it-swarm-ja.com

「webpとして保存」をWindows10に追加し、コンテキストメニューを右クリックします

「WebPとして保存」画像ファイル形式をWindows10の右クリックコンテキストメニューに追加する方法があるかどうか知りたいのですが。レジストリを介して。 WebP画像は、Web専用に設計された新しいファイル形式です。 JpgやPngよりも最大30%優れた圧縮率を備えています。また、他の画像ファイル形式と比較して、より優れた損失削減で圧縮されます。これが可能かどうか誰かが提案できますか?または、レジストリを介してこれを行う方法を教えてください。

バージョン1903OSビルド18362.239

以前にレジストリを介して行ったように、右クリックメニューに独自のコマンドを追加して、メニューにファイルの所有権を取得することを追加できることを知っています。

2
Ryan Stone

これは、Googleから公式のcwebpコマンドラインエンコーダーをダウンロードし、そのbinフォルダーをPATH(環境変数)に追加することで実行できます。次に、ファイルを取得し、好みの設定でcwebpを介して実行するバッチファイルを作成します。最後に、.regファイルまたはダウンロードしたユーティリティ(Easy Context Menuなど)を使用して、バッチファイルをファイルの右クリックコンテキストメニューに追加します。

ステップ1:Googleからlibwebpをダウンロードして抽出します

(64ビット)libwebpバージョン1.1.0の公式ダウンロード

(32ビット)libwebpバージョン1.0.3の公式ダウンロード

フォルダーを希望の場所に抽出し、フォルダーパスをメモして、手順2で使用できるようにします。

ステップ2:libwebpのbinフォルダーをPATHに追加します

WinKey + Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。または、[スタート]ボタンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行]を左クリックします。次のように入力します。

SystemPropertiesAdvanced

Enterキーを押します。

[システムプロパティ]ダイアログが開き、[詳細設定]タブが選択されています。

右下の[スタートアップとリカバリ]セクションの後にある[環境変数...]ボタンを押します。 「環境変数」ダイアログが開きます。

上部の「ユーザー変数」セクションで、「変数」列に「パス」がリストされているリスト項目を左クリックします。 [ユーザー変数の対象]リストボックスの下にある[編集]ボタンをクリックします。 [環境変数の編集]ダイアログが開きます。

右上の[新規]をクリックして、エントリを追加します。手順1で抽出したlibwebpのbinフォルダーの場所に入力または貼り付けます。

フォルダがユーザーのダウンロードフォルダ内に抽出され、そのユーザーの名前が「Administrator」の場合、フォルダの場所の文字列は次のようになります。

C:\Users\Administrator\Downloads\libwebp-1.1.0-windows-x64\bin

パスが正しいことを確認したら、Enterキーを押します。

「環境変数の編集」ダイアログで「OK」をクリックします。

「環境変数」ダイアログで「OK」をクリックします。

[システムのプロパティ]ダイアログで[OK]をクリックします。

Libwebpのbinフォルダーの場所がPATH(環境変数)に追加されました。

ステップ3:cwebpを使用してファイルを.webpに変換するバッチファイルを作成する

このステップでは、次のようなバッチファイルを作成します。

cwebp -q 50 -m 6 -af -f 50 -sharpness 0 -mt -v -progress %1 -o %~n1.webp

説明

cwebpこれは、画像をwebpに変換できるlibwebpのbinフォルダーにある特定の実行可能ファイルを参照します。

-q 5「0〜100のRGBチャネルの圧縮係数」ここでは、中程度の圧縮に50を使用します。

-m 6 0から6の範囲の値を持つ圧縮方法。6が最大であるため、最小のファイルサイズが得られます。

-af自動フィルターをオンにします。最適化された品質を提供します。

-f 5非ブロックフィルター(滑らかさ)(0-100)

-シャープネスシャープネスの範囲。0が最もシャープで、7が最もシャープではありません。

-mt可能であれば、エンコードにマルチスレッドを使用します。

-v追加情報(特にエンコード時間)を出力します。

Cwebpで使用できるコマンドラインスイッチの詳細については、Googleの cwebpに関するWebPガイド を参照してください。

%1は、バッチファイルに指定された最初の引数です。この場合、Windowsエクスプローラーで選択して右クリックしたファイルになります。

最後のスイッチが含まれています:

-o%〜n1.webp

ここで、-oはcwebpにファイルへの書き込みを指示し、%〜n1はファイル拡張子なしの元のファイルの名前を出力し、それに新しい拡張子を追加します- 。webp

重要:このファイルを。batファイル拡張子で保存し、現在のユーザーがアクセスして実行する権限を持っている場所に保存します。この例では、現在のユーザーのダウンロードフォルダーが使用され、ファイルの名前はwebp.batになります。これは、バッチファイルへのパスの例です。

C:\Users\Administrator\Downloads\webp.bat

ステップ4:ファイルのシステムの右クリックコンテキストメニューを変更する

システムレジストリの編集に慣れていて、そのバックアップを作成する方法を知っている場合は、オプション1が適切であることがわかります。そうでない場合、オプション2は、システムを変更するためのより安全な方法を提供します。

オプション1:レジストリを変更する

このステップでは、次のような.regファイルを作成して実行します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\*\Shell\Run script]
@="Run &script"

[HKEY_CLASSES_ROOT\*\Shell\Run script\command]
@="\"C:\\Users\\Administrator\\Downloads\\webp.bat\" \"%1\""

説明

HKEY_CLASSES_ROOT\*\Shell\Run script

スクリプトの実行という名前のシステム上のすべてのファイルのコンテキストメニューにエントリを追加します

@ = "Run&script"

ここに、コンテキストメニューに表示される名前があります。 記号は、ユーザーがこのコンテキストメニューエントリにアクセスするために押すことができるキーボードのキーを示します。

HKEY_CLASSES_ROOT *\Shell\Run script\command

これは、スクリプトの実行という名前の前のエントリのコマンドです。

@ = "\" C:\ Users\Administrator\Downloads\webp.bat\"\"%1\""

これは、手順3で保存したバッチファイルへのパスです。

オプション2:イージーコンテキストメニューv1.6を使用

Easy Context Menu v1.6をダウンロードできます こちら

ダウンロード、抽出、および開いたらEcMenu.exeまたはEcMenu_x64.exe、システム(32ビットまたは64ビット)に応じて、を押します。 Ctrl + E"リストエディタ"ダイアログを開きます。または、[ファイル]メニューをクリックして、3番目のオプションである"リストエディタ"をクリックすることもできます。

"リストエディタ"ダイアログが表示されたら、下にスクロールしてファイルコンテキストメニューをクリックし、左クリックします。次に、ウィンドウの下部にある[新規追加]ボタンを押します。 [ファイル選択]ダイアログが表示されます。

手順3でバッチファイルを保存したフォルダーに移動します。この例では、ダウンロードフォルダーに移動します。開くボタンの右上にあるドロップダウンボックスを左クリックして、ダイアログファイルリストに表示されるファイルの種類を「アプリケーションファイル(* .exe)」から「アプリケーションファイル(*。*)」に変更します。バッチファイルをダブル左クリックします。この例では、このファイルの名前はwebp.batです。

コンテキストメニューのどこに表示されるかなど、いくつかの設定を変更できます。

完了したら、左下の[変更を保存]ボタンを押して、[リストエディター]ダイアログを閉じます。


このソリューションを自分でテストしました。Windows10Pro1903で、ステップ4のオプション2を使用し、Easy ContextMenuユーティリティを使用しました。ファイルを右クリックし、コンテキストメニューを使用してファイルをwebpに変換できます。コマンドウィンドウは進行状況とともに開き、完了すると閉じます。同じ画像ですが、webp形式の新しいファイルがあります。

3
iskyfire

File Converter の無料のオープンソースツールをインストールします。インストールすると、コンテキスト(右クリック)メニューに表示されます。

使用するには、Windowsファイルエクスプローラーで1つまたは複数のファイルを選択し、選択したファイルの1つ(または選択されていない場合は任意のファイル)を右クリックし、[ファイルコンバーター]を選択してファイル形式を選択します。変換の進行状況を示すウィンドウが開き、変換が完了すると閉じます。変換されたファイルは、ソースファイルと同じ名前で、拡張子が異なる同じフォルダーに保存されます。

File Converterは、オーディオ、ビデオ、画像、およびドキュメントファイルで動作し、[設定]ダイアログから選択できる多くの形式をサポートします。

レビューについては、記事 Windowsエクスプローラーで右クリックしてファイルを変換する を参照してください。

enter image description here

0
harrymc