it-swarm-ja.com

Jupiterに似た省電力アプリケーションはありますか?

Jupiterの電源設定アプリをインストールしようとしていますが、新しいカーネルとの互換性がなくなったと読みました。 13.04で同様のプログラムまたは電源設定を管理する方法はありますか?

177
Michael Scott

TLPを使用したLinuxの電力使用量/バッテリー寿命の改善

概要

TLPは、すべての技術的な詳細を理解する必要なく、Linuxの高度な電源管理の利点をもたらします。 TLPには、バッテリー寿命に最適化されたデフォルト設定が付属しているため、インストールして忘れてもかまいません。それでも、TLPは特定の要件を満たすように高度にカスタマイズできます。

特徴

Kernel laptop mode and dirty buffer timeouts
Processor frequency scaling including "turbo boost" / "turbo core"
Power aware process scheduler for multi-core/hyper-threading
Hard disk advanced power magement level and spin down timeout (per disk)
SATA aggressive link power management (ALPM)
PCI Express active state power management (PCIe ASPM) – Linux 2.6.35 and above
Runtime power management for PCI(e) bus devices – Linux 2.6.35 and above
Radeon KMS power management – Linux 2.6.35 and above, not fglrx
Radeon dynamic power management – Kernel 3.11 and above, not fglrx
Wifi power saving mode – depending on kernel/driver
Power off optical drive in drive bay (on battery)
Audio power saving mode – hda_intel, ac97

追加機能もチェック

Installation

前提条件も確認

Sudo add-apt-repository ppa:linrunner/tlp
Sudo apt-get update
Sudo apt-get install tlp tlp-rdw smartmontools ethtool

ThinkPad

Sudo apt-get install tp-smapi-dkms acpi-call-tools tlp tlp-rdw smartmontools ethtool
  • tlp-rdw –無線デバイスWizard-有効/無効にする必要があります&省電力(Wifi/Bluetooth)
  • smartmontools-ディスクドライブS.M.A.R.T.データを表示するためにtlp-statが必要
  • ethtool-LANでのスリープ解除を無効にするために必要
  • tp-smapi-dkms ThinkPadのみ、tp-smapiはバッテリー充電のしきい値とtlp-statのThinkPad固有のステータス出力に必要です。
  • acpi-call-tools ThinkPadのみ。SandyBridge以降のモデルのバッテリー充電しきい値にはacpi-callが必要です

追加

nityのTLPインジケーター ACモードとBATモードを簡単に切り替えるために作成されたUnityインジケーター。自己責任で使用してください。ここからダウンロード: indicator-TLP.py

TLP Indicator for Unity


設定

デフォルトのUbuntu CPU周波数設定の削除

Sudo update-rc.d -f ondemand remove 

TLP開発者

(これはTLPの一般的な前提条件ではありませんが、必要なのはユーザーが決定した場合既定のガバナーを変更する場合のみです。ユーザーがコマンドを発行する場合TLP設定を変更せずに彼は「パフォーマンス」になりますが、これはバッテリー寿命にとって非常に悪いです。)、セクションに適用。)プロセッサーと周波数のスケーリング

TLPのメイン設定ファイルは/ etc/default/tlpにあります

Sudo -i gedit /etc/default/tlp

パラメーター

一般的なヒント

  1. _ACで終わるパラメーターは、電源が接続されている場合に有効です
  2. _BATで終わるパラメーターは、バッテリーで実行している場合に有効です
  3. 空白を含むパラメーターは、次のように二重引用符で囲む必要があります: ""
  4. 一部のパラメーターはデフォルトでは非アクティブです。アクティブにする先頭の「#」を削除します

0.)一般

TLP_ENABLE=1

0に設定してTLPを無効にします(再起動が必要)。有効にする必要があるため、デフォルト値のまま

1.)ファイルシステム

   DISK_IDLE_SECS_ON_AC=0
   DISK_IDLE_SECS_ON_BAT=2 

DISK_IDLE_SECS_ON_BAT = 2 =デフォルト値のままにすることができます(2)、または5として編集できます。デフォルトではUbuntuは5を使用し、あなた次第、以下のヘルプを読んでください

cat /usr/lib/pm-utils/power.d/laptop-mode

これは、ディスクへの書き込みを回避しようとするシステムの攻撃性を制御します。ディスクのアイドル時間が長いほど、節約できる電力は大きくなります。

これはバッテリー電源でのみアクティブであり、AC電源でこれらの値をカーネルのデフォルトに復元します。

デフォルト5。ラップトップモードを有効にし、システムに可能な限り多くのデータをフラッシュするためにディスクへの書き込みを要求するたびに、システムを強制的に5秒待機にします。

2.)ダーティページ値

MAX_LOST_WORK_SECS_ON_AC=15
MAX_LOST_WORK_SECS_ON_BAT=60 

デフォルト値のままにする

デフォルトは60です。これは、使用可能なシステムメモリの60%がダーティ情報で満たされるまで、変更されたが保存されていないファイル情報をカーネルが強制的に書き出さないことを意味します。

3.)プロセッサと周波数のスケーリング

CPU_SCALING_GOVERNOR_ON_AC=ondemand
CPU_SCALING_GOVERNOR_ON_BAT=powersave

ハッシュを削除し、控えめに編集します。

あなたが望むものはあなた次第ですON_BAT = powersave

CPU周波数スケーリングガバナーを選択します:ondemand/powersave/performance/conservative

知事??

ガバナーは、使用する周波数を決定します。

モジュールの説明:

ondemand        Dynamically switch between CPU(s) available if at 95% cpu load

performance     Run the cpu at max frequency

conservative    Dynamically switch between CPU(s) available if at 75% load

powersave       Run the cpu at the minimum frequency

TLP開発者

「ACで特に」「節電」を「控えめに」使用することは一般的な推奨事項ではなく、過度の熱またはファンノイズを生成するハードウェアのオプションにすぎません。

4.)最小/最大周波数

#CPU_SCALING_MIN_FREQ_ON_AC=0
#CPU_SCALING_MAX_FREQ_ON_AC=0
#CPU_SCALING_MIN_FREQ_ON_BAT=0
#CPU_SCALING_MAX_FREQ_ON_BAT=0

スケーリングガバナーで使用可能な最小/最大周波数を設定します。可能な値はCPUに大きく依存します。利用可能な周波数については、tlp-stat出力のセクション「+++ Processor」を参照してください。

Hint:パラメータはデフォルトで無効になっています。先頭の#を削除して有効にします。それ以外の場合、カーネルのデフォルト値が使用されます。

5.)ターボブースト

CPU_BOOST_ON_AC=1
CPU_BOOST_ON_BAT=0

CPUの「ターボブースト」機能を設定します:0 =無効/ 1 =許可、Intel Core iプロセッサとカーネル3.7以降が必要です。

重要:これは、ディストリビューションのガバナー設定と競合する可能性があります。1の値はブーストを有効にしません、ブーストを許可します。

6.)CPUコア/ハイパースレッド

SCHED_POWERSAVE_ON_AC=0
SCHED_POWERSAVE_ON_BAT=1

軽負荷条件下で使用されるCPUコア/ハイパースレッドの数を最小限に抑える

7.)カーネル

NMI_WATCHDOG=0

カーネルNMIウォッチドッグタイマーをアクティブにします(0 =無効/電力節約、1 =有効)。値1は、カーネルデバッグのみに関連します。

8.)ハードディスクの高度な電源管理レベル

DISK_APM_LEVEL_ON_AC="254 254"
DISK_APM_LEVEL_ON_BAT="128 128"

「高度な電源管理レベル」を設定します。可能な値の範囲は1〜255です。

1 – max power saving / minimum performance 

重要:この設定は、過度の読み取り/書き込みヘッドのアンロード(クリック音から認識可能)のために、ディスクドライブの摩耗や破損を増加させる可能性があります。

128 – compromise between power saving and wear (TLP standard setting on battery)

192 – prevents excessive head unloading of some HDDs

254 – minimum power saving / max performance (TLP standard setting on ac)

255 – disable APM (not supported by some disk models)

複数のディスクの異なる値は、ブランクで区切られます。

9.)ディスクI/Oスケジューラ

#DISK_IOSCHED="cfq cfq"

ディスクデバイスのioスケジューラを選択します。noop/deadline/cfq(デフォルト:cfq)スペースを使用して複数のデバイスの値を区切ります。

noopは、I/Oを再スケジュールしようとするとリソースが浪費されるメモリバックアップブロックデバイス(ramdisksなど)およびその他の非回転メディア(フラッシュ)に最適な選択です。

deadlineは、レイテンシーに厳しい制限を設定しようとする軽量スケジューラーです。

cfq I/O帯域幅のシステム全体の公平性を維持しようとします

10.)SATAアグレッシブリンク電源管理(ALPM):

min_power/medium_power/max_performance

SATA_LINKPWR_ON_AC=max_performance
SATA_LINKPWR_ON_BAT=min_power

ALPM Aggressive Link Power Management(ALPM)は、I/Oアクティビティがゼロの期間中に、SATA AHCIコントローラーがディスクに接続するSATAリンクを非常に低電力モードにできるメカニズムです。作業を行う必要があるときに有効電力状態になります。テストでは、これにより一般的なシステムで約0.5〜1.5ワットの電力を節約できることが示されています。 (詳細については"ソースと追加ヘルプ"

11.)PCI Express Active State Power Management(PCIe ASPM):

(default/performance/powersave)

ヒント:一部のマシンではカーネルブートオプションpcie_aspm = forceが必要

PCIE_ASPM_ON_AC=performance
PCIE_ASPM_ON_BAT=powersave

12.)Radeonグラフィッククロック速度

(プロファイル方式):low/mid/high/auto/default

auto = BATでmid、ACでhigh。デフォルト=ハードウェアのデフォルトを使用(カーネル> = 2.6.35のみ、fglrxドライバーでは使用不可!)

#RADEON_POWER_PROFILE_ON_AC=high
#RADEON_POWER_PROFILE_ON_BAT=low

13.)WiFi省電力モード

1 =無効/ 5 =有効

(Linux 2.6.32以降、一部のアダプターのみ!)

WIFI_PWR_ON_AC=1
WIFI_PWR_ON_BAT=5

14.)LANでのスリープ解除を無効にする

Y =はい、N =いいえ

WOL_DISABLE=Y

15.)Intel HDAのオーディオ省電力

Intel HDA、AC97デバイスのオーディオ省電力を有効にします(秒単位のタイムアウト)。値が0の場合は無効になり、> = 1の場合は省電力が有効になります。

SOUND_POWER_SAVE=1

コントローラーも無効にします(HDAのみ):Y/N

SOUND_POWER_SAVE_CONTROLLER=Y

16.)ltraBayの光学ドライブの電源を切る >> (ThinkPadのみ)

1に設定すると、バッテリーで実行中にUltraBayの光学ドライブの電源が切れます(ThinkPadのみ)。値0は、この機能を無効にします(デフォルト)。イジェクトレバーを放す(および再挿入する)か、新しいモデルのディスクイジェクトボタンを押すと、ドライブの電源を再び入れることができます。 :UltraBayハードディスクの電源がオフになることはありません。

BAY_POWEROFF_ON_BAT=1

電源をオフにする光学ドライブデバイス(デフォルトsr0)

BAY_DEVICE="sr0"

17.)pci(e)バスデバイスのランタイム電源管理

RUNTIME_PM_ON_AC=on
RUNTIME_PM_ON_BAT=auto

ランタイムPM forallpci(e)bus devices

RUNTIME_PM_ALL=1

ランタイムPM forallpci(e)bus devices:0 =無効/ 1 =有効、警告:実験的オプション、システムが不安定になる可能性があります

USB 3ポートに接続したときにUSBマウスドングルが機能せず、USB 2ポートに接続したときに正常に動作し、USB 3デバイスがすべて正常に機能する場合があります。

18.)sb autosuspend

0に設定してdisable/1にすると、USB自動サスペンド機能が有効になります

USB_AUTOSUSPEND=1

19.)システムの起動とシャットダウン

RESTORE_DEVICE_STATE_ON_STARTUP=0

システム起動時の前回のシャットダウンから無線デバイスの状態(Bluetooth、WiFi、WWANを内蔵)を復元します。

0-無効、1-有効

DEVICES_TO_DISABLE_ON_STARTUP="bluetooth wifi wwan" 

システムの起動時に組み込みの無線デバイスを無効にします。

bluetooth
wifi – Wireless LAN
wwan – Wireless Wide Area Network (UMTS)

複数のデバイスはブランクで区切られます。

Blue toothデバイスが起動時に無効になっていないというエラーがあります。この問題に直面した場合は、次の設定を行ってください。

Sudo nano /etc/rc.local 

そして、終了0の前に次の行を追加します

rfkill block bluetooth

保存して終了して再起動


TLPでの作業

インストール後、システムの起動時にTLPが自動的にアクティブになります。

再起動せずにすぐに起動したり、変更した設定を適用するには、次を使用します。

Sudo tlp start

Tlp-stat terminalコマンドを使用して、TLPが正常に機能しているかどうかを確認します

Sudo tlp-stat

システム温度を確認してください

Sudo tlp-stat -t

バッテリー情報のみを表示:

Sudo tlp-stat -b
Sudo tlp-stat --battery 

設定のみを表示:

tlp-stat -c
tlp-stat --config

無線デバイスのスイッチ状態のみを表示:

tlp-stat -r
tlp-stat --rfkill

温度とファン速度のみを表示:

tlp-stat -t 

バッテリー設定を適用します(実際の電源を無視します):

Sudo tlp bat

AC設定を適用します(実際の電源を無視します):

Sudo tlp ac

使用しているI/Oを確認できます。

Sudo tlp-stat  # Check the section +++ Storage Devices

トレースモード

TLPで疑わしい問題をより詳しく調べるには、/ etc/default/tlpでトレースモードをアクティブにします。

TLP_DEBUG="lock nm path pm rf run sysfs udev usb" 

上記の行を/ etc/default/tlpの最後に追加します。蓄積されたトレースデータは、次のコマンドでいつでも読み取ることができます。

tlp-stat -T 

または

grep "tlp" /var/log/debug 

トレース出力が欠落している場合、rsyslogd構成を変更する必要があります。含むファイル/etc/rsyslog.d/90-debug.confを作成します

*.=debug;\
auth,authpriv.none;\
news.none;mail.none -/var/log/debug

そしてデーモンを再起動します

Sudo /etc/init.d/rsyslog restart 

ソースと追加のヘルプ

TLP Webサイトで非常に良いサポートがあります

有用な構成リンク1

TLP設定

ALPM


オプションの調整

indicator-cpufreqでCPU周波数を微調整します

Installation

indicator-cpufreqは、外出先でCPU周波数を変更するのに役立ちます。

Sudo apt-get install indicator-cpufreq 

Dashに移動>Startupを検索> indicator-cpufreqを編集-fを追加またはコピー次のコマンドを貼り付け:

indicator-cpufreq -f 

enter image description here

スクリーンショット

screenshot

インジケーターを使用すると、現在のCPU周波数を監視し、CPU周波数を変更できます

CPU周波数の変更

インジケーターをクリック

screenshot

  • 追加のアドバイス

  • VA-API(Intel/AMD GPU向けハードウェアアクセラレーション)

概要

VA-API(ビデオアクセラレーションAPI)の主な動機は、今日の一般的なコーディング標準(MPEG-2、MPEG-4 ASP/H.263、MPEG-4 AVC/H.264、およびVC-1/VMW3)。 XvMCの拡張が検討されましたが、MPEG-2 MotionComp専用のオリジナルデザインのため、今日のGPUでビデオデコード機能を完全に公開できるインターフェイスをゼロから設計する方が理にかなっています。

  • 完全なリンクのヘルプ
  • webupd8

公式のIntelドライバーはVA-APIを使用しています

ビデオコーデックのサポート

UbuntuにIntel/AMD VA-APIドライバーをインストールします

intel GPUの場合(Intel HDグラフィックスおよびG45以降の場合):

Sudo apt-get install i965-va-driver libva-intel-vaapi-driver vainfo

aMD Radeon GPUの場合(独自のドライバーも必要です!):

Sudo apt-get install xvba-va-driver vainfo

buntuでVA-APIをサポートするMPlayerをインストールする

デフォルトでは、公式のUbuntuリポジトリで利用可能なMPlayerバージョンはVA-APIをサポートしていませんが、VA-APIをサポートするカスタムMPlayerビルドを提供するPPAを使用できます。

Sudo add-apt-repository ppa:sander-vangrieken/vaapi
Sudo apt-get update
Sudo apt-get install mplayer-vaapi

ここで、smplayerまたはvlcをインストールする必要があります

Sudo add-apt-repository ppa:rvm/smplayer
Sudo apt-get update
Sudo apt-get install smplayer

OR

Sudo apt-get install vlc

設定

SMPLAYER

その中のOption tab> Preferences、on Video tab> General Video> Output driver set the video output driver to "vaapi":

screenshot

VLC

[ツール]> [設定]> [入力とコーデック]> [有効にする] GPU高速デコードを使用する

enter image description here

便利なリンク


IntelグラフィックスのPowerSavingTweaks

Sudo nano /etc/default/grub

変化する:

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash" 

に:

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=""quiet splash intel_pstate=disable i915.lvds_downclock=1 drm.vblankoffdelay=1 i915.semaphores=1 i915_enable_rc6=1 i915_enable_fbc=1"

そして実行:

Sudo update-grub

便利なリンク

266
Qasim

これは私が読んだものです buntu 13.04(Raring Ringtail)のインストール後に行うべき7つのこと

Jupiterは、Ubuntuの新規インストール後に最初にインストールするものの1つでしたが、残念ながら、アプリケーションは廃止され、Ubuntu 13.04では古いバージョンが正しく動作しません。

ただし、バッテリ寿命が関心のあるものである場合は、TLPを使用できます。TLPは、インストールしてから忘れてしまうため、システムを自動的に調整して電力使用量/バッテリ寿命を改善します。

Ubuntu 13.04にTLPをインストールするには、次のコマンドを使用します。

Sudo add-apt-repository ppa:linrunner/tlp  
Sudo apt-get update  
Sudo apt-get install tlp tlp-rdw   
Sudo tlp start

TLPの個人的な経験はありません。

10
user25656

13.04用の木星が到着しました!

Sudo add-apt-repository ppa:jolicloud-team/ppa
Sudo apt-get update
Sudo apt-get install jupiter
4
pablofiumara
  1. PowerTOPは、電力消費と電力管理の問題を診断するLinuxツールです。

    PowerTOPには、診断ツールであることに加えて、Linuxディストリビューションがこれらの設定を有効にしていない場合に、ユーザーがさまざまな電源管理設定を試すことができるインタラクティブモードがあります。

  2. このudevツールは、最も積極的な省電力設定を自動的に有効にします。

/etc/udev/rules.d/10-local-powersave.rules

# PCI runtime power management
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="pci", ATTR{power/control}="auto"

# USB autosuspend
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{power/control}="auto"
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", TEST=="power/autosuspend" ATTR{power/autosuspend}="60"

# SATA active link power management
SUBSYSTEM=="scsi_Host", KERNEL=="Host*", ATTR{link_power_management_policy}="min_power"

# Wlan power save
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="net", KERNEL=="wlan*" RUN+="/usr/sbin/iw dev %k set power_save on"

# Disable bluetooth
SUBSYSTEM=="rfkill", ATTR{type}=="bluetooth", ATTR{state}="0"

# Disable wake-on-LAN
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="net", KERNEL=="eth*" RUN+="/usr/sbin/ethtool -s %k wol d"
2
Ari Malinen