it-swarm-ja.com

Ubuntu 14.04のHyper-V(Win 10)でフルスクリーンモードを有効にする方法

Hyper-vの下でUbuntu 14.04でフルスクリーンサイズに切り替えるのに問題があります。

他の投稿で提案されているように、Linux統合サービスをインストールしてアクティブ化してみました。

apt-get install linux-tools-3.11.0-15-generic
apt-get install hv-kvp-daemon-init

他の投稿で提案されているように、grubファイルを更新してみました。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash video=hyperv_fb:1920x1200"

に続く

Sudo grub-update
Sudo reboot

私はこれらの方法で運がありませんでした。フルスクリーンモードを有効にする別の方法はありますか?

3
Pablo Jomer

必ずremove VM用に構成されているかもしれないremoteFXビデオカードを確認してください。

ステップバイステップ

  • vMをオフにする
  • hyper-Vマネージャーで、VMを右クリックし、[パラメーター]をクリックします。
  • 「ハードウェア」セクションで、「3D RemoteFXグラフィックスカード」がある場合は、それをクリックしてから「削除」をクリックします。
  • oKをクリック
  • vMを起動します
4
Stéphane

これは古い質問ですが、人々はまだこれに私との戦いを続けています。なぜそんなに難しいのか、私にはわかりません。私は最初の答えを見ました。うまくいきませんでした。 (/ etc/default/grub /に行を追加します)。私は最初にビデオカードのことを試しました。次に。いや。作業。それから私は以下を見つけました。率直に言うと、それでもうまくいきませんでした。 18.04のイム。ただし、完全を期すためにここに示します。これらは私が見た最も一般的な3つの回答です。これらのいくつかは、一人一人のために働く必要があります。

ソース https://docs.Microsoft.com/en-us/windows-server/virtualization/hyper-v/supported-ubuntu-virtual-machines-on-hyper-v

  1. 仮想マシン上の特定のHyper-V固有のネットワークアダプターに対してNetwork Managerが構成されている場合、静的IPインジェクションは機能しない可能性があります。静的IPインジェクションがスムーズに機能するようにするには、Network Managerが完全にオフになっているか、ifcfg-ethXファイルによって特定のネットワークアダプターに対してオフになっていることを確認してください。仮想ファイバーチャネルデバイスを使用しているときに、論理ユニット番号0(LUN 0)が読み込まれていることを確認します。 LUN 0にデータが入力されていない場合、Linux仮想マシンはファイバーチャネルデバイスをネイティブにマウントできない可能性があります。ライブ仮想マシンバックアップ操作中に開いているファイルハンドルがある場合、一部のケースでは、バックアップされたVHDが復元時にファイルシステムの整合性チェック(fsck)を受ける必要がある場合があります。仮想マシンにiSCSIデバイスまたは直接接続されたストレージ(パススルーディスクとも呼ばれる)が接続されている場合、ライブバックアップ操作はサイレントに失敗する可能性があります。 長期サポート(LTS)リリースでは、最新の仮想ハードウェアイネーブルメント(HWE)カーネルを使用して、最新のLinux統合サービスを実現します。 16.04に仮想HWEカーネルをインストールするには、root(またはSudo)として次のコマンドを実行します:bash

     apt-get update
     apt-get install linux-virtual-lts-xenial
    

    仮想HWEカーネルを14.04 にインストールするには、root(またはSudo):bash

    apt-get update apt-get install linux-virtual-lts-xenial

12.04 **には、個別の仮想カーネルはありません。 ** 12.04に汎用HWEカーネルをインストールするには、root(またはSudo)として次のコマンドを実行します:bash

 apt-get update
 apt-get install linux-generic-lts-trusty

Ubuntu ** 12.04、14.04、および16.04 **では、次のHyper-Vデーモンは個別にインストールされたパッケージにあります:VSS Snapshot daemon-このデーモンは、Linux仮想マシンのライブバックアップを作成するために必要です。

KVP daemon-このデーモンは、組み込みおよび外部キー値ペアの設定とクエリを可能にします。

fcopy daemon-このデーモンは、ホストとゲスト間のファイルコピーサービスを実装します。これらのHyper-Vデーモンを16.04にインストールするには、root(またはSudo)として次のコマンドを実行します:bash

 apt-get install linux-tools-virtual-lts-xenial linux-cloud-tools-virtual-lts-xenial

これらのHyper-Vデーモンを14.04にインストールするには、root(またはSudo)として次のコマンドを実行します。バッシュ

  apt-get install hv-kvp-daemon-init linux-tools-virtual-lts-xenial linux-cloud-tools-virtual-lts-xenial

** 12.04にKVPデーモンをインストールするには、** root(またはSudo)として次のコマンドを実行します。バッシュ

    apt-get install hv-kvp-daemon-init linux-tools-lts-trusty linux-cloud-tools-generic-lts-trusty

カーネルが更新されるたびに、それを使用するには仮想マシンを再起動する必要があります。 Ubuntu17.04および16.10では、最新の仮想カーネルを使用して最新のHyper-V機能を使用します。 ** 17.04および16.10に仮想カーネルをインストールするには、** root(またはSudo)として次のコマンドを実行します:bash

  apt-get update
  apt-get install linux-image-virtual

Ubuntu ** 17.04および16.10 **では、次のHyper-Vデーモンは個別にインストールされたパッケージにあります:VSS Snapshot daemon-このデーモンは、Linux仮想マシンのライブバックアップを作成するために必要です。 KVP daemon-このデーモンは、組み込みおよび外部キー値ペアの設定とクエリを可能にします。 fcopy daemon-このデーモンは、ホストとゲスト間のファイルコピーサービスを実装します。これらのHyper-Vデーモンを17.04および16.10にインストールするには、root(またはSudo)として次のコマンドを実行します:bash

  apt-get install linux-tools-virtual linux-cloud-tools-virtual

カーネルが更新されるたびに、それを使用するには仮想マシンを再起動する必要があります。 [...] Windows Server 2012 R2では、Generation 2仮想マシンでデフォルトでセキュアブートが有効になっており、一部のLinux仮想マシンは、セキュアブートオプションが無効にされない限り起動しません。セキュアブートは、Hyper-Vマネージャーの仮想マシンの設定のファームウェアセクションで無効にするか、Powershell:を使用して無効にすることができます。

 Powershell
 Set-VMFirmware -VMName "VMname" -EnableSecureBoot Off   

既存の第2世代VHD仮想マシンのVHDをコピーして新しい第2世代仮想マシンを作成する前に、次の手順に従います。既存の第2世代仮想マシンにログインします。ディレクトリをブートEFIディレクトリに変更します。bash

  cd /boot/efi/EFI

Ubuntuディレクトリをbootという名前の新しいディレクトリにコピーします:bash

  Sudo cp -r ubuntu/ boot

新しく作成したブートディレクトリにディレクトリを変更します。bash

   cd boot

Shimx64.efiファイルの名前を変更します。bash

  Sudo mv shimx64.efi bootx64.efi

これもあります: https://www.altaro.com/hyper-v/remotefx-windows-10-client-hyper-v/ 便利だと思いました。

更新

新しいソース、これらのリンクをチェックしてください:

Linuxカーネル開発者との議論

https://github.com/LIS/lis-next/issues/318

https://github.com/dcui/linux/commit/c031eec626cd2c41ae1c0e70f51c03284017edf9

https://github.com/dcui/linux/blob/master/drivers/video/fbdev/hyperv_fb.c

PowerShellでVMビデオを設定する

https://github.com/MicrosoftDocs/windows-powershell-docs/blob/master/docset/windows/hyper-v/set-vmvideo.md

https://docs.Microsoft.com/en-us/powershell/module/hyper-v/set-vmvideo?view=win10-ps 私は利点なしで上記を試しましたが

私が現在推奨しているのは、RDP-リモートデスクトップ接続を使用して接続することです。はるかに簡単です。

  • 使用する Sudo Apt-get search RDP機能する可能性のあるパッケージを検索します。システムに適したものをインストールします。
  • VM内から、またはホストのHyper-VMダッシュボードのネットワークステータスボックスからIPを取得します。
  • 使用するマシンでRDPを使用して接続します。
    Win+R and type "RDP" Windowsマシンでリモートデスクトップアプリを開くには、収集したIPを使用します。
  • 最後に、 Linuxログインとパスワードを使用してログインします。

とはいえ、上記のコマンドに対して、Hostの設定に関するこれらの推奨事項があります。

これらは上記のリンクで詳しく説明されています。
PowerShellで次を試してください

Set-VMVideo -VMName "<VM name>" -HorizontalResolution 1920 -VerticalResolution 1200 -ResolutionType Maximum

2
Andy T

このビデオに従って明示的に画面サイズを設定する以外は、他の方法は機能しませんでした: https://www.youtube.com/watch?v=Tb-p9NOkcT8 (私はDebianを使用し、ビデオはUbuntuを使用しています)

ステップ1:

編集/etc/default/grub関連する行を次のように変更します:GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet video=hyperv_fb:3840x2160"(3840x2160は任意の画面サイズに変更できます)

ステップ2

実行:Sudo update-grub

ステップ3

リブート

画面サイズを変更するたびに、手順を再実行する必要があります。

2
dustytrash

XRDPを使用して、Windows 10 Hyper-Vホストで実行されているLinuxゲスト用のフルスクリーンGUIを取得することにしました。機能的ですが、VMware Workstationほどパフォーマンスは良くありません。 xrdpxrdp-sesmanをインストールし、サービスを開始します。次に、WindowsのRDPクライアントを使用して、ホストからゲストに接続できます。

現在のほとんどのディストリビューションは、パッケージマネージャーによってインストールされたXRDPでそのまま動作します。 CentOS 7では、別のDEを使用している場合でもXRDPが機能するために、yumを介してgnome-session-classicをインストールする必要があります。

クリップボードの共有が機能し、画面のサイズを全画面に変更できます。パフォーマンスは遅いですが、一般的な使用には問題ありません。

Vagrantを使用している場合は、XRDPをインストールしたら、vagrant rdpを使用してホストから接続できます。

1
Tony Apuzzo

Hyper-V Settings、次にPhysical GPUs次に、RemoteFX設定のチェックを外します。 enter image description here

1
Uddhav Gautam