it-swarm-ja.com

RPMファイルを作成するために最低限必要なことは何ですか?

Linuxバイナリ「foobar」を配布するためのRPMファイルを作成したいのですが、依存関係はわずかです。設定ファイル/etc/foobar.confがあり、/ usr/bin/foobarにインストールする必要があります。

残念ながら RPMのドキュメント は27章の長さで、他のプラットフォーム用の.debおよびEXEインストーラーの作成に忙しいため、実際に座ってこれを読む日はありません。

RPMを作成するために絶対に最低限必要なことは何ですか? foob​​arバイナリとfoobar.confが現在の作業ディレクトリにあると仮定します。

144
Steve Hanov

私はしばしば、Linux上で、プロプライエタリなアプリをパッケージ化するごとにバイナリrpmを実行します。ですから、私の経験はあなたにとっても有用である可能性があります。それ以外に、可能であればTRUE RPMを行う方が良いでしょう。しかし、私は脱線します。

(バイナリ)プログラムをパッケージ化するための基本的な手順は次のとおりです。バージョン1.0のtoybinprogであると仮定し、/ etc/toybinprog/toybinprog.confにconfをインストールし、binをインストールしますtobinprogと呼ばれる/ usr/bin内:

1. RPM <4.6,4.7のrpmビルド環境を作成します

mkdir -p ~/rpmbuild/{RPMS,SRPMS,BUILD,SOURCES,SPECS,tmp}

cat <<EOF >~/.rpmmacros
%_topdir   %(echo $HOME)/rpmbuild
%_tmppath  %{_topdir}/tmp
EOF

cd ~/rpmbuild

2.プロジェクトのtarballを作成します

mkdir toybinprog-1.0
mkdir -p toybinprog-1.0/usr/bin
mkdir -p toybinprog-1.0/etc/toybinprog
install -m 755 toybinprog toybinprog-1.0/usr/bin
install -m 644 toybinprog.conf toybinprog-1.0/etc/toybinprog/

tar -zcvf toybinprog-1.0.tar.gz toybinprog-1.0/

3.ソースディレクトリにコピーします

cp toybinprog-1.0.tar.gz SOURCES/

cat <<EOF > SPECS/toybinprog.spec
# Don't try fancy stuff like debuginfo, which is useless on binary-only
# packages. Don't strip binary too
# Be sure buildpolicy set to do nothing
%define        __spec_install_post %{nil}
%define          debug_package %{nil}
%define        __os_install_post %{_dbpath}/brp-compress

Summary: A very simple toy bin rpm package
Name: toybinprog
Version: 1.0
Release: 1
License: GPL+
Group: Development/Tools
SOURCE0 : %{name}-%{version}.tar.gz
URL: http://toybinprog.company.com/

BuildRoot: %{_tmppath}/%{name}-%{version}-%{release}-root

%description
%{summary}

%prep
%setup -q

%build
# Empty section.

%install
rm -rf %{buildroot}
mkdir -p  %{buildroot}

# in builddir
cp -a * %{buildroot}


%clean
rm -rf %{buildroot}


%files
%defattr(-,root,root,-)
%config(noreplace) %{_sysconfdir}/%{name}/%{name}.conf
%{_bindir}/*

%changelog
* Thu Apr 24 2009  Elia Pinto <[email protected]> 1.0-1
- First Build

EOF

4.ソースとバイナリrpmをビルドします

rpmbuild -ba SPECS/toybinprog.spec

そして、それだけです。

この助けを願っています

173
devzero2000

アプリケーションディストリビュータとして、 fpmはお客様のニーズに最適です 。ソースからアプリをパッケージ化する方法を示す ここの例 があります。 FPMは、debファイルとRPMファイルの両方を生成できます。

20
timmow

RPMをすばやく構築するには、トーゴをチェックしてください。

https://github.com/genereese/togo-rpm

プロジェクトにはクイックスタートガイドがあり、基本的なRPMを3分未満で作成できました。

元の質問で提供されたデータを使用した例:

1)スクリプトを使用してプロジェクトディレクトリを作成します。

$ togo project create foobar; cd foobar

2)./rootの下に目的のディレクトリ構造を作成し、ファイルをそこにコピーします。

$ mkdir -p root/etc; cp /path/to/foobar.conf root/etc/
$ mkdir -p root/usr/bin; cp /path/to/foobar root/usr/bin/

3)システム所有のディレクトリをRPMの所有権から除外します。

$ togo file exclude root/etc root/usr/bin

4)(オプション)生成された仕様を変更して、パッケージの説明/依存関係/バージョン/その他などを変更します。

$ vi spec/header

5)RPMをビルドします。

$ togo build package

-そして、RPMは./rpmsディレクトリに吐き出されます。

16
dadealeus

同様に、数個のファイルでrpmを作成する必要がありました。これらのファイルはソース管理されていて、それがばかげているように思えたので、rpmでuntarするためだけにそれらをtarすることはしたくありませんでした。私は次のことを思いつきました:

  1. 環境をセットアップします。

    mkdir -p ~/rpm/{BUILD,RPMS}

    echo '%_topdir %(echo "$HOME")/rpm' > ~/.rpmmacros

  2. 次の内容のspecファイルfoobar.specを作成します。

    Summary: Foo to the Bar
    Name: foobar
    Version: 0.1
    Release: 1
    Group: Foo/Bar
    License: FooBarPL
    Source: %{expand:%%(pwd)}
    BuildRoot: %{_topdir}/BUILD/%{name}-%{version}-%{release}
    
    %description
    %{summary}
    
    %prep
    rm -rf $RPM_BUILD_ROOT
    mkdir -p $RPM_BUILD_ROOT/usr/bin
    mkdir -p $RPM_BUILD_ROOT/etc
    cd $RPM_BUILD_ROOT
    cp %{SOURCEURL0}/foobar ./usr/bin/
    cp %{SOURCEURL0}/foobar.conf ./etc/
    
    %clean
    rm -r -f "$RPM_BUILD_ROOT"
    
    %files
    %defattr(644,root,root)
    %config(noreplace) %{_sysconfdir}/foobar.conf
    %defattr(755,root,root)
    %{_bindir}/foobar
    
  3. Rpmをビルドします:rpmbuild -bb foobar.spec

現在のディレクトリとして「ソース」を指定する小さなハッカーがありますが、代替案よりもはるかに洗練されているように見えました。

注:私の特定の状況では、ファイルは次のように、移動する必要がある場所に応じてフォルダーに配置されました。

./etc/foobar.conf
./usr/bin/foobar

そのため、準備セクションは次のようになりました。

%prep
rm -rf $RPM_BUILD_ROOT
mkdir -p $RPM_BUILD_ROOT
cd $RPM_BUILD_ROOT
tar -cC %{SOURCEURL0} --exclude 'foobar.spec' -f - ./ | tar xf -

これは少しきれいです。

また、rpmバージョン4.4.2.3のRHEL5.6を使用しているため、走行距離が異なる場合があります。

15
glickbot

make configがプログラムで機能する場合、または2つのファイルを適切な場所にコピーするシェルスクリプトがある場合は、 checkinstall を使用できます。メイクファイルがあるディレクトリに移動し、パラメータ-R(forRPM)とオプションでインストールを呼び出します脚本。

4
js.

バイナリからrpmパッケージを構築する簡単な方法(これらの手順はFedora 18でテストされました):

1)最初にrpmdevtoolsをインストールする必要があるため、これらのコマンドを実行します(注意:通常のユーザーとして実行)

$ Sudo yum install rpmdevtools rpmlint
$ rpmdev-setuptree

2)〜/ rpmbuild/SPECSフォルダーに新しいファイルを作成します:package_name.spec

3)エディター(geditなど)で開き、これを記述します。

Name:           package_name
Version:        1.0
Release:        1
Summary:        Short description (first char has to be uppercase)

License:        GPL
URL:            www. your_website/

BuildRequires:  package_required >= (or ==, or <=) 1.0.3 (for example)

%description
Description with almost 79 characters (first char has to be uppercase)

#This is a comment (just as example)

%files
/usr/bin/binary_file.bin
/usr/share/applications/package_name.desktop
/usr/share/pixmaps/package_name.png

%changelog
* date Packager's Name <packager's_email> version-revision
- Summary of changes

#For more details see: docs.fedoraproject.org/en-US/Fedora_Draft_Documentation/0.1/html/Packagers_Guide/sect-Packagers_Guide-Creating_a_Basic_Spec_File.html

4)〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386を作成し、ファイルが配置されるパスを再現します。この場合、たとえば作成します。

  • 〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386/usr/bin /
  • 〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386/usr/share/applications /
  • 〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386/usr/share/pixmaps /

5)パッケージに挿入するファイルをこれらのフォルダーに入れます。

  • 〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386/usr/bin/binary_file.bin
  • 〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386/usr/share/applications/package_name.desktop
  • 〜/ rpmbuild/BUILDROOT/package_name-version-release.i386/usr/share/pixmaps/package_name.png

usr/share/pixmaps/package_name.pngはバイナリのアイコンですusr/share/applications/package_name.desktopはプログラムをメニューエントリに挿入するルールです

6)package_name.desktopは次のようにする必要があります。

[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Type=Application
Name=example
GenericName=Short description
Comment=Comment of the application
Exec=package_name
Icon=package_name
Terminal=false
Categories=System;

カテゴリは次のとおりです。standards.freedesktop.org/ menu-spec/latest/apa.html

7)$ rpmbuild -bb ~/rpmbuild/SPECS/package_name.specを実行します

8)パッケージは〜/ rpmbuild/RPMSフォルダーにビルドされました

このパッケージをインストールするとインストールされます:

  • /usr/bin/binary_file.bin
  • /usr/share/applications/package_name.desktop
  • /usr/share/pixmaps/package_name.png

おかげで:losurs.org/docs/tips/redhat/binary-rpms

Rpmのビルドの詳細については、この link をご覧ください。

GUI Java rpmをビルドするソフトウェア: https://sourceforge.net/projects/javarpmbuilder/

4
RobotMan