/637549/epel-repo-for-centos-6-causing-error

2
Laxman S

この問題を回避するには、epel.repoファイルのhttpsエントリをhttpに変更します。

1
Fabricio

このように固定私の:

yum install elfutils-default-yama-scope-0.168-8.el7.noarch --disablerepo=epel
yum install nss-pem -disablerepo=epel
yum reinstall ca-certificates --disablerepo=epel
yum clean all
rm -rf /var/cache/yum
yum update`
0

ミラーリストのURLをhttpsからhttpに変更すると問題が解決しました。

0
Anil Reddy

これらのどれも私のために働きませんでした(私は手動でリポジトリファイルを編集することのようなハックさえ試みなかった)。

しかし、それは単純なyum update -yの後に動作しました

0
jaustin