it-swarm-ja.com

VirtualBoxにインストールされたUbuntu18.04 LTSは、システムアップデート後の起動時にハングします

ホスト:すべての最新の更新を含むWindows 10

ゲスト:Ubuntu 18.04

VirtualBox 5.2.12

  • buntu 18.04 VirtualBox Machine: 4GiB、2CPU、VT-x/AMD-V、ネストされたページング、PAE/Nx、ビデオメモリ56 MB
  • 私はubuntu-18.04-desktop-AMD64.isoからUbuntu18.04をインストールしました。
  • 再起動しました:正常に起動します。
  • Ubuntuの最新のアップデートをすべてインストールしました。
  • 再起動しようとしました:ハングします。

仮想マシンのメモリ、プロセッサの数を増やしようとしましたが、何の役にも立ちませんでした。

私の別のVBマシンはUbuntu16.04で、最新のアップデートがすべて含まれており、正常に動作します。

2
ArkadiG

このスレッドforums.virtualbox.org で与えられたアドバイスに従いました

  1. たとえば、UIで[新規]をクリックして、新しいマシンを作成します。
  2. 詳細モードを選択
  3. Ubuntuで動作していないマシンから.vdiファイルを選択します
  4. このマシンの設定をシンプルに保つ
  5. 起動すると、正常に動作するはずです
1
Henrik

私の設定はあなたの設定と非常に似ているので、同じ問題が発生する可能性があります。私の場合、更新されたUbuntu VMの起動時間は劇的に増加しました(5分対20秒)。

検証します:

  • VM起動プロセスを終了させます
  • Ubuntuセッションでターミナルを開き、journalctl -bを実行します
  • kernel: random: crng init doneの段階で述べられている長い遅延があるはずです

解決するには:

  • 更新されたUbuntuVMを起動します
  • 開始VMディスプレイ内をクリックして、入力がキャプチャされていることを確認します。VM内の任意のキーを押すと、起動プロセスが大幅に高速化されます。
  • Ubuntuセッションで、ターミナルを開き、rng-tools5パッケージを更新します。Sudo apt upgrade rng-tools5
  • 再起動後、起動時間は再び通常に戻るはずです。

現在のパッチレベルでの18.04LTSのVirtualBoxインストールは、ハードウェア乱数ジェネレーターを使用しないベアメタルインストールと同じバグに悩まされているようです。

Rng-tools5パッケージを更新するための情報はここにあります: https://unix.stackexchange.com/questions/442698/when-i-log-in-it-hangs-until-crng-init-done

1
SickPuppy