it-swarm-ja.com

ThunderboltディスプレイがUbuntu 16.04で認識されない

新しいAlienware R3 15にUbuntuをセットアップしています。Windows10でデュアルブートしています。Thunderboltディスプレイ(Thunderbolt 2)もあります。最近、ThunderboltディスプレイをラップトップのThunderbolt 3ポートに接続できるようにアダプターを購入しました。

Windowsにログインすると、ディスプレイが自動的に認識され、期待どおりに動作します。 Ubuntuでは、スプラッシュ/ロード画面がThunderboltディスプレイで1秒または2秒間点滅してから消えます。その後、ログイン画面が読み込まれるまでに、ラップトップ画面が機能しているだけです。ログインすると、ディスプレイダイアログはThunderboltモニターを認識せず、ラップトップの画面のみを認識します。ホットプラグが問題になる可能性があることを理解しているので、マシンを再起動してみました。再起動後も同じ結果が得られました。

これを機能させるためのトリックはありますか? Gnome(3.18.5)で16.04.2 LTS 64ビットを使用しています。GeForceGTX 1070/PCIe/SSE2カードと独自のNvidia 375.39ドライバーをインストールして選択しています。繰り返しになりますが、同じマシン上のWindowsでは問題はありません。

以下はlspciの実行結果です。ディレクトリから ここ _Intel Corporation Device 15d9_はJHL6340 Thunderbolt 3 NHI (C step) [Alpine Ridge 2C 2016]にマップすると思います

_lspci -vt
-[0000:00]-+-00.0  Intel Corporation Device 5910
           +-01.0-[01]----00.0  NVIDIA Corporation Device 1be1
           +-01.2-[02-3a]----00.0-[03-3a]--+-00.0-[04]----00.0  Intel Corporation Device 15d9
           |                               +-01.0-[05-39]--
           |                               \-02.0-[3a]--
           +-02.0  Intel Corporation Device 591b
           +-04.0  Intel Corporation Skylake Processor Thermal Subsystem
           +-14.0  Intel Corporation Sunrise Point-H USB 3.0 xHCI Controller
           +-14.2  Intel Corporation Sunrise Point-H Thermal subsystem
           +-16.0  Intel Corporation Sunrise Point-H CSME HECI #1
           +-17.0  Intel Corporation Sunrise Point-H SATA controller [AHCI mode]
           +-1c.0-[3b]--
           +-1c.4-[3c]----00.0  Qualcomm Atheros Device e0b1
           +-1c.5-[3d]----00.0  Qualcomm Atheros QCA6174 802.11ac Wireless Network Adapter
           +-1d.0-[3e]----00.0  Toshiba America Info Systems Device 0115
           +-1f.0  Intel Corporation Sunrise Point-H LPC Controller
           +-1f.2  Intel Corporation Sunrise Point-H PMC
           +-1f.3  Intel Corporation Device a171
           \-1f.4  Intel Corporation Sunrise Point-H SMBus
_
4
LaserJesus

コマンドSudo xrandr -qと出力を取得します:

Screen 0: minimum 8 x 8, current 1920 x 1080, maximum 32767 x 32767
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DP-0 connected primary 1920x1080+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 344mm x 194mm
   1920x1080     60.02*+  47.99  
DP-1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DP-2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

次に、コマンドxrandr --listproviders

Providers: number : 2
Provider 0: id: 0x1e2 cap: 0x1, Source Output crtcs: 4 outputs: 4 associated providers: 0 name:NVIDIA-0
Provider 1: id: 0x46 cap: 0x2, Sink Output crtcs: 3 outputs: 4 associated providers: 0 name:modesetting

次に、コマンドxrandr --setprovideroutputsource 1 0 その後 xrandr --current

Screen 0: minimum 8 x 8, current 1920 x 1080, maximum 32767 x 32767
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DP-0 connected primary 1920x1080+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 344mm x 194mm
   1920x1080     60.02*+  47.99  
DP-1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DP-2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DP-1-1 connected
   2560x1440     59.95 +
   1280x720      59.86  
HDMI-1-1 disconnected
DP-1-2 disconnected
HDMI-1-2 disconnected

DP-1-1が接続済みとして表示されていることに注意してください。この時点で、ディスプレイ設定を開いてThunderboltディスプレイを確認することができました。そこで、それを有効にして構成することができます。現在は正常に動作しているようです。私はこれらのステップを投稿から決定しました ここ

次に、[スタートアップアプリケーション]ダイアログに次のコマンドを追加して、ログインおよびログアウト後も設定が保持されるようにしました。

/bin/bash -c "sleep 10&&xrandr --setprovideroutputsource 1 0 && xrandr --output DP-1-1 --auto --primary --left-of DP-0"
2
LaserJesus