it-swarm-ja.com

Ubuntu 18.04でスワップファイルを増やすにはどうすればよいですか?

8 GB RAMと1TB HDDのラップトップを持っています。 2 GBのスワップファイルがあり(Ubuntu 18.04はデフォルトで個別のスワップパーティションの代わりにスワップファイルを使用します)、休止状態を使用するためにそれを増やしたいです。

2 GBから16 GBに増やしたい。 GPartedのスクリーンショットは次のとおりです。

GParted screenshot

fallocate -l 16Gで増加させようとしましたが、うまくいきませんでした。

free -mの画像もあります:

<code>free</code> output

27
Miroslav

Ubuntu 18.04以降では、専用のスワップパーティションではなく、スワップファイルが使用されます。スワップファイルの名前は「swapfile」です。このスワップファイルのサイズを変更するには:

  1. スワップファイルを無効にして削除します(上書きするため実際には必要ありません)

    Sudo swapoff /swapfile
    Sudo rm  /swapfile
    
  2. 目的のサイズの新しいスワップファイルを作成します。
    スワップファイルのサイズを決定します。 4 GBのスワップファイルを作成する場合は、1024の4 * 1024ブロックを書き込む必要があります。2 バイト(= 1 MiB)。これにより、カウントが4 * 1024 = 4096になります。このサイズのファイルをコマンドで作成します

    Sudo dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=4096
    
  3. ルートにのみ読み取り/書き込み権限を割り当てます(厳密には必要ありませんが、セキュリティを強化します)。

    Sudo chmod 600 /swapfile
    
  4. ファイルをスワップとしてフォーマットします。

    Sudo mkswap /swapfile
    
  5. ファイルは次回の再起動時に有効になります。現在のセッションでアクティブ化する場合:

    Sudo swapon /swapfile
    

コマンドswapon -sで使用可能なスワップを確認できます(ルート権限は不要です)。

50
vanadium

man mkswapから、 @ vanadium post で示されているddコマンドを使用することをお勧めします。

If  you  don't  know  the  page  size  that  your  machine uses, 
you may be able to look it up with 
"cat /proc/cpuinfo" 
(or you may not – the contents of this file depend on architecture and kernel version).

   To set up a swap file, it is necessary to create that file before   
   initializing  it  with  mkswap,  e.g. using a command like

          # fallocate --length 8GiB swapfile

   Note  that  a  swap  file must not contain any holes.  Using cp(1) to  
   create the file is not acceptable.
   Neither is use of fallocate(1) on file systems that support preallocated 
   files, such as XFS or ext4,  or on  copy-on-write  filesystems like btrfs.  

   It is recommended to use dd(1) and /dev/zero in these cases.
   Please read notes from swapon(8) before adding a swap file to copy-on- 
   write filesystems.

そして、ここでman swaponのメモ

NOTES
       You should not use swapon on a file with holes.  This can be seen in
       the system log as

              swapon: swapfile has holes.

       The swap file implementation in the kernel expects to be able to write  
       to the file directly, without the assistance  of the filesystem.  This 
       is a problem on preallocated files (e.g.  fallocate(1)) on filesys‐
       tems like XFS or ext4, and on copy-on-write filesystems like btrfs.

       It is recommended to use dd(1) and /dev/zero to avoid holes on XFS
       and ext4.

       swapon may not work correctly when using a swap file with some  
       versions of btrfs.  This is due to  btrfs being  a copy-on-write 
       filesystem: the file location may not be static and corruption can 
       result.  
       Btrfs actively disallows the use of swap files on its filesystems
       by refusing to map the file.

       One possible workaround is to map the swap file to a loopback device.  
       This will allow the filesystem to determine the mapping properly but  
       may come with a performance impact.

       Swap over NFS may not work.
3
abu_bua