it-swarm-ja.com

lubuntu 18.04で休止状態を修正する方法

lubuntu 16.04を18.04にアップグレードし、休止状態が機能しなくなりました。私はそうすることで冬眠していました

systemctl hibernate

18.04では、休止状態のように見えますが、OSをロードすると、新しいワークスペースが表示され、古いイメージがロードされません。これはバグのようです。誰かが修正する方法を知っている場合はアドバイスしてください。ランチパッドのバグを報告しようとしましたが、書類要件に合格できませんでした。 ubuntuバグレポートツールは、OSのロード後にアプリからバグが発生することを想定しており、ロード中に発生するバグをキャッチできません。ランチパッドの質問#676281を参照してください。とにかく

cat: /tmp/initrd/main/conf/conf.d/zz-auto-resume: No such file or directory

問題ですありがとう

3
Stephen

hibernateがlubuntu 18.04で機能しないのを修正するには、カーネルパラメータをブートローダーに追加する必要があります

最初にgrubを編集します。

Sudo nano /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash resume=/dev/sdXY"に変更します

/ dev/sdXYはスワップパーティションです

ファイルを保存してから、grubを更新します。

Sudo update-grub

次に、initramfsを更新します。

Sudo update-initramfs -u

これで、Sudo systemctl hibernateを使用すると機能するはずです

編集GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash resume=/dev/sdXY"を使用する代わりに、GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash resume=/dev/disk/by-uuid/X"を使用できます

xを、ls -l /dev/disk/by-uuidを使用して見つけられるスワップパーティションのuuidに置き換えます。

4
ptetteh227