it-swarm-ja.com

Hyper-Vが原因で、Windows 10上のVMWareでVMを実行できません。

Windows 10を実行しているラップトップにVMWare Workstation 10を正常にインストールしました。仮想化システムはCentOSです。

ゲストシステムをインストールして実行できます

システムとすべてを正常にインストールできましたが、Windows 10 Anniversary Updateにアップグレードした後、次のようになります。

enter image description here

削除されたHyper-V

Hyper-Vに関するシステムからすべてをアンインストールしました。私はそれを自分のコンピュータから削除し、数回再起動しました。運が悪い。

8
Andry

同じ問題がありました。 Hyper-Vを削除して無効にしても、効果はありませんでした。問題はデバイスガードに関連していることがわかりました(Windows 10 Enterpriseを使用しています)。私は答えを見つけました ここ 。しかし、その要点は

  1. ダウンロード Device GuardおよびCredential Guardハードウェア準備ツール

  2. 正しい実行ポリシーを使用してPowerShellでツールを実行します)

    DG_Readiness_Tool_v3.2.ps1 -disable
    
  3. リブート
  4. Hyper-Vがアンインストールされ、無効になっていることを確認します

    Disable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V –All
    bcdedit /set hypervisorlaunchtype off
    
8
ceiling cat

この問題の解決策は、Device Guardを無効にすることです。以下にそれを無効にする方法を示します:

  1. Gpedit.mscを開きます

  2. コンピューターの構成管理用テンプレートシステムデバイスガードに移動します。右側でダブルクリックして、「仮想化ベースのセキュリティをオンにする」のプロパティを編集します。設定を「無効」に設定します。

  3. 管理者としてcmdを開き、以下のコマンドを入力します。

    mountvol X: /s
    copy %WINDIR%\System32\SecConfig.efi X:\EFI\Microsoft\Boot\SecConfig.efi /Y
    bcdedit /create {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} /d "DebugTool" /application osloader
    bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} path "\EFI\Microsoft\Boot\SecConfig.efi"
    bcdedit /set {bootmgr} bootsequence {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215}
    bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} loadoptions DISABLE-LSA-ISO,DISABLE-VBS
    bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} device partition=X:
    mountvol X: /d
    

これを行った後、F3で再起動して変更を承認する必要があります。

2
Adrian

https://www.reddit.com/r/Windows10/comments/9zqbo0/running_both_hyperv_and_vmware_workstation/ からの引用:

Hyper-vはタイプ1のハイパーバイザーであり、vmwareはタイプ2です。これらは共存できません(どのOS上でも)。

ただし、2番目のブートエントリを作成して、hyper-vモードまたはvmwareモードでブートすることができます。

https://www.hanselman.com/blog/SwitchEasilyBetweenVirtualBoxAndHyperVWithABCDEditBootEntryInWindows81.aspx

C:\>bcdedit /copy {current} /d "No Hyper-V" 
The entry was successfully copied to {ff-23-113-824e-5c5144ea}. 

C:\>bcdedit /set {ff-23-113-824e-5c5144ea} hypervisorlaunchtype off 
The operation completed successfully.
1
Vadzim

Windows 10のブート構成データには、Windowsの起動時にHyper-Vが起動するかどうかを決定するオプションが必要です(Windows 8.1にあります)。したがって、Hyper-Vの起動を無効にするには、管理者コマンドプロンプトで次のように入力します:bcdedit /set hypervisorlaunchtype offとコンピューターを再起動します。その後、WorkstationでVMを実行できます。

Hyper-Vを再びオンにするには、管理者コマンドのプロンプトを入力します。bcdedit /set hypervisorlaunchtype autoとコンピューターを再起動します。 ( ソース

1
Cool Charac

表示されたDG_Readiness_Toolは、アンインストールされたDevice Guardが中央のポリシーによって再インストールされる可能性がある企業環境でない限り、うまく機能します

それを克服するために私はした this:

gpedit.msc->ローカルコンピューターポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>システム>デバイスガード>仮想化ベースのセキュリティをオンに設定無効

0
  1. aDK.exeをダウンロードする
  2. ダウンロード後、WIN + Fを押し、Compatibility Administrator(64ビット)を検索します。
  3. 互換性アドミニストレーター(64ビット)を開いた後、システムデータベース(64ビット)を展開します。
  4. 次に、アプリケーションを展開し、VMware Workstation Proを検索します。
  5. それを取得したら、VMware Workstation Proをクリックし、右側に
    2つのコンポーネントがあります。 a> vmplayer.exe b> vmware.exe
  6. 両方のオプションを個別に右クリックし、両方のコンポーネントで[エントリを無効にする]オプションを選択します。
  7. クリックすると、両方のコンポーネントで赤い色が表示されます。
  8. その後、VMwareを開いてください。
0
pran sem