it-swarm-ja.com

安全なやり直し(Ctrl-Y)

ST(略してSublime Text)では、やり直しアクションは、私の観点からすると、非常に奇妙で不便な方法で機能します。

最初のテスト。たとえば、テキストを入力します

Foo

次に、Ctrl-Yを1回または数回押します。次のように表示されます。

FooFooFoo

2番目のテスト。繰り返しますが、たとえば何かを入力します

The cat on the roof.

次に、Backspaceキーを押して、文末のドットを削除します。では、Ctrl-Yを数回押します。次のように表示されます。

The cat on the ro

これは、私が使用したテキストエディタ/ IDEとは大きく異なります-ブラケット、Vimなど。

それを修正する方法はありますか?

2
john c. j.

STのデフォルトのREDO/UNDOキーバインディングは次のとおりです。

  • ctrl+zundo
  • ctrl+shift+zredo
  • ctrl+yredo_or_repeat(@ MattDMoの answer で説明)
  • ctrl+usoft_undoこれは、テキストの変更だけでなく、カーソルの移動も元に戻します。これは、どこかにジャンプして戻ったり、不要な選択を追加したりする場合に非常に便利です。
  • ctrl+shift+usoft_redo

したがって、必要なキーバインドはctrl+shift+zです。

ただし、それをctrl+yにマップする場合は、Preferences >>> Keybindings - Userを開いて、以下を貼り付けることができます。

[
    {
        "keys": ["ctrl+y"],
        "command": "redo"
    }
]
4
r-stein

CtrlY やり直しのショートカットではなく、「最後のアクションを繰り返す」のショートカットです。いくつかのアクションを実行してから、Editメニューをクリックして、^Yのメニューオプションの内容を確認します。入力したばかりの場合は「文字の挿入を繰り返す」、ヒットしたばかりの場合は「左削除を繰り返す」などと表示される可能性があります。 Backspace。と組み合わせて使用​​することを目的としています CtrlZ または「最後のアクションを元に戻す」。たとえば、テキストを選択してヒットします Delete、選択しすぎたことに気付くだけです。その後、ヒットすることができます CtrlZ 削除を元に戻すには、 CtrlY to repeat削除アクション。

0
MattDMo