it-swarm-ja.com

UXは著作権で保護されていますか?

最近の「ルックアンドフィール」Apple対Samsungの訴訟の後、これが他の既存のサイトと同様の機能を提供するWebサイト/ Webアプリにどの程度影響を与える可能性があるか疑問に思っていました。

では、大企業のつま先を踏まないように注意する必要があるのは何でしょうか。

会社のウェブサイト/アプリをコピーするカーボン(特にそれが非常に特徴的な製品の場合)は、特に象徴的な用語を露骨に引き裂く可能性のある悪い習慣ですが、どれほど似ているとあまりに似ているのでしょうか?

10フィートのルールはウェブに適用されますか?

「合理的な人物が2つの競争力のある製品の違いを10フィートで説明できない場合、侵害が発生していると信じる原因がありました。」

それとも、ウェブに関連する別の判例がありますか?

そして、本質的にUXの一般的な用語である、feelはどこに感じますか?関連するフロー、組織、機能のように、Webサイトが「感じる」方法の特許を取得できますか。ラジオボタンなどの基本的な要素の特許を取得できないとのことですが、特定のアクションを完了するために組み合わせて使用​​される多数の要素のレイアウトと外観はどうですか?

オンラインショッピングカート は、オンライン小売業者にとって、まだダモクレスの剣の一部です。

ウェブサイト/ウェブアプリの著作権侵害の境界はどこにありますか?それともまだ線が引かれていますか?

12
Will Meldon

Appleは、「トレードドレス」の法的概念を使用して、UX(または、より具体的には、UI)が登場する可能性があると主張できるルックアンドフィールの侵害を主張します。

悲しいかな、明確なルールは特にありません。知的財産法は灰色であり、多くの場合、弁護士が最も多い者によって決定されます。たとえば、現代の米国特許法のようなものを追加します。たとえば、ソフトウェアの概念に保護を付与することに関して、それがばかげたことになるところまで来ています。

つまり、結局のところ、何をしているのかではなく、誰に向かっているのかということです。 Appleからコピーしないでください。次に、あなたの会社が所有する特許に対してAppleからロイヤリティを要求した場合は、.

「ライン」は、標準委員会ではなく、ケースバイケースで企業の法務部門の気まぐれによって作成されます。

10
DA01

ヨーロッパ(イギリスではなく本土)では、ソフトウェアは特許を取得できず、ウェブサイトも特許を取得できません。

ソフトウェアではありません。なぜなら、特許は新規かつ技術的かつ物理的事項でなければならないからです。ソフトウェアはコードであり、技術的、重要な問題ではありません。それで、あなたはシステムとしてあなたの特別なソフトウェアでコンピューターに特許を与えるつもりです。それは技術的で重要な問題です。 Apple弾性のあるものはヨーロッパでは保護できません。

ウェブサイトはソフトウェアのようなコードです。それは特別なトーンを持っているので、登録されたデザインによって創造的で保護されていると言えるかもしれませんが、ウェブサイトには高い芸術性はありません。したがって、ウェブサイトは小さなクリエイティブな行為であり、保護することはできません。

しかし、ヨーロッパの権利は出血しており、裁判所の判決は非常に不明確です。そして、これがボーダーレスなインターネットランドでどのように扱われるかわかりません。

追加:意匠は別のトピックであり、登録された意匠を誤って侵害する可能性は非常にまれです。どうして?登録されたデザインは本当に新しくてオリジナルでなければならないので。従来の(グラフィック)アート、グラフィックトレンド、グラフィックスタイルはありません。これは、ほとんどの一般的なWebサイトには適していません。

ソフトウェアの著作権でさえ、芸術性の高いキャラクターに縛られています。その中には独自性と創造性が必要です。

その間、ソフトウェアプロセスに対して2つのソフトウェア特許を取得しました(スナップバック効果のようなマイクロインタラクションはありません)が、それでもUXです。それで、それはどのように行われましたか?

  1. アプリ、サーバー、ソフトウェアを含むシステムの特許を取得しました。

  2. 可能な限り多くのテクノロジーをカバーしようとします。

  3. この分野で特許が存在する場合(そしてあなたの技術をカバーするのを忘れていた場合)、それを非常に特殊なユースケースに絞り込みます。

このようになる可能性があります:スナップバックスクロール効果は以前にMicrosoftが特許を取得している可能性がありますが、Apple Smartphone ....

3
FrankL

私はあなたが「UXはそれ自体で保護できる」という意味だと思います。

米国では、ソフトウェアにおける特定のユーザーエクスペリエンスある特許を取得しています。当然、それらは斬新で独自の発明である必要がありますが、iPhoneが使用した有名な動的スクロール/弾性スナップバック動作は特許を取得しています(私は私の携帯電話を使用しているので、今調べるのは面倒ですが、かなり簡単です)見つけるには)。

UXは一般に問題から切り離すことができないため、解決しているソフトウェアがあります。UXはソフトウェア自体と同じくらい著作権で保護されていると思います。

しかし、あなたが分からない場合のために、私は弁護士ではありません!

3
Kit Grose

UserExperience(UX)は実際には非常に広範で主観的であり、著作権で保護するには無形です。

例:レストランのユーザーエクスペリエンスが料理、サービス、雰囲気、ブランドなどすべての組み合わせであり、著作権で保護されていなかったり、商標や特許を取得できない場合。

ただし、メニューのデザインは、著作権保護を享受するのに十分具体的であり、ブランドや看板、建物のデザイン(ユニークな場合)も同様です。それは、ユーザーインターフェイスに非常によく似ています。

Restaurant Scene with Mr Creosote

鍵は、**小説である要素を定義することです:認識できるほど一意**それらを保護するには、ある程度の一意性が必要です。 Facebookのユーザーインターフェイスには、ブランド以外に独特のものはほとんどないと私は主張します。同様に、誰かが辞書の単語と区別がつかないものについて著作権訴訟を起こしたとしても、それが立ち上がったり、強制力があったりする可能性はほとんどありません。ユーザーインターフェイスと同じです。 10フィートのルールは、デザインに独特または特別なものがない限り、適用されません。 その特別な要素は、著作権、商標、および/または特許を取得したいものです。

2