it-swarm-ja.com

パスフレーズを指定せずに秘密鍵をエクスポートすることはできません

秘密のGPGキーのパスフレーズを忘れてしまったので、エクスポートしたいので、いくつかの可能性のあるキーでブルートフォース攻撃を行うことができます。

ただし、gpg --export-secret-keysを実行すると、gpgにオプションを指定しても、常にgpg-agentがパスフレーズを要求します。 --batch--yes、および--passphrase-fdは効果がありません。

GPG2.1.15を実行しています。

GPG2.0.22を実行しているマシンで問題なく秘密鍵をエクスポートしてみました。これを行うことはまだ可能ですか?

そうでなければ、私の鍵は失われます。

キーを復号化せずに、次のように「手動で」転送できます。

# create temporary destination dir
mkdir -m 700 /tmp/alt-gnupg
# transfer public keys using export/import, assuming name "user-000"
gpg2 --export user-000 | gpg2 --homedir /tmp/alt-gnupg --import
# transfer private keys using file copy
for g in $(gpg2 --list-keys --with-keygrip --with-colons 'user-000' |
      awk -F: '$1=="grp" {print $10}'); do
    cp ~/.gnupg/private-keys-v1.d/$g.key /tmp/alt-gnupg/private-keys-v1.d
done
# check you got them
gpg2 --homedir /tmp/alt-gnupg --list-secret-keys

これが機能するのは、秘密鍵が<keygrip>.keyの形式のファイルに保存されており、ロックを解除せずにキーグリップを見つけることができるためです。

キーをブルートフォースするには:

# use alternate gnupg dir
export GNUPGHOME=/tmp/alt-gnupg
# create dummy encrypted file
echo hello |
gpg2 --encrypt --recipient user-000 --armor >/tmp/msg.asc
# tell gpg-agent to accept loopback pinentry
echo allow-loopback-pinentry >${GNUPGHOME}/gpg-agent.conf
# restart gpg-agent
gpg-connect-agent /bye
# and now...
for p in pass1 pass2; do
    gpg2 --batch --pinentry-mode=loopback --passphrase "$p" --quiet --decrypt /tmp/msg.asc >/dev/null 2>&1 && echo "yes!! pass: $p"
done
2
Matei David