it-swarm-ja.com

NAT Windows 10でHyper-V Managerアプリケーションのスイッチをオンにする方法

Hyper-V NATスイッチを作成したい。Windows10でHyper-Vマネージャーアプリケーションを使用しています。外部、内部、プライベートの3種類のスイッチしかありません。

私の質問はどこですかNATスイッチタイプ?内部スイッチタイプですか?ありがとうございます!

1
Loc

インストール中にHyper-Vによって作成されるデフォルトのスイッチはNATですが、構成することはできません。内部はNATではなく、ホストとVM間の接続が制限された通常のスイッチです。
基本的なNATだけが必要な場合は、PowerShellを使用し、次のコマンドを使用します。

New-VMSwitch -SwitchName "NATSwitch" -SwitchType Internal

New-NetIPAddress -IPAddress 192.168.0.1 -PrefixLength 24 -InterfaceAlias "vEthernet (NATSwitch)"

New-NetNAT -Name "NATNetwork" -InternalIPInterfaceAddressPrefix 192.168.0.0/24

NAT)の詳細については、次を参照してください: https://www.petri.com/using-nat-virtual-switch-hyper-v

構成可能なNATが必要な場合は、小さなルーターをインストールして構成することをお勧めしますVM ipFire、pfSense、または構成するスキルがある場合はお気に入りのLinuxなどのOSを使用します。

  1. 外部アクセスと呼ばれる外部仮想スイッチを作成し、ホストのネットワークに接続します。

  2. Internal Labという内部仮想スイッチを作成します。

  3. Hyper-Vマネージャーで、[新規]-> [仮想マシン]をクリックします。

  4. [次へ]をクリックしてウィザードを開始し、フィールドに情報を入力して、終了したら[次へ]をクリックします。

    1. 名前:ラボルーター
    2. ジェネレーション:ジェネレーション1
    3. 起動メモリ:512 MB、[動的メモリを使用する]チェックボックスをオフ
    4. 接続:外部アクセスを選択します
    5. 仮想ハードディスク:デフォルトを受け入れて[完了]をクリックします
  5. 仮想マシンからラボルーターを選択し、[設定]をクリックします。
    1. ネットワークアダプタを選択し、追加をクリックします
    2. 仮想スイッチから内部ラボを選択し、[適用]をクリックします
    3. [DVDドライブ]を選択してから、[イメージファイル]を選択します。
    4. [参照]をクリックして、IPFire ISOが保存されている場所に移動します。 ISOをダブルクリックします。 [OK]をクリックします。
  6. Lab Router VMを起動します。
    1. [スタート]、[接続]の順にクリックします。
  7. IPFireをインストールします。
    1. Enterキーを押して、インストールを開始します。注:このセクションの説明の前に、ウィンドウのタイトルが表示されます。
    2. 言語の選択:Enterキーを押して英語を受け入れます
    3. IPFire:Enterキーを押してインストールを開始します
    4. 使用許諾契約:Tabキーを押してライセンス同意ボックスに移動し、スペースバーを押して同意します。 TabキーとEnterキーを押して完了します。
    5. ディスクのセットアップ:Enterキーを押して、すべてのデータを受け入れて削除します
    6. ファイルシステムの選択:タブを押してEnterを押し、デフォルトを受け入れます。
    7. おめでとうございます:Enterキーを押して再起動します
  8. IPFire事前設定情報を構成します。
    1. IPFireの再起動中に、どのNICのMACアドレスが外部ラボのものであるかを判断する必要があります。
    2. ラボルーターが選択されたHyper-Vマネージャーで、[設定]をクリックします。
    3. ネットワークアダプターの外部アクセスの横にあるプラス(+)をクリックし、[拡張機能]をクリックしてアダプターのMACを表示します。
    4. このウィンドウを開いたままにするか、まもなく必要になるのでMACをメモしてください。
  9. IPFireを構成する
    1. キーボードマッピング:Enterキーを押してデフォルトのマッピングを選択します。
    2. タイムゾーン:正しいタイムゾーンを選択し、Enterキーを押します。ヒント:文字を押すと、そのセクションにジャンプします。米国太平洋地域(Pを押してPST8PDTへの矢印を押す)は、この方法ですばやく見つけることができます。
    3. ホスト名:Enterキーを2回押して、デフォルトのipfireを受け入れます。
    4. ドメイン名:Enterを2回押して、デフォルトを受け入れます。
    5. ルートパスワード:覚えやすいパスワードを入力し、確認フィールドにタブで移動し、もう一度タブで[OK]に移動します。 Enterキーを押します。ヒント:パスワードを入力するときに文字は表示されません。
    6. 管理者パスワード:覚えやすいパスワードを入力し、確認フィールドにタブで移動し、もう一度タブで[OK]に移動します。 Enterキーを押します。ヒント:パスワードを入力するときに文字は表示されません。追加のヒント:このラボでは、簡単にするために、これはrootアカウントと同じパスワードにすることができます。
    7. ネットワーク構成:ネットワーク構成タイプ:GREEN + REDはすでに選択されているはずです。
    8. 矢印キーを押してドライバーとカードの割り当てを選択し、Enterキーを押します
      1. 割り当てられたカード:緑:Enterキーを押して選択します。ヒント:GREENネットワークは社内ラボネットワークです。
        1. ステップ8.3のMACがないカードを選択します。矢印キーを使用して強調表示し、Enterキーを押します
      2. 割り当てられたカード:矢印キーを使用して赤を強調表示し、Enterキーを押します
        1. Enterキーを押して、残りのカードを選択します。
      3. 割り当てられたカード:Tabキーを押して移動し、[完了]を強調表示します。 Enterキーを押します
    9. 下矢印キーを使用してアドレス設定を選択し、Enterキーを押します
      1. アドレス設定:緑。 Enterキーを押して再構成します
        1. 警告:Enterキーを押してください。ヒント:リモートで接続されていないため、これは適用されません
        2. インターフェイスの緑:IPアドレス:172.16.1.1ネットワークマスク:255.255.255.0タブを押してフィールド間を移動し、完了したらEnterキーを押します
      2. アドレス設定:赤:Enterキーを押して再構成します。
        1. 下矢印キーでDHCPを選択し、スペースバーを押して選択します。 Tabキーを押して[OK]をクリックし、Enterキーを押します。ヒント:外部ネットワークは既存のネットワークDHCPサーバーを使用します
      3. アドレス設定:Tabキーを押して[完了]に移動し、Enterキーを押します。
    10. [完了]まで下矢印キーを押して、Enterキーを押します。ヒント:DNSとゲートウェイを設定する必要はありません。上記の9-2で選択したDHCPオプションは、REDネットワークに対してこれを自動入力します。
    11. DHCPサーバーの構成:WindowsServerでDHCPおよびDNSサービスを使用しますVM後で設定します。
      1. Tabキーを押して[OK]をクリックし、Enterキーを押して、IPFireDHCPサーバーを未構成のままにします。
    12. セットアップが完了しました:Enterキーを押します。 IPFireが再起動します。
    13. IPFire/LabルーターVMは実行を継続する必要があります。
    14. 必要に応じて、Lab Routerの設定ウィンドウを閉じます。
  10. NATを使用するVMについては、必ずInternalLabを選択してください。これにより、すべてのトラフィックがipFire VMを介してルーティングされます。接続するには、このVMを実行する必要があることに注意してください。

-フォーマットにエラーがある場合は、コメントしてください。スーパーユーザーの外部で作成した以前のドキュメントからこれをコピーしました-

ソース: https://smudj.wordpress.com/2019/03/18/the-poor-techs-hyper-v-lab-setup/

0
essjae