it-swarm-ja.com

サーバーにPPAを追加する方法は?

Ubuntuのサーバーバージョンには add-apt-repository コマンドがありません。このコマンドなしでサーバーに Personal Package Archive (PPA)を追加するにはどうすればよいですか?

160
Luis Alvarado

単純にadd-apt-repositoryコマンドを追加できます。 13.10以降では、次のコマンドも実行する必要があります。

Sudo apt-get install software-properties-common

サイドノート:11.04でadd-apt-repositoryにシンボリックリンクを追加したので、apt-add-repositoryとして実行できます。 aptはすべて「apt」で始まります。

注:python-software-propertiesパッケージの一部です(13.10より前):

Sudo apt-get install python-software-properties
196
Mark Russell

釣り方を教えてください。 apt-fileを使用すると、特定のファイルを提供するパッケージを見つけることができます。 dpkg -Sは同じことを行いますが、インストールされたパッケージに対してのみです。 apt-fileは、パッケージがインストールされているかどうかにかかわらず機能します。

そのため、まずapt-fileをインストールします:Sudo apt-get install apt-file。次に、apt-get:Sudo apt-file updateの場合と同様に、情報を更新する必要があります。これで使用する準備ができました。

$ apt-file search add-apt-repository
python-software-properties: /usr/bin/add-apt-repository
python-software-properties: /usr/share/man/man1/add-apt-repository.1.gz

したがって、この場合、次に行うことはpython-software-propertiesをインストールすることです。

74

必ずしも最良の答えではありませんが、これは機能します。

/etc/apt/sources.listを編集する昔ながらの方法(Ubuntu 9.10より前、彼らはそれを呼んでいます)はまだ機能します。また、システムでGPGキーを手動で取得する必要があります。

古い(9.10以前)Ubuntuシステムの場合:

ステップ1:LaunchpadのPPAの概要ページにアクセスします。 「このPPAをシステムに追加する」という見出しを探し、このPPAリンクに関する技術詳細をクリックします。

手順2:[sources.listエントリの表示]ドロップダウンボックスを使用して、使用しているUbuntuのバージョンを選択します。

ステップ3:すぐ下のテキストボックスに次のように表示されます。

deb http://ppa.launchpad.net/gwibber-daily/ppa/ubuntu jaunty main
deb-src http://ppa.launchpad.net/gwibber-daily/ppa/ubuntu jaunty main

それらの行をコピーします。

ステップ4:ターミナルを開き、次を入力します。

Sudo gedit /etc/apt/sources.list

これにより、システムが現在使用しているアーカイブのリストを含むテキストエディターが開きます。ファイルの一番下までスクロールし、上記の手順でコピーした行を貼り付けます。

ファイルを保存し、テキストエディターを終了します。

ステップ5:PPAの概要ページに戻り、署名キーの見出しを探します。次のようなものが表示されます。

1024R/72D340A3(これは何ですか?)

スラッシュの後の部分をコピーしますが、ヘルプリンクは含めません。例えばちょうど72D340A3。

ステップ6:ここで、UbuntuがPPAからパッケージを検証できるように、システムにそのキーを追加する必要があります。ターミナルで、次を入力します。

Sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 72D340A3

(ステップ5でコピーしたもので72D340A3を置き換えます。)

これでPPAのキーがプルダウンされ、システムに追加されます。

ステップ7:これで、一度限りとして、システムに、追加したばかりのPPAを含む、知っている各アーカイブからソフトウェアの最新リストをプルダウンするように指示する必要があります。

Sudo apt-get update

これで、PPAからソフトウェアのインストールを開始する準備が整いました!

53
Broam

add-apt-repositoryはパッケージpython-software-propertiesで提供されます。

したがって、経由でインストールする必要がある場合

Sudo apt-get install python-software-properties
15
fossfreedom

次のコマンドを実行します:

Sudo apt-get install software-properties-common

そして、実行中のリポジトリを追加できます:

Sudo add-apt-repository [REPOSITORY]

[REPOSITORY]を追加するリポジトリ名に置き換えるためのルール。

15
Doug

数週間前にこれについて同僚と議論しました。与える

apt-add-repository

試してみてください。他のパッケージは必要ありません。追加する前にaptが表示されることに注意してください。 add-apt-repositoryをインストールする必要があるため、順序は重要です。

それらの反対者のために。このVagrantファイルを試してみてください。注意してください、私は新鮮な信頼できるイメージから始めて、すぐにPPAを追加します。

# -*- mode: Ruby -*-
# vi: set ft=Ruby :

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure(2) do |config|

  config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
  config.ssh.username = "vagrant"

  config.vm.provision "Shell", inline: <<-Shell
    Sudo apt-add-repository ppa:george-edison55/cmake-3.x -y
    Sudo apt update
    Sudo apt upgrade
    Sudo apt install -y virtualbox-guest-dkms
    Sudo apt-get install -y curl g++ libpng12-dev  \
      libtiff5-dev libssl-dev libxml2-dev libxslt1-dev libpq-dev postgresql-client \
      postgresql pgadmin3 liblcms2-dev libcrypto++9 libcrypto++-dev \
      graphviz-dev libboost1.55-dev libboost-filesystem1.55-dev libboost-system1.55-dev \
      libexpat1-dev python-software-properties qtbase5-dev qttools5-dev  \
      libqt5svg5-dev qtscript5-dev qtdeclarative5-dev qtmultimedia5-dev \
      libsqlite3-dev qt5-default cmake

  Shell
end

更新:明確にするために、ubuntuのクラウドイメージには正確で、正しいパッケージが既にインストールされているように見えます。したがって、cloud-initスクリプトまたはvagrantファイルのいずれを使用していても、apt-add-repositoryが存在します。 add-apt-repositoryは同じパッケージに含まれているため、同様に機能するはずです。

0
Atifm