it-swarm-ja.com

クイックユニット対応計算機

キーボードの組み合わせを押して、単位と少し高度な数学(4関数計算機だけでなく)を含む数式の入力を開始し、指定した単位でコピーしてすぐに結果を取得できるようにしたいと考えています。ペースト。

  • 現在、Firefoxを開いてCtrl + Kを押し、検索ボックスに入力すると、通常、 Google Calculator からのドロップダウンに結果が表示されます。ただし、常にそうとは限らないので、最後に「=」を押して、結果を待ち、等しい値を削除し、結果を待ち、単位の入力方法が理解できないことに気づき、結果を新しいタブなど、それは最悪です。
  • Wolfram Alpha は賢いですが、非常に遅く、出力はテキストではなくすべての画像であり、そのようなものが存在する可能性があるとしても、私はそれのためのクイックウィジェットを持っていません。
  • GNU units たくさんのユニットがあり、それは素晴らしいです。私は 自分のユニットを定義できます 、これは素晴らしいですが、具体的で直感的でない方法で書く必要があります。それはあまり高度な数学を処理しないので、ターミナルを開いたり、ユニットを起動したりする必要があります。コマンドラインが嫌いです。
  • Deskbarと Launchyunitsのフロントエンドを作成しようとして多くの時間を無駄にしましたが、私は本当のコーダーではなく、どちらも使用していません。

これらの他のソリューションまたは拡張機能はありますか?

(クロスプラットフォームが最適です)

理想的なユニット対応の計算機は、これらすべてを処理できます。

  • 7 nV/sqrt(Hz) ⋅ sqrt(20000 Hz - 20 Hz) → μV =0.99μV
  • sqrt(4*k*25 °C * 1 kΩ * (20 kHz - 20 Hz)) =0.57357μV
  • _3.5 billion kilowatt-hours per year_ = 399.5 MW
  • _60 billion kWh per year_ = 6.849 GW
  • 1/sqrt(2 mH * 2 nF) = 500 kHz
  • 1/(2*pi*10 kΩ * 22 µF) = 0.7234 Hz
  • 1/(2·π·100 Hz·30pF) → ohm =53.05MΩ
  • _−10 dBV + 4 dB + 10 dB − 12 dB → dBu_ = -5.782 dBu
  • _94 dBSPL → Pa_ = 1.00237 Pa
  • _54 inches + 2 feet → cm_ = 198.1 cm
  • _12 V ÷ 141.5 µA_ =84.8kΩ
  • _16 bit * 44.1 kHz * 2 → kbit/s_ = 1411 kbit/s
  • _1 hundred V / 5 ohms_ = 20 A
  • _furlong per fortnight → cm/minute_ = 0.9979
  • _attoparsec/microfortnight → in/second_ = 1.004
  • _1 ft / speed of sound_ = 0.89576ミリ秒
6
endolith

Qalculate!にとても感銘を受けました

Qalculate! screenshot

insectには、Webベースとターミナルベースの両方のバージョンがあります。物理単位の解析、処理、変換をサポートしています。例:

>>> 2min + 30s

   = 2.5min

>>> 40000km / speedOfLight -> ms

   = 133.426ms

>>> 6Mbit/s * 1.5h -> GB

   = 4.05GB

>>> 2J·s + 3W

  Unification error:

    Cannot unify unit W (base units: kg·m²·s⁻³)
            with unit J·s (base units: kg·m²·s⁻¹)
5
shark.dp

私は主に理想的な計算機と GNU Units とWolframを使用することの不利な点についてのあなたの考えを共有し、私がオンラインで置いた私自身のオンライン計算機を PhyCalc.com に転がしました。 SI単位に対して独自の単位代数を実行し、 GNU Units を使用して他の単位に変換したり、式自体に非SI単位が含まれている場合のフォールバックとして使用したりします。

その目的は、Unicode入力を意味のある場所で解釈することです。そして、正確な量と対応する単位を推測することについて賢くしようとします。 SIプレフィックスを自動的に挿入します。 (私の信頼できる古いカシオのポケット電卓が「ENG」モードで行うのと同じように)

「理想的な計算機」の入力と応答に関するコメント:

sqrt(4 * k * 25°C *1kΩ*(20 kHz-20 Hz))=0.57357μV

°Cを絶対温度と自動的に想定するのは正確ではありません。また、kはボルツマン定数の明確な記号ではありません。しかし、これはあなたに必要な答えを与えるはずです:

sqrt(4*1.38064852e-23J/K*(273.15K+25 °C) * 1 kΩ * (20 kHz - 20 Hz)) in μV

これらはGNU単位:

年間35億キロワット時

1フィート/音速

GNUユニットの代替案は次のとおりです。

3.5 billion kWh per year
1 ft / mach in ms

1 /(2・π・100Hz・30pF) →オーム

「→オーム」の部分は省略できます。それが「量を賢く推測する」という意味です:-)。

−10 dBV + 4 dB + 10 dB − 12dB→dBu

GNUユニットにはいくつかのdB変換がありますが、10 ^(x/10)として定義されます。これは、電圧に追加されないスカラーです。ここでは、電卓が電力ではなく電圧をスケーリングする必要があることを認識している必要があります。代わりに10 ^(x/20)のスケーリングを適用する必要があります。それは非常にクールですが、私が恐れているgnuユニットには遠すぎる橋です。これにより、少なくともGNU単位:

 1V*dB(-10)^0.5*dB(4)^0.5*dB(10)^0.5*dB(-12)^0.5 → dBu

しかし、なぜそれが直感的でないのかはわかります。

そうでなければ、 PhyCalc.com はあなたの理想的な計算機にかなり近づくかもしれないと思います。

すばやくアクセスできるように、Windowsレジストリの次の文字列(REG_SZ)の名前と値のペアに追加して、専用の電卓キーボードキーをマップします。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\AppKey\18]
"ShellExecute"="http://phycalc.com"
2
Ronald

簡単にスクリプト化できるソリューションについては、sympy pythonモジュール)を確認することをお勧めします。

$ cat conv.py

#!/usr/bin/env python
import sys
from sympy.physics.units import *
from sympy.printing.pretty.pretty import pprint
from sympy.abc import x, y, z
from sympy import *

# adding extra units is easy
parsec = 3.26163626*ly

if __name__ == '__main__':
  s_input = sys.argv[1]
  s_unit  = sys.argv[2]
  input = eval(s_input)  # input string
  unit  = eval(s_unit)   # output unit

  print 'Converting:'
  pprint(input)
  print
  print str((input/unit).evalf()) +' '+ s_unit

これは例えばmmに変換された適度に醜い表現の場合:

$./conv.py 'tanh(3*m/(2*m))*sinh(60*deg)*1*parsec' 'mm'


Converting:
                           /π\
3.08574615554565e+16*m*sinh|--|*tanh(3/2)
                           \3 /

3.48955431541888e+19 mm

もちろん、これは入力と出力のユニットの互換性をチェックしない本当に頑丈なコードなので、結果に余分なユニットが含まれる可能性があります。

$./conv.py 'c' 'parsec'

Converting:
299792458*m
-----------
     s

9.71539598165644e-9/s parsec
2