it-swarm-ja.com

手動でインストールしたドライバーを削除する(ワイヤレスUSB)

Linux(KDE)で検出されなかったワイヤレスUSBドングルのドライバーをダウンロードしてインストールしました。どのモデルかはよくわかりませんでしたが、どうやらそれはRalink RT2870(ブランド名IPTime N150UA)です。ドライバをダウンロードし、ファイルにパッチを適用して、新しいカーネルバージョン(3以上)と互換性があるようにします このページ に続き、最後にページに示すようにインストールしました。次に、私のwifiドングルが検出され、ネットワークに接続できました。問題は、sshを実行するか、ルーターのWebページを開くとすぐに、コンピューター全体がフリーズし、シャットダウンする必要があることです。このドライバを削除したいのですが、インターネットで検索しましたが、役立つ情報が見つかりませんでした。 lshwを実行すると、ワイヤレスドライバーが表示されます。

説明:ワイヤレスインターフェイス
物理ID:1
論理名:ra0
シリアル:64:e5:99:f6:33:60
機能:イーサネット物理ワイヤレス
構成:broadcast = yes driver = RALINK WLAN ip = 192.168.1.8 multicast = yes wireless = Ralink STA

これは、途中にスペースがある非常に奇妙なドライバー名です。 RALINK WLANを入力すると、2つの異なるドライバー名であると見なされるため、ドライバーに関する詳細情報を取得する方法についてのいくつかのチュートリアルも実行できません。私は何をすべきか?

3
Mehdi

あなたの link によると、ドライバーのファイル名は_mt7601Usta.ko_(_.ko_はカーネルモジュールの拡張)である必要があります。

カーネルモジュールは通常/lib/modules/$(uname -r)にインストールされるため、find /lib/modules/$(uname -r) -name mt7601Usta.koを使用し、次に_Sudo rm_を使用して、正しいモジュール(またはmvである場合)を削除します。モジュールツリー。次回の起動時に読み込まれません)。

しかし、おそらくあなたは以前にモジュールをアンロードする必要があるでしょう。

lsmodコマンドを使用して現在ロードされているモジュールを表示し、rmmodを使用して現在のセッションのモジュールをアンロードできます(次回の起動時に再度ロードされます)、lsmodの名前は常にファイル名に対応しているとは限りません.

lsmodの結果では、modinfoコマンドを使用してモジュールに関する情報を取得できます(例:_modinfo <modulename>_)

使用しているディストリビューションによっては、blacklist_/etc/modprobe.d/blacklist.conf_に行を追加して、ブート時にロードされないようにすることができます

_blacklist mt7601Usta
_

_blacklist.conf_が存在しない場合は、新しいファイルを追加します

_Sudo sh -c 'echo "blacklist mt7601Usta" >/etc/modprobe.d/no-mt7601Usta.conf'
_

カーネルのコマンドラインからblacklistすることもできます(つまり、grubブートローダー)

_modprobe.blacklist=mt7601Usta
_
4
Alex

ダウンロードしたドライバソースの「Makefile」を確認してください。次のような 'install'という名前のブロックがあります。

install: #dependencies
    #some stuff
    #some more stuff

make some_keywordと入力してドライバーをインストールした場合は、「install」ではなく「some_keyword」で始まるブロックを探します。

このブロックのコマンドは、make installと入力してパスワードを入力したときに実行されました。このブロックには、ドライバーファイルをコンパイルディレクトリから他のディレクトリに移動するいくつかのコマンドが含まれます。おそらく「/ usr/lib」のどこかにそれらのコマンドを見つけて、言及されたファイルをすべて削除します。

grep 'mv ' Makefile'を実行すると、これらのコマンドを簡単に見つけることができます。ただし、メイクファイルの名前は「メイクファイル」などではなく「メイクファイル」であると想定しています。

ポイントは、実際にシステムを変更したコマンドが、root権限を与える必要があるmakefileのインストールブロックにあったということです。残りはすべてコンパイル手順です。

0
saga