it-swarm-ja.com

SSHが公開鍵を受け入れない

2台のマシン間でsshキーを設定する場合、認証は一方向でのみ機能します。接続しようとすると、一方のサーバーが他方の公開鍵を受け入れません。何か案は?これが詳細な出力です。

debug1: Reading configuration data /usr/local/etc/ssh_config

debug1: Rhosts Authentication disabled, originating port will not be trusted.

debug1: Connecting to xxxxxx.com [xx.xx.xx.xx] port 22.

debug1: Connection established.

debug1: identity file /root/.ssh/identity type -1

debug1: identity file /root/.ssh/id_rsa type 1

debug1: identity file /root/.ssh/id_dsa type -1

debug1: Remote protocol version 2.0, remote software version OpenSSH_5.1p1 Debian-5

debug1: match: OpenSSH_5.1p1 Debian-5 pat OpenSSH*

debug1: Enabling compatibility mode for protocol 2.0

debug1: Local version string SSH-2.0-OpenSSH_3.6.1p2

debug1: SSH2_MSG_KEXINIT sent

debug1: SSH2_MSG_KEXINIT received

debug1: kex: server->client aes128-cbc hmac-md5 none

debug1: kex: client->server aes128-cbc hmac-md5 none

debug1: SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_REQUEST sent

debug1: expecting SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_GROUP

debug1: SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_INIT sent

debug1: expecting SSH2_MSG_KEX_DH_GEX_REPLY

debug1: Host 'xxxxxx.com' is known and matches the RSA Host key.

debug1: Found key in /root/.ssh/known_hosts:17

debug1: ssh_rsa_verify: signature correct

debug1: SSH2_MSG_NEWKEYS sent

debug1: expecting SSH2_MSG_NEWKEYS

debug1: SSH2_MSG_NEWKEYS received

debug1: SSH2_MSG_SERVICE_REQUEST sent

debug1: SSH2_MSG_SERVICE_ACCEPT received

debug1: Authentications that can continue: publickey,password

debug1: Next authentication method: publickey

debug1: Trying private key: /root/.ssh/identity

debug1: Offering public key: /root/.ssh/id_rsa

debug1: Authentications that can continue: publickey,password

debug1: Trying private key: /root/.ssh/id_dsa

debug1: Next authentication method: password

編集:重要な場合、これはroot用です

4
Zurahn

Sshサーバーで次のオプションの値を確認します。

PubkeyAuthentication Yes
RSAAuthentication Yes
PermitRootLogin Yes
1
radius

SELinuxがsshdが/root/.ssh/authorized_keysファイルを読み取れないというケースがありました。/var/log/messagesは、sshdプロセスがauthorized_keysファイルの読み取り操作へのアクセスを拒否されたことを示します。

実行した後restorecon -v /root/.ssh/authorized_keys、公開鍵を使用したSSHは正常に機能しました。

9
Pada

/etc/ssh/sshd_configでStrictModesを「no」に変更するとうまくいきました。

[email protected]:~> con sysadmin kaiser
Welcome to Ubuntu 12.04.1 LTS (GNU/Linux 3.2.0-25-generic i686)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/

Last login: Fri Nov  9 15:40:11 2012 from 10.1.3.25
[email protected]:~$ date
vie nov  9 17:53:11 CST 2012
[email protected]:~$ 

キーが転送されていませんでした。別のターミナルウィンドウでSSHエージェントを起動したことが判明したため、$SSH_AUTH_SOCK環境変数は私が接続していた端末で利用できませんでした。

したがって、エージェントを手動で開始する場合は、必ず同じターミナルセッションで接続してください。

1
pfrenssen

.sshフォルダー、authorized_keyファイル、およびホームフォルダーのアクセス許可と所有者を確認してください。ログインしようとすると、/ var/log /auth.logからさらに多くのメッセージが表示されます。

0
Andy Zhang

私の場合、問題は誤ったShellexecにありました。

journalctl -f
....
Feb 25 11:45:54 59a02b89e0f6 sshd[]: User user not allowed because Shell /usr/bin/env /bin/bash does not exist
....

そのユーザーの/ etc/passwdファイルを変更しました

vi /etc/passwd 
....
user:x:1000:1000::/home/user:/bin/bash
....
0
nelaaro