it-swarm-ja.com

社内のユーザーストーリーの作成に全員を含めますか?

私はデザインが会社のあらゆる部分で起こると確信しています。ストーリー作成への参加を奨励することは、その流れに従います。

私たちは、anyone-プログラマー、テスター、管理者-を励ましてストーリーを作成し、いくつかの肯定的な初期結果を得ることを試みています。ストーリーの整理、肉付け、調査、統合、またはその他の方法で選別するためには、通常、さらに多くの作業を行う必要があり、品質には幅広い範囲がありますが、全体として、収集したアイデアの包括性とおそらく、さらに重要なことは、ユーザーを喜ばせるという目標に全員が関わり続けることです。

X以外の人々をストーリー作成に含めて成功させた人はいますか?そうであれば、どうですか?

ユーザーストーリーの概念はUXドメイン固有のものであると私は思い始めていますが、私が主張するように、一部のプログラマー、テスターなどは、それがあまりにも面白くて構造的であると考えているようです。より一般的なままで、それらを提案と呼ぶほうがよいでしょうか?

2
peteorpeter

以前の会社(アジャイル開発会社と見なしたい)では、ユーザーストーリーを使用して成功を抑えていました。あなたが探しているものが単にアイデアであれば、提案を呼び出すのは素晴らしいアイデアだと思います。私たちが抱えていた問題は、A User Storyの適切な形式を全員に伝えたところ、タイトルと「as」を書きたくないので、ストーリートラッカーに何かを入力するという考えに抵抗しました。 a ...、したい... "ストーリーの側面。

それらを提案と呼ぶと、コンセプトの構造が固定されなくなり、タイトルだけに基づいてストーリーを具体化できる人がいる限り、会社全体からより多くの賛同を得られると思います。 。もちろん、これはストーリーを具体化しなければならない人々(私の場合、それは私と私の開発者でした)に余分な圧力をかけるので、そもそもそれをより多くのアイデアを得る可能性とバランスさせる必要があります。

結論:企業内のanyが1行または2行の提案を簡単に行えるようにすると、優先順位付けと拡張に取り組むことができる素晴らしいアイデアがたくさん得られると思います。

3
Karen

カレンが言ったことに沿って、私はユーザーについて完全なチームワークショップを行うのが好きですシナリオ、これはユーザーストーリーよりもオープンエンドでハイレベルです。このようにして、チーム全体が参加して貢献できます。この種の会議やワークショップからは、多くの興味深い見方やアイデアが生まれます。次に、チームの1人または2人のメンバーがシナリオを取り、より適切にフォーマットされたきめ細かいユーザーストーリーにそれらを調整できます。

1

はい、他チームと連携してユーザーストーリーを構築する必要があります。

会社の全員を含める必要はないと思います。会社のすべての部分を代表する必要があるかどうかさえわかりません。しかし、有用な人々は、特定の順序ではありませんが含まれます:

  • 開発者とQE
  • ユーザビリティ専門家
  • デザイナー
  • カスタマーサポート(!!)またはトレーナー(ある場合)
  • マーケティング担当者
  • 可能であれば、実際のお客様
  • ...
0
Alex Feinman