it-swarm-ja.com

VT-xを使用せずに64ビットOSホストで32ビットOSを実行する

VMware Playerで32ビットOS( Android x86 )を実行しようとしています。 64ビットのCPU /ホストOSを使用しているのに、「VT-xは利用できません」というエラーが発生します。どうしてこれなの?

VT-xがないと64ビットOS内で64ビットOSを仮想化できないことは承知していますが、32ビットの場合はそうではないと思いました。どうすればこれを解決できますか?ここに詳細がありませんか?私が使用しているCPUはIntelPentium p6200で、VT-xをサポートしていません。 VT-xのオプションがありません。 32ビットOSを仮想化することはできますか?

QEMUなどのソフトウェア仮想化の使用を検討していますが、速度が低下するため、使用したくありません。

1
mono

.vmxファイルから次の行を削除します。

  • vvtd.enable = "TRUE"
  • vhv.enable = "TRUE"

それはmayそれから動作します。パフォーマンスが低下したり、クラッシュしたりする可能性もあります。

Notepad ++などの高度なエディターを使用してファイルを編集することをお勧めします。ワードパッドを使用することもできます。

更新

次の行も関連しています(この場合は存在しません)。

  • monitor.virtual_mmu = "software"
  • monitor.virtual_exec = "software"

値は、softwarehardware、またはautomaticのいずれかです。 automaticがデフォルト値です。

VMware Workstation 12には、次のオプションがあります。

enter image description here

モードドロップダウンには次のオプションがあり、その結果、次のvirtual_exec/virtual_mmu値が得られます。

  • 「自動」:automatic/automatic
  • 「バイナリ変換」:software/software
  • 「IntelVT-xまたはAMD-V」:hardware/software
  • 「IntelVT-x/EPTまたはAMD-V/RVI」:hardware/hardware

さらに、チェックボックスは次のオプションを切り替えます。

  • 「バイナリ変換のアクセラレーションを無効にする」:disable_acceleration = "TRUE"
  • 「IntelVT-x/EPTまたはAMD-V/RVIの仮想化」:vhv.enable = "TRUE"
  • 「CPUパフォーマンスカウンターの仮想化」:vpmc.enable = "TRUE"

アクセラレーションを無効にすることを除いて、すべてのオプションにはCPUサポートが必要です。

VMware Playerは、サポートするすべてのオプションへのアクセスを提供しているわけではないため、.vmxファイルを手動で編集する必要があります。これは通常のテキストファイルですが、Windowsの改行がない場合があります。

1
Daniel B