it-swarm-ja.com

転送キーにPuTTYを使用する方法

私の状況:-自分のPC(Windows 7)からサーバーAに(秘密キーとパスワードを使用して)userAで接続しています-AからサーバーBに接続したいコマンドssh:ssh [email protected]ですが、「Permission denied」と表示されます。

すべてのサーバーで、私の鍵はssh\authorized_keysフォルダーにあります。 PCからサーバーBに直接接続でき、サーバーAから接続しようとした場合でも、このエラーが発生します。

Linuxを使用している人は、コマンドssh -Aを使用してサーバーBに接続することに成功しています。PuTTYオプション"Agent forwarding"は同等であると思いましたが、.. noであり、それでも同じエラーです。

サーバーAからサーバーBに接続しようとしているときのsshからのログ:

OpenSSH_4.3p2, OpenSSL 0.9.8e-fips-rhel5 01 Jul 2008
debug1: Reading configuration data /etc/ssh/ssh_config
debug1: Applying options for *
debug1: Connecting to serverB port 22.
debug1: Connection established.
debug1: identity file /home/userA/.ssh/identity type -1
debug1: identity file /home/userA/.ssh/id_rsa type -1
debug1: identity file /home/userA/.ssh/id_dsa type -1
debug1: loaded 3 keys
debug1: Remote protocol version 2.0, remote software version OpenSSH_5.3
debug1: match: OpenSSH_5.3 pat OpenSSH*
debug1: Enabling compatibility mode for protocol 2.0
debug1: Local version string SSH-2.0-OpenSSH_4.3
debug1: SSH2_MSG_KEXINIT sent
debug1: SSH2_MSG_KEXINIT received
debug1: kex: server->client aes128-cbc hmac-md5 none
debug1: kex: client->server aes128-cbc hmac-md5 none
debug1: SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_REQUEST(1024<1024<8192) sent
debug1: expecting SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_GROUP
debug1: SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_INIT sent
debug1: expecting SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_REPLY
debug1: Host 'serverB' is known and matches the RSA Host key.
debug1: Found key in /home/userA/.ssh/known_hosts:2
debug1: ssh_rsa_verify: signature correct
debug1: SSH2_MSG_NEWKEYS sent
debug1: expecting SSH2_MSG_NEWKEYS
debug1: SSH2_MSG_NEWKEYS received
debug1: SSH2_MSG_SERVICE_REQUEST sent
debug1: SSH2_MSG_SERVICE_ACCEPT received
*******************************************************************************
*            This equipment is the propertyof            *
*                    UNAUTHORIZED ACCESS WILL BE PROSECUTED                   *
*******************************************************************************
debug1: Authentications that can continue: publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic
debug1: Next authentication method: gssapi-with-mic
debug1: Unspecified GSS failure.  Minor code may provide more information
Unknown code krb5 195

debug1: Unspecified GSS failure.  Minor code may provide more information
Unknown code krb5 195

debug1: Unspecified GSS failure.  Minor code may provide more information
Unknown code krb5 195

debug1: Next authentication method: publickey
debug1: Trying private key: /home/userA/.ssh/identity
debug1: Trying private key: /home/userA/.ssh/id_rsa
debug1: Trying private key: /home/userA/.ssh/id_dsa
debug1: No more authentication methods to try.
Permission denied (publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic).
10
Noche

はい、オプションは同等ですが、それは転送しませんkeys一般的に– 接続を転送します「SSHエージェント」に具体的に。 「エージェント」はキーをメモリに保持し、復号化して(ロックを解除する必要があるのは1回だけです)、クライアントは認証用のデータに署名するように要求します。

Linux/Unix/BSD/Cygwinでは、OpenSSHのエージェントプログラムはssh-agentです(場合によっては、gpg-agentまたはgnome-keyringに置き換えられますが、ここでは関係ありません)。

一方、WindowsのPuTTYには同じ目的でpageant.exeがあります。 (WinSCPなどの他のプログラムもPageantを使用します。)

まず、エージェントを起動し、キーをエージェントにロードします。 (.ppkキーファイルをダブルクリックするだけで十分です。)これで、PCのPuTTYがサーバーAに接続すると、.ppkファイルではなく、PCで実行されているエージェントのキーが使用されます。

  • PC上のページェント(エージェント)PC PC上のPuTTY(クライアント)server serverA(サーバー)上のsshd

同様に、サーバーAでssh serverBを実行すると、サーバーAで実行されているエージェントに接続しようとします。

  • ??? (エージェント)server serverAのssh(クライアント)server serverBのsshd(サーバー)

「エージェント転送」または-Aオプションを有効にしてサーバーAに接続した場合、PuTTYはエージェント接続を中継し、サーバーAのsshはPC上のエージェントのキーを使用できます。

  • PC上のページェント(エージェント)PC PC上のPuTTY(転送クライアント)server serverA上のsshd(転送サーバー)server serverA上のssh(クライアント)server serverB上のsshd(サーバー)
24
user1686