it-swarm-ja.com

永続的なコンパイラオプションをg ++に追加します

Ubuntu12.04でg ++ 4.7を使用してc ++コードをコンパイルしていますが、次のようにコマンドに-std = gnu ++ 11オプションを追加しないとコンパイルされません。

g++ -std=gnu++11 main.cpp

このオプションをコンパイラに永続的に追加する方法はありますか?テキストエディタはg ++を使用してコードを自動的にコンパイルしますが、このオプションを追加する必要があり、通常のように追加できないため、機能しませんターミナルの?

スペックファイルを使ってg ++を設定しているのを見てきましたが、その方法がわからないので、よろしくお願いします。

2
milan-j

行を含むシェルスクリプト~/bin/g++を作成するだけです。

#!/bin/sh
exec /usr/bin/g++ -std=gnu++11 "[email protected]"

~/binPATHにあり、g++実行可能ファイル(通常は/usr/bin)を含む他のディレクトリの前にリストされていることを確認します。 スペックファイル の編集は可能ですが、設定をデフォルトにするには、デフォルトのスペックを変更する必要があると思います。つまり、ルートアクセスとgcc内部の厳しい調整が必要になります。このいじくり回しは、g ++の次のアップグレードによって取り消される可能性が十分にあります。

1
MvG