it-swarm-ja.com

ルーターの設定ページにアクセスするにはどうすればよいですか?

私は自分の部屋にルーターを設置しました(それは TP-LINK W898 です)。私は大学の部屋にいるので、WANを自分の部屋のイーサネットポートに接続し、ルーターがWi-Fiネットワークを作成しています。PPPoE = DHCPなし。

セットアップ時にイーサネットケーブルを使用してラップトップに接続し、ブラウザでhttp://192.168.1.1/を開いて構成ページにアクセスし、デフォルトのユーザーとパスワードでログインしてWi-Fiをセットアップできました。私が探していたネットワーク(そしてそれらは正常に機能しています)。

いくつかの設定(特にパスワード...)を変更したいのですが。ただし、現時点ではhttp://192.168.1.1/にアクセスできません。ログインページに到達することはありません(ping 192.168.1.1は不明なホストエラーを表示します)。私はすでに試しました:

  • wi-Fiネットワークから切断し、LANポート上のイーサネット経由でのみルーターに直接接続します。
  • ルーターをWANから切断します。
  • ラップトップをルーターのWANポートに接続します(この場合、ルーターでDHCPが有効になっていないことが原因である可能性があります。IP構成が欠落しているというエラーメッセージが表示されます)。

だから、私の質問:私は今ルーターの設定をどのように変更することになっていますか?初期設定後にルーターをセットアップする唯一の方法が、ルーターを出荷時設定にリセットしてゼロから再起動することであるのは、あまりにも奇妙に思えます...

注:PPPoE andを選択する必要があることを除いて、ネットワークとルーターのすべてのデフォルト設定を使用しました動的IPとDHCPを無効にして、wifiネットワークでインターネットを機能させます。

注:インターネットにアクセスするには、キャプティブログインポータルを経由する必要があります。

注:これは私の初めてですeverルーターをセットアップするか、あらゆる種類のネットワーク構成を行います。つまり、「ラップトップに固定IPを設定する...」や基本的にanyネットワーク構成に関する言語は、「魔法の杖を持ってラップトップ/ルーターに触れる」のように聞こえます。

だから:explain!システムファイルの設定を変更する必要がある場合は、どのファイルとその変更方法を教えてください。コマンドラインツールを使用して設定を変更する必要がある場合は、どのコマンドラインツールを教えてください。システム設定を変更する必要がある場合は、それを認識する方法についていくつかのヒントを教えてください。


私のラップトップ構成に関するいくつかの詳細情報。

ラップトップをイーサネット経由でルーターのLANポートに接続している場合(wifiなし):

$ip route
default via 158.110.96.1 dev eth0  proto static 
158.110.96.0/24 dev eth0  proto kernel  scope link  src 158.110.96.145  metric 1 
172.17.0.0/16 dev docker0  proto kernel  scope link  src 172.17.42.1 
$ip addr
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope Host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope Host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 1c:75:08:48:59:95 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 158.110.96.145/24 brd 158.110.96.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::1e75:8ff:fe48:5995/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc mq state DOWN group default qlen 1000
    link/ether 5c:ac:4c:3c:5d:b2 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: docker0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN group default 
    link/ether 56:84:7a:fe:97:99 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.17.42.1/16 scope global docker0
       valid_lft forever preferred_lft forever

192.168.1.1にアクセスしようとすると、キャプティブポータルログインがトリガーされますが、設定ページにアクセスできません。


イーサネットケーブルがルーターのWAN)に接続され、ラップトップがルーターのWi-Fiネットワークに接続されている場合の出力は次のとおりです(理想的には、ルーターの設定にアクセスできるようにしたい)この構成では、ルーターなどにケーブルを追加する必要はありません):

$ip route
default via 158.110.96.1 dev wlan0  proto static 
158.110.96.0/24 dev wlan0  proto kernel  scope link  src 158.110.96.119  metric 9 
172.17.0.0/16 dev docker0  proto kernel  scope link  src 172.17.42.1
$ip addr
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope Host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope Host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc mq state DOWN group default qlen 1000
    link/ether 1c:75:08:48:59:95 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet6 fe80::1e75:8ff:fe48:5995/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 5c:ac:4c:3c:5d:b2 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 158.110.96.119/24 brd 158.110.96.255 scope global wlan0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::5eac:4cff:fe3c:5db2/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
4: docker0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN group default 
    link/ether 56:84:7a:fe:97:99 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.17.42.1/16 scope global docker0
       valid_lft forever preferred_lft forever

192.168.1.1にアクセスしようとすると、キャプティブポータルログインがトリガーされますが、設定ページにアクセスできません。


私の現在の構成では、イーサネット経由でラップトップをルーターのWANに接続しようとすると、IP構成が欠落していると言って失敗します。


私はインターネットにアクセスしてルーター構成ページにアクセスできることだけを気にしていることに注意してください。ネットワーク構成の他のことは気にしません。

3
Bakuriu

TP-LINK W8980に接続するには、コンピューター(ラップトップ)のIPを手動で192.168.1.2に設定し、マスクを255.255.255.0に設定し、コンピューターのeth0インターフェイスのゲートウェイを192.168.1.1に設定します。次に、192.168.1.1経由でルーターにアクセスしてみます。

IP、マスク、ゲートウェイの設定は、システムによって異なります。一般的には、画面の右上または右下にネットワークアイコンが表示されます。左または右クリックして、ネットワーク設定などを選択するメニューを表示します。有線インターフェースのオプションを選択してから、IPv4を選択します。上記のようにメソッドを手動に設定し、設定を入力します。ここでネットワークアイコンを選択すると、コントロール/システムパネルからもここにアクセスできます。

または、Linuxコマンドラインからrootとして次のようなものを使用するか、Sudoを使用します。

ip address add 192.168.1.2/24 dev eth0
route add default gw 192.168.1.1

手動構成の詳細については、OS、リリース、およびディストリビューションを確認してください。ゲートウェイの設定は必要ない場合があります。

コンピューター(ラップトップ)からTP-LINKW8980のLAN側への有線接続が必要です。それでも接続できない場合は、別のOSまたは別のコンピューターのOSディストリビューションも試してください。

それでも問題が解決しない場合は、TP-LINK W8980をリセットして、最初と同じようにアクセスし、LAN側でユニットのDHCPサーバーを有効にする(または有効のままにしておく)ことを試みます。ユニットはWAN側のDHCPクライアントである必要があります。また、ブリッジモードのTP-LINK W8980がないことを確認してください。意図がブリッジモードでない限り。しかし、あなたのように聞こえます独自のプライベートLANが必要な場合があります。

2
JonathanS

記載されている出力から、192.168.0.1がルーターのIPアドレスのようです。そのアドレスにアクセスしてみてください。

また、上記のコメントに記載されている出力は、より多くの情報に役立つはずです。

0
Overmind

有線接続を介してアクセスすることにより、デフォルト構成にリセットし、固定IP(IPは範囲ネットワークからのものである必要があります)を割り当ててみてください。ルータークライアントに対してDHCPを有効にしてください。リセットしてアクセスできない場合は、ルーターのファームウェアが破損している可能性があります。

0
Scorpion99

ルーターでDHCPサーバーを無効にすると、接続されたネットワーク上で検出できる他のDHCPサーバーからIPアドレスが要求されることに注意してください。そのようなサーバーが見つからない場合は、デフォルトを選択します。したがって、どちらの場合も、そのアドレスは192.168.1.1ではなくなります。

大学のネットワーク全体をネットワークスキャンしてルーターを見つけるのは実用的ではありません。最初はルーターを特定する方法が非常に不明確であり、次にネットワーク管理者に危険信号を発してハッカーとして禁止される可能性があるためです。

投稿された情報から、ルーターの新しいIPはhttp:\\158.110.96.1(またはおそらくこれは大学のメインルーター)である可能性があります。このアドレスが機能しない場合は、ルーターをリセットして、再度アクセスできるようにする必要があります。ルーターを出荷時設定にリセットすると、すべての変更が取り消され、デフォルトのユーザー名とパスワードを使用して、以前と同じようにルーター構成ページにアクセスできるようになります。

TD-W8980マニュアル から:

モデムルーターの電源がオンになっている状態で、ピンを使用してリセットボタンを5秒以上押し続けます。また、ルーターは工場出荷時のデフォルト設定で再起動します。

リセットピンホールは、ルーターの背面にそのようにマークされています。ペーパークリップは、それを押すための最も簡単なツールです。

1つの解決策は、DHCPを無効にする前に、ルーターに固定IP(192.168.1.2など)を割り当てることです。しかし、不可解な事実は、私が見る限り、あなたの大学のネットワークは158.110.96.x/24であり、これは小さすぎるように思われ、最大252台の接続されたコンピューターしか使用できません。大学のネットワーク管理者に、ルーターが大学のネットワーク上にあるときにルーターに到達できるようにルーターを設定できる静的IPアドレスを要求する場合があります。コンピュータと同じネットワークセグメント上にない静的IPアドレスをルーターに使用すると、ルーターに再び到達できなくなります。

ただし、ルーターに到達できなくなった場合はすべて、出荷時設定へのリセットで既知の動作状態に戻ります。

参照: TP-LINKデュアルバンドルーターでWDSブリッジを構成する方法

0
harrymc