it-swarm-ja.com

BIOSで仮想化が有効になっている場合でも「AMD-Vは利用できません」

昨日BIOSで仮想化を有効にしたところ、仮想マシンは昨日は機能していました。今日、私はBIOSを再確認しましたが、仮想化はまだ有効になっています。しかし、仮想マシンを起動しようとすると、このエラーが発生します。

Failed to open a session for the virtual machine Ubuntu 15.04.

AMD-V is not available (VERR_SVM_NO_SVM).

Result Code: E_FAIL (0x80004005)
Component: ConsoleWrap
Interface: IConsole {872da645-4a9b-1727-bee2-5585105b9eed}

これは何が原因で、どうすればよいですか?

私のマザーボードはギガバイトGA-78LMT-USB3です。

CPUはAMD FX-6300 3.5GHz 6コアプロセッサブラックエディションです

pdate: 32ビットバージョンのUbuntuを仮想マシンにインストールした後、正常に動作しました。ただし、それでもVirtualBoxがAMD-Vを持っていることを検出しない理由は説明されていません。vmwareでubuntuを実行してみたところ、Hyper-Vをオフにする必要があることがわかり、仮想化は確実にオンになっています。そのvirtualboxはそれを検出しません。

アップデート2: Ubuntuが起動しますが、ちらつきが止まりません。これは、VirtualBoxが私のHyper-Vを検出していないことを意味します。

アップデート3: Hyper-Vがシステムにインストールされました。Hyper-Vは他の仮想マシン間で競合を引き起こしているようです。これをオフにして、Windowsを再起動します。

アップデート4: ITは機能します!

7
Dominik H

Hyper-Vが無効になっていることを確認します。

これは、管理者としてcmd.exeで実行する必要があるコマンドです

dism.exe /オンライン/ Disable-Feature:Microsoft-Hyper-V-All

完全な命令セットはここにリストされています

http://www.poweronplatforms.com/enable-disable-hyper-v-windows-10-8/

5

BIOS設定で仮想化を有効にした場合、仮想マシンが完全に正常に機能したのは、PCの電源をオフにして再度オンにするまでBIOS設定が実際には機能しなかったためです。

ゲストOSが32ビットの場合、LongModeを無効にする必要があります。そうでない場合もありますが、これは単に悪いことです。これを特定のVMで修正するには、ターミナルを開いて次のように入力します。

VBoxManage modifyvm <vmname> --longmode off

<vmname>を仮想マシンの名前に置き換えることを忘れないでください。

何らかの理由で、BIOSでハードウェア支援仮想化が有効になっている場合にのみ問題が発生します。とにかく、これで問題が解決しない場合は、CPUまたはマザーボードに完全に互換性のあるハードウェア仮想化実装を提供していないため、BIOS機能を無効にする必要があるだけです。

ちなみに、マザーボードとCPUに関する詳細を使用して質問を更新することもできます。これにより、何が起こっているのかについての手がかりが得られる場合があります。

0
misha256