it-swarm-ja.com

Windows 10 HomeのSpotlightロック画面から「楽しい」事実を削除する(1803)

更新: ロック画面で「電話をリンクする」リンクを無効にする方法 で提案されたすべての解決策を試しましたが、Windows 10 Home(バージョン1803)では機能しません。したがって、これはおそらく重複した質問ではありません。

私はロック画面のSpotlightが好きです。そして、1803の更新により、新しい画像をより頻繁に取得するようになりました。しかし、同じ更新により、いくつかの新しい「楽しい」ファクトが追加され、画像がめちゃくちゃになりました。

これらの事実を削除できますか?

Spotlightのロック画面設定では、これらを削除するオプションはありません。

ロック画面の画像設定に切り替えて設定を無効にすることもできましたが、それでも解決しません。

既にインターネットを検索しており、グループポリシー設定を使用するように言われていますが、Windows 10 Homeエディションでは使用できません。

これを行うことはできますか、それとも「楽しい」事実を受け入れなければなりませんか?

更新:グループポリシーエディターをインストールし、提案されたオプションを有効にしました。

enter image description here

しかし、再起動した後でも、ロック画面に事実が表示されています。

23
Marc

過去1〜2年のある時点で、Windows Spotlightオプションに切り替えたときに、[Get fun facts]チェックボックスが無効になったようです。

私は2台のWindows 10マシンを使用しており、どちらもビルド1803です。どちらもロック画面でWindows Spotlightを使用するように設定されていますが、古いマシンではヒントと広告が表示されず、新しいマシンでは表示されません。これは私を夢中にさせていたので、それを掘り下げることに決めました、そして私は答えを探している間にこの質問を見つけました。

Windows 10の「サブスクライブされたコンテンツ」に関連するいくつかの非GPOレジストリ設定があり、これらの1つがロック画面のヒントを制御しているように見えます。キーの下:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ContentDeliveryManager

DWORD値ContentDeliveryAllowed1に設定します。
DWORD値RotatingLockScreenEnabled1に設定します。
DWORD値RotatingLockScreenOverlayEnabled0に設定します。
DWORD値SubscribedContent-338387Enabled0に設定します。

これが機能する理由:

ContentDeliveryAllowedは、動的コンテンツを機能させるために有効にする必要があり、ポリシーで無効にしない限り、デフォルトで有効にする必要があります。 RotatingLockScreenEnabledは、静的な背景画像の代わりに動的な背景画像を有効にします。 RotatingLockScreenOverlayEnabledは、設定アプリの[Get fun facts]オプションであり、0に設定すると無効になります。

SubscribedContentの各値は、スタートメニュー、タスクバー、通知領域など、Windows UIの異なる部分を制御しているように見え、338387は、ロック画面。

16
Nick

広告を常に削除しているように見えるが、スポットライト画像を引き続き回転させる唯一の方法は、安全なサインインを有効にすることです。これにより、ctrl + alt + delを押してサインイン画面に移動する必要があります。

サインインに追加のキーストロークを要求するのは面倒ですが、広告を取り除くのは価値があります。

安全なサインインを有効にするには、gpedit.mscからグループポリシーエディターを開き、以下を探します。

ローカルコンピュータポリシー|コンピューター構成| Windows設定|セキュリティ設定|ローカルポリシー|セキュリティオプション|インタラクティブログイン:CTRL + ALT + DELは不要

その値をDisabledに設定します。その後、再起動します。

2
James L.