it-swarm-ja.com

Ubuntu 18.04サーバーのインストールが「update-grub」の実行中に66%で止まる

Ubuntuサーバーをインストールしようとしていますが、grubの更新中に常に最後の段階で行き詰まります。プロセスをキャンセルしてシステムを再起動すると、grubコマンドのプロンプトgrub>

プロンプトから手動で起動してみました。

root=(hd1,gpt5)       # Ubuntu root partition
linux   /boot/vmlinuz-something-   root=/dev/sda5
initrd    /boot/initramfs-something-
boot
<enter>

起動メッセージがスクロールした後、

Busybox v1.27.2 (Ubuntu 1:1.27.2-2ubuntu3) built-in. Shell (ash) 

とともに initramfs> 促す。ここからexitを実行すると、カーネルパニックが発生しました。次の2つのヒントがあります。

mount: mounting/says on /root/says failed : No such file or directory
mount: mounting /process on /root/process failed: No such file or directory
5
Just Khaithang

解決策ではなく、いくつかの回避策。どうやら、それはos-proberの bug です。私は個人的に2番目のものを試してみましたが、うまくいきました!リンクから引用するには:

回避策1:(対処)

あなたが到達しているとき
「GRUBブートローダーをマスターブートレコードにインストールしますか?」プロンプト(私の場合、そのようなプロンプトは表示されませんが、grub-installのタイミングがわかりました)コンソールに切り替え(ctrl + alt + [f2-f6])、このファイルを削除します:

rm /target/etc/grub.d/30_os-prober

これにより、update-grubがos-proberを実行できなくなり、この問題の発生を回避できます。もちろん、他のオペレーティングシステムは表示されませんが、少なくともインストールプロセスが完全に行き詰まるのを防ぐ必要があります。私はこれをa VMガイド付き(暗号化されていない)LVMと標準プラスsshタスク(これは私が最初にあなたの問題を再現した方法です)でテストしました。

回避策2:(反応)

それ以外の場合は、プロセスがスタックした後、ps出力の最初の列でプロセス識別子(PID)を見つけます。

ps | grep 'dmsetup create'

次に、このdmsetupプロセスを終了します。上記の出力では、次のようになります。

kill 19676

(VMで上記と同じ設定/選択肢でテスト済み)

キビ

6
Just Khaithang

これは、2x SASPERC RAID 1にあるDell Poweredge r630 HDDドライブにインストールするときに発生しました。

私はctrl+alt+f2を使用してコンソールを取得し、プロセスを強制終了してから、ctl+alt+f1を使用してインストーラーに戻りました。

0
Arni J