it-swarm-ja.com

Windows 10のログインが非常に遅い

現在、私のWindows 10インストール(Proエディション、ビルド10586.29)で、ログインの入力後に非常に遅いログイン(「死の黒い画面」で最大3分-カーソルが表示されますが、実際には何も起こりません)で問題が発生していますパスワード。さらに、Windowsシェルのロードには5分以上かかることがあります(タスクバーに表示するアイテム、ロードするショートカットアイコンなど)。

ブートプロセスに(procmonを介して)デバッガーを接続しようとしましたが、2つのレジストリルックアップの間に約3分のギャップがあることを除いて、まだ異常を見つけることができません。

https://i.imgur.com/1MDPvrb.png

これらすべては、atbrokerUserInitが始まる前に起こります(私はそう思います)。

このギャップの間に、多くのプロセス(具体的にはNVIDIAとELAN)が起動しますが、ハングの原因となるプロセスはありません。

これをデバッグする方法、何が原因であるか、そして(最も重要なことに)修正する方法については、私にはわかりません。誰かが私を助けてくれますか?


Winlogonのプロセスツリー:

https://i.imgur.com/LboMBll.png


編集:これは、コンピューターを最初に起動したときにのみ発生することに気付きました。以降のログオン/ログオフはすべて正常に機能します。

編集2:少しログデバッグを実行すると、ブートログに何かが見つかりました:


This application took longer than usual to start up, resulting in a performance degradation in the system startup process: 
     File Name          :   MsMpEng.exe
     Friendly Name      :   Antimalware Service Executable
     Version            :   4.9.10586.0 (th2_release.151029-1700)
     Total Time         :   48205ms
     Degradation Time   :   45705ms
     Incident Time (UTC):   ‎2015‎-‎12‎-‎13T05:50:13.777810900Z

これは、Windows Defenderに問題があることを示しています(ここでも)。それで?

編集3:また、キーボードとマウスが原因でRazer Synapseを使用しています 数人の人がいる 確認実際に起動が遅いこと。それはどうにかして(できればSynapseをアンインストールせずに)修正できますか?

5
Kaz Wolfe

遅いログオンのトラブルシューティングにはxperf を使用する必要があります。

  1. インストール [〜#〜] wpt [〜#〜]
  2. 管理者アカウントへのログオン
  3. cmd.exeを開き、次のコマンドを実行します。

xperf -on base + latency + dispatcher + NetworkTrace + Registry + FileIO -stackWalk CSwitch + ReadyThread + ThreadCreate + Profile -BufferSize 1024 -start UserTrace -on "Microsoft-Windows-Shell-Core + Microsoft-Windows-Wininit + Microsoft-Windows-フォルダーリダイレクト+ Microsoft-Windows-User Profiles Service + Microsoft-Windows-GroupPolicy + Microsoft-Windows-Winlogon + Microsoft-Windows-Security-Kerberos + Microsoft-Windows-User Profiles General + e5ba83f6-07d0-46b1-8bc7-7e669a1d31dc + 63b530f8 -29c9-4880-a5b4-b8179096e7b8 + 2f07e2ee-15db-40f1-90ef-9d7ba282188a "-BufferSize 1024 -MinBuffers 64 -MaxBuffers 128 -MaxFile 1024

  1. CTRL + ALT + DELを押してから、ユーザーを切り替えます。
  2. 問題を再現するために、遅いユーザーログオンが発生しているユーザーアカウントでログオンします。
  3. 遅いアカウントで、管理者/管理者コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

xperf -stop -stop UserTrace -d merged.etl

  1. merged.etl in WPA.exe で、Generic Eventsで一致するStart/Stop Opcodesがあるイベントを探し、どのイベントの継続時間が長いかを確認します。

ヘルプが必要な場合は、merged.etl 7z/RAR(サイズを縮小するため)として共有します(OneDrive、dropbox、googleドライブ)。

2
magicandre1981