it-swarm-ja.com

VirtualBoxで準仮想化インターフェースを選択する方法

Windows 8ホストシステム(Intel Core i5)とLinux Fedoraホストを考えて、準仮想インタフェースの最適な設定を決定したいと思います。

オプションは

  • none
  • Default
  • 遺産
  • 極小
  • ハイパーV
  • KVM

このページ は、選択がゲストシステムのみに基づいていることを示しています。

VirtualBox 5.0の最大の変更点は、準仮想化サポートの導入です。これにより、サポートされているゲストオペレーティングシステム(WindowsではHyper-V、LinuxではKVM)のパフォーマンスと時間管理の正確性が向上します。

あれは正しいですか?

85
Beginner

VirtualBoxマニュアル準仮想化プロバイダのセクションで、それぞれをいつ使うべきかが非常に明確に説明されています(強調が追加されています) :

  • 最小:仮想化環境の存在をアナウンスします。さらに、TSCとAPICの頻度をゲストオペレーティングシステムに報告します。 このプロバイダは、Mac OS Xゲストを実行するために必須です。

  • KVM:バージョン2.6.25以降のLinuxカーネルで認識されるLinux KVMハイパーバイザーインターフェースを提供します。 VirtualBoxの実装は現在準仮想化クロックとSMPスピンロックをサポートしています。 このプロバイダはLinuxゲストに推奨されます。

  • Hyper-V:Windows 7以降のオペレーティングシステムで認識されているMicrosoft Hyper-Vハイパーバイザーインターフェイスを提供します。 VirtualBoxの実装は現在準仮想化クロック、APIC頻度レポート、ゲストデバッグ、ゲストクラッシュレポート、リラックスしたタイマーチェックをサポートしています。 このプロバイダーはWindowsゲストに推奨されます。

ドロップダウンの他のオプションは、 vboxmanage docs で説明されているように、以下を実行します。

  • なしnoneを指定すると、準仮想化インタフェースの公開が明示的にオフになります。

  • デフォルト:オプションdefaultは、VMの起動中に、ゲストOSの種類に応じて適切なインターフェースを選択します。これは、新しいVMの作成中に選択されたデフォルトのオプションです。

  • Legacylegacyオプションは、古いバージョンのVirtualBoxで作成されたVMに対して選択され、VirtualBox 5.0以降でVMを起動するときに準仮想化インターフェイスを選択します。

91
heavyd

より正確に言えば、4.3に移行したVMがあり、それらは「レガシー」なので、LinuxからWindowsへ、またはその逆にVMをコピーする場合、どの設定を使用するかにも興味がありました。

--paravirtprovider none | default | legacy | minimal | hyperv | kvm:この設定は、どの準仮想化インタフェースをゲストオペレーティングシステムに提供するかを指定します。

  • noneを明示的に指定{公開をオフにする _準仮想化インタフェース。
  • オプションデフォルトは、VMの起動中に適切なインターフェースゲストOSの種類によりますを選択します。これは、新しいVMの作成中に選択されたデフォルトのオプションです。
  • 従来のVirtualBoxバージョンであり、VirtualBox 5.0以降でVMを起動するときに準仮想化インターフェイスを選択するVMに対しては、legacyオプションが選択されます。
  • 最小プロバイダはMac OS Xゲストには必須
  • kvm - Linuxゲストの場合は推奨
  • Windowsゲストおよびhyperv - 推奨

これらのオプションは、10.4項「 準仮想化プロバイダー 」で詳しく説明されています。

マニュアルの章8 から。

したがって、LinuxでVirtualBoxをバージョン5にアップグレードした場合は、kvmまたはデフォルトを選択してVMを起動し、正しく機能するかどうかを確認してください。そうであれば、新しい設定をそのままにしてください。

VMをLinuxからWindowsに移行/移動する場合は、デフォルトオプションを使用することをお勧めします。これにより、最適な仮想化インターフェースが自動的に選択されます。

9

私自身のテストに基づくと、ほんの数セントです。

私は、Windows 10ホスト上とLinuxホスト上で実行しているWindows 10ゲストでテストしました(または少なくとも私が試したことがあります)。

言うまでもありませんが、私が使用するすべての仮想ディスクは(同一のテストを保証するために)不変です。

Windows 10ホストでは、ゲストは通常​​どおり実行されます(多少遅いかもしれません)が、起動してデスクトップが表示されます...準仮想化は「デフォルト」です。

私は準仮想化 "デフォルト"でLinuxホスト上で同じ仮想マシンを試してみると、Windows 10ゲストが起動しない、それはドットが円の中で動くまで起動し、しばらくしたら凍結します...ログイン、デスクトップに到達する方法はありません。すべてのディスクが不変であることを忘れないでください。

しかし、準仮想化を「Heredada」(スペイン語)に設定するとすぐに起動してデスクトップに到達しますが、時々(すべてのディスクが不変であることを忘れないでください)再起動します。それでどこかに競争の大陸があるに違いありません、不変のディスクでsinveそれが常に同じことをするわけではありません。

ああ、ちなみに、Windowsゲストにはインターネット接続がないため、インターネット接続がないとコールドブーツの間で動作が異なることはありません。

覚えておいてください:

  • すべてのディスクは不変です
  • すべてはコールドブートごとに元に戻ります
  • Windowsゲストが常時動作しない
  • 「デフォルト」の準仮想化では、Linuxホストでも起動しませんが、Windowsホストではうまく起動します。
  • "Heredada"上の準仮想化では、Linuxホスト上で起動します(ただし、使用できるようにするために必ずしも安定しているわけではありません)。

私は、同じゲスト(あるホストから別のホストにコピーされた仮想HDD)を2つの異なるホストで安定させたいので、2Dと3D(PAE/NXも)を有効/無効にしてみました。また、アップデートを行った後は、あるホストから別のホストに仮想HDDをコピーできるようにしたい(コールドブートを実行する前に、変更不可能なディスクを親とマージして変更を永続的にし、失わない)。スナップショットは使用せず、不変ディスクのみを使用します。

それが私が見たことです、私は他の準仮想化値でもっとテストをしなければなりません。私はMACもOS/2も使わず、WindowsホストとLinuxホストだけを使います(両方のホストは異なる物理ハードウェア上にあります)。

バージョン:Windows 10ゲストはHOME 64Bitsであり、バージョンは1809.17763.379です

これが他の人を助けてくれることを願っています。テストしてテストして再テストすることができます(不変ディスクの方がいいです)1つの組み合わせでうまく動く組み合わせを見つけることが唯一の方法です。 !!

0
Laura