it-swarm-ja.com

HP Procurve2412zlからProliantDL380G7への動的lacpトランクの作成

HP Procurve 2412zl(ファームウェアバージョンK.15.07)スイッチからHP Proliant DL380G7サーバーへのIEEE802.3ad(LACP)動的トランクを構成しています。 DL380には4つのNICがあり、Win2008 R2を実行しているので、NICをチーム化して、HP NIC構成ツールの推奨される「自動」設定にすべてを残します。サーバーは次のいずれかです。 2つ目は、スイッチのインターフェイスF17-F20とF21-F24にそれぞれ接続されます。

別のVLANにサーバーが必要です。VLANの構成は次のとおりです。

vlan 10 
name "Lab_Mgmt"
untagged B2,F17-F24
ip address 172.22.71.3 255.255.255.0
tagged B21
exit

インターフェイスB21を超えた別のデバイスからVLAN 10へのDHCPリレーがあります。高度なトラフィック管理ガイドには、動的LACPトランクを別のVLAN DEFAULT_VLANの他に、最初にGVRPを有効にしてから、「禁止」を使用して、動的トランクの作成時にインターフェイスがDEFAULT_VLANに自動的に参加しないようにする必要があります。GVRPには、不要または不要なものがいくつか含まれています。そのため、他のすべてのインターフェイスで「unknown-vlansdisable」を使用して無効にします。

これが私がそれをする方法です:

procurve-5412zl-1(config)# gvrp
procurve-5412zl-1(config)# interface A1-A24,B1-B24,C1-C24,D1-D10,D13-D24,E1-E24,
F1-F16,K1,K2 unknown-vlans disable
procurve-5412zl-1(config)# vlan 1 forbid F17-F24
procurve-5412zl-1(config)# interface F17-F20 lacp active

その後の結果はすべて成功したように見えます。

procurve-5412zl-1(config)# show trunks 

 Load Balancing Method: L3-based (Default), L2-based if non-IP traffic

  Port | Name                             Type      | Group  Type    
  ---- + -------------------------------- --------- + ------ --------
  F17  | XYZTEAM3_NIC1                    100/1000T | Dyn2   LACP    
  F18  | XYZTEAM3_NIC2                    100/1000T | Dyn2   LACP    
  F19  | XYZTEAM3_NIC3                    100/1000T | Dyn2   LACP    
  F20  | XYZTEAM3_NIC4                    100/1000T | Dyn2   LACP    

procurve-5412zl-1(config)# vlan 10
procurve-5412zl-1(vlan-10)# show lacp

                                   LACP

          LACP      Trunk     Port                LACP      Admin   Oper
   Port   Enabled   Group     Status    Partner   Status    Key     Key
   ----   -------   -------   -------   -------   -------   ------  ------
   F17    Active    Dyn2      Up        Yes       Success   0        0     
   F18    Active    Dyn2      Up        Yes       Success   0        0     
   F19    Active    Dyn2      Up        Yes       Success   0        0     
   F20    Active    Dyn2      Up        Yes       Success   0        0     

Proliantサーバーでは、NIC構成ツールは、802.3ad動的トランクが確立されたことも示しています。

すべてが良いはずですが、そうではありません。サーバーはDHCPからIPアドレスを取得していません。これは、LACPを有効にしていない場合に取得します。サーバーをVLAN 10サブネット上の静的IPアドレスに構成すると、スイッチのIPアドレスにpingを送信することすらできず、VLANの外部にあるものは何も送信できません。サーバーにpingを送信します。

F17-F20にタグを付けて、サーバーのNIC構成ツール)の[デフォルトのネイティブタグ(VLAN 10)]チェックボックスをオンにして、別の試みを行いましたが、違いはありませんでした。私が見逃したかもしれない何か考えはありますか?

2
Maalobs

DHCPサーバー、VLANの他の要素と同じネットワーク172.22.71.3/24上にありますか?そうでない場合は、そのVLAN with:でDHCPリレーIPアドレスを指定する必要があると思います。

ip helper-address @DHCP-IP-Address
1
Sylvan

ここでは、動的トランクがvlan10に配置されている場所がわかりません。 vlan 10 untag trunk Dyn2またはその効果のための何かが必要になります。それでも問題が解決しない場合は、静的トランクを作成してみてください。

1

ProCurveスイッチでは、動的LACPは実際にはVLAN1以外のVLANでは機能しません。

見落としているようです。スイッチコンソールログでは、VLAN 10構成コンテキストにいる場合でも、「showlacp」コマンドは実際にはVLAN10に制限されていません。 。 VLAN構成に関係なく、すべての動的トランクを出力するだけです。

ProCurveドキュメントのGVRPステートメントは、ある種の悪ふざけのように見えます...これを書いた人が実際にそれを機能させたとは思えません。

特定のポートをサーバー専用にしているので、とにかく静的(アクティブ)LACPを使用しないのはなぜですか?次に、Trkトランクを好きなVLANに割り当てることができます。

1
Nicolas Melay