it-swarm-ja.com

ボリュームが100%を超えることがあるのはなぜですか?

サウンドメニューの最大音量が実際に可能な最大音量ではないのはなぜですか?

「サウンド設定...」を選択して、ウィンドウの音量スライダーを見ると、かなり高くなることがあります。これはなぜですか、そして何がポイントですか?私が知っていることは、ほとんどの場合、オーディオが通常の100%レベルを超えて歪む可能性があることですが、DVDを再生している場合には問題ありません。

enter image description here

17
user931

9.10以降、Pulse AudioはALSAのミキシングを統合します。これには、必要に応じてサウンドレベルを> 100%に上げることができるという副作用があります。もちろん、これは過剰に増幅されるとpcmの音が歪むため、音質の犠牲になります。必要に応じて これを無効にする PulseAudioの動作をすることができます。

または、Ubuntu> 16.04では、サウンド設定コントロールパネルの音量スライダーで音量を100%以上に設定できるかどうかは、次のdconfキーで制御します。次のコマンドを実行して、ボリュームを100%以上に設定できないようにします。変更はすぐに有効になります。

dconf write com/ubuntu/sound/allow-amplified-volume false

この設定は、dconf-editorからも実行できます。

enter image description here

11
Takkat

ボリュームのオーバーアンプは、特に内蔵スピーカーの音量が大きくないラップトップの場合に優れた機能です。 FujitsuSiemens SI1520でUbuntu(9.10)以降、この機能を使用していました。音楽を聴くのにとても役立ちました。通常のサウンドレベルの200%を得ることができるVLCプレーヤーを使用すると、サウンドをさらに増幅できます。

4
Vincenzo

かなり低い音量で録音されたスピーチを聞くときに使用します。それは音楽/効果音などを歪めるかもしれませんが、悪い録音のためにあなたがただ聞くことができないそれらのケースでむしろ有用です。

100%は実際の最大音量です-125(正しく思い出せば)は、過度の歪みなしで十分な音を出すと彼らが考えた音量です。

ほとんどのプレーヤーは同じ機能を提供します-smplayerの「最大増幅」(デフォルトは110)

1
Chriskin