it-swarm-ja.com

広告にラベルを付ける

私の会社の経営陣は、広告のラベル付けを開始する必要があると述べました。 「広告」という言葉を広告の近くに置くことで、広告がサイトの一部ではないことを明確にする必要があります。

(A)広告のラベル付けは逆効果ですか?広告のポイントはサイトに溶け込み、馬鹿を騙してクリックさせることだと思った。個人的には、何かが露骨に広告であることを知っていれば、それをクリックしませんでした。 CNNとYahooは露骨に広告にラベルを付けます。ただし、Diggは広告を実際のコンテンツのように見せます。

(B)同僚は、ほとんどのサイトが広告の下にテキストでラベルを付けることを指摘しました。私はいつも、ヘッダーはaboveであるべきだと思っていました。さらに、私たちのサイトの他のすべてのヘッダーは、それらが説明するコンテンツのaboveです。

[〜#〜] cnn [〜#〜]

alt text

Yahoo

Yahoo

私たちのサイト

alt text

4
JoJo

(A)
そしてここ[〜#〜] i [〜#〜]広告のポイントは、訪問者に知らなかったが、探索して喜んでくれる製品と可能性を知らせることだと思った。待つ...

1日中私をだまして広告をクリックさせようとすると、ページに戻る可能性が低くなることを理解していますか?

私たち全員は、時々バカです。それでリーチングは安いです。あなたがそれで満足しているなら、結構ですが、あなたの見方が普遍的であると仮定しないでください。

(B)
画像は通常、ほとんどの出版物で画像の下にラベルが付けられます-画像は注意を引くはずであり、説明は追加情報のみです。

あなたの目的のために、広告の上にあるテキストはより論理的です(そして、それを囲んでいる境界線、または他の視覚的な違いです。広告を無視するのがかなり上手になりました)。

ただし、「以下のラベル」は、視覚的な期待とよりよく一致する場合があります。それでも、あなたが与えたサンプルから、あなたのサイトは最高に見えます。

5
peterchen

A)現時点では、Web上の誰もがバナー広告の外観を知っているため、広告のラベル付けは直感に反するものではありません。また、ラベルを非表示にしてユーザーに広告をクリックするように仕向けることはさらに悪いことです。ユーザーが広告をクリックしても、それが広告であることを認識していない場合、広告と関連する素材のオプションは否定的です。 Diggユーザーとして、私はDiggの有料リンクと無料リンクを区別でき、通常は有料リンクを避けます。一部のユーザーが広告をクリックするようにだまされても、直帰率も非常に高い場合、ヒット数はそれほど意味がありません。

B)簡単な答えは、ほとんどの場合、誰も小さな広告ヘッダーを見ないということです。そのため、エラーが発生します。

ほとんどの広告主が「広告」ラベルを一番下に配置するのは、ユーザーに最初に広告を見てもらい、次にラベルを見てもらいたいからです。最終的には、ユーザーが広告をクリックする前に広告であることを認識します。

ただし、ユーザーは単に無視することでこのトリックに適応しています。これは「バナーブラインド」と呼ばれ、詳細についてはこちらをご覧ください http://www.useit.com/alertbox/banner-blindness.html

基本的に、人々は広告がどのように見えるかを知っているので、1つに見えるものはすべてスキップし、ページが提供する必要があるコンテンツについて読み続けます。広告のように見える場合は、広告以外のコンテンツもスキップされます。

私のアドバイスは、サイトのデザインに従い、一貫性を保つことです。上部または下部に広告ラベルを配置しても広告の機能には影響しないため、広告見出しを上部に配置し続けます。

2
Kevin G

広告にラベルを付ける決定はUXの1つではない可能性がありますが、法的またはその他の理由によるものです。上、下、横、または上にかかわらず、ラベルがページを乱雑にしたり、不必要に注意を引いたり、そのままの状態で(またはユーザーが行う可能性のあるすべての作業)を害したりしないようにしてください。

(余談:ユーザーを「馬鹿」と見なすべきではありません。彼らを馬鹿と呼ぶことは絶対にしないでください。ユーザーを侮辱するよりも、ユーザーに同情して共感するほうがはるかに生産的です。)

2
lucasrizoli

(a)の答えは、ユーザーエクスペリエンス担当者かオンラインマーケティング担当者かによって異なります。

質問(b)についても同様です。 UXの観点からは、「広告」というテキストは間違いなく広告の上で大きくする必要があります。私は広告の下のテキストが法務とマーケティングの間のいくらかの妥協であることが多いというよりも多くのことを直感しています。

1
DA01