it-swarm-ja.com

WSL:QTアプリケーションの起動に失敗する

Windows 10 v1903のWSLを介してUbuntu(18.04)で単純なQTクイックアプリケーション( Ruby-Qml を使用しますが、これは問題ではないと思います)をコンパイルしましたが、-で起動すると次のエラーが発生します Xming

QStandardPaths: XDG_RUNTIME_DIR not set, defaulting to '/tmp/runtime-xxxx'
failed to get the current screen resources
WARNING: Application calling GLX 1.3 function "glXCreatePbuffer" when GLX 1.3 is not supported!  This is an application bug!
QGLXContext: Failed to create dummy context

これを解決する方法はありますか?

1

Windows 10 v1903のWSLを介してUbuntu(18.04)で単純なQT Quickアプリケーション(Ruby-Qmlを使用しますが、これは問題ではないと思います)をコンパイルしましたが、Xmingで起動すると次のエラーが発生します。

これを解決する方法についてのアイデアはありますか?

WSLの元のバージョンは、グラフィカルUIを使用してアプリケーションを実行するようには設計されていません。たとえばXmingを使用してインスタンスにリモート処理することでこれを回避する方法はありますが、これらのソリューションは、必ずしも見つけたとおりに機能するとは限りません。

最も簡単な解決策は、WSL 2インスタンスに移行することです。Windows10バージョン1909は、実際のLinuxカーネルを実行するWSL2をサポートする最初のバージョンです。

最も簡単な解決策は、Windows 10バージョン1903への累積的な更新と見なされるため、Windows 10バージョン1909にアップグレードすることです。これは、Windows10バージョン1903と同じくらい安定している必要があります。

はい。Windows10バージョン1909は機能の更新ですが、Windows 10バージョン1903と同じビルド(1ずつインクリメントされる場合を除く)を実行しています。

1
Ramhound

まだWindows10 v1903を使用している場合:

1