it-swarm-ja.com

アップグレード後にPPA sources.listエントリを更新するツールはありますか?

Ubuntuの1つのバージョンから次のバージョンにアップグレードすると、アップグレードツールはすべてのPPAを正しく無効にします。そのため、Ubuntuの古いバージョン用にコンパイルされたソフトウェアは、アップグレードしたばかりの新しいバージョンに干渉しません。

Ubuntuの新しいバージョンのパッケージを提供するPPAを自動的に再度有効にして更新する方法はありますか?たとえば、現在Maverickを実行しており、「foo」と「bar」という2つのPPAが有効になっているとします。 「foo」がMaverickとNattyの両方のパッケージを提供し、「bar」がNattyのみのパッケージを提供するとします。 Nattyへの更新後実行できるツールはありますか?「foo」PPAを再度有効にし、Nattyパッケージを指すように更新し、「bar」PPAは無効のままにしますか?

19
Ryan Thompson

Y-PPA-Managerと呼ばれるツールを使用すると、まさにそれを実行できます。

Y-PPA-Managerを試すには、ターミナルで次のコマンドを実行する必要があります。

Sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/y-ppa-manager
Sudo apt-get update
Sudo apt-get install y-ppa-manager

インストール後、ソフトウェアを実行し、「詳細」ボタンをクリックします。

enter image description here

そのボタンをクリックすると、次のようなウィンドウが表示されます。 「Ubuntuのアップグレード後に作業中のPPAを再度有効にする」をクリックします。

enter image description here

その後、パスワードの入力を求められます。パスワードを入力して「OK」をクリックします。その後、次のようなダイアログボックスが表示されます。

enter image description here

[OK]をクリックし、動作しているすべてのPPAが再び有効になるまで待ちます。プロセス全体が正常に完了すると、通知されます。

28
jokerdino