it-swarm-ja.com

「安全に取り外し」後にドライブをオフにしますか?

重複の可能性:
Windows 7でイジェクトした後、USBハードドライブの電源が正常にオフにならない

「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックして外付けハードドライブを切断すると、Windows XPはドライブのキャッシュをフラッシュし、はそれをオフにします。

一方、Windows 7はキャッシュをフラッシュするだけで、ドライブの電源はオフにしません。

Windows7をWindowsXPのように動作させるにはどうすればよいですか?

6
user541686

Windows XPでは、「安全に削除」機能により、関連するUSB​​ポートの電源が完全にオフになります。 (デバイスがセルフパワーの場合、その動作は、上記のコメントに応じて、デバイス自体に依存します。)

Windows Vista以降では、この機能は意図的に削除されています。

Microsoftサポート: ハードウェアの安全な取り外し機能は、Windows VistaのUSBデバイスへの電力供給を停止しません

原因:ハードウェアの安全な取り外し機能は、WindowsVistaのUSBデバイスへの電力供給を停止しません。設計上、デバイスがソフト取り外しされたときに、デバイスが接続されているポートはWindowsVistaで中断されません。

これは、デバイスごとに、またはグローバルに有効にする方法です。

Microsoftサポート: SBポートは無効または安全に取り外されたUSBデバイスに対してアクティブなままです

解決策:この問題を回避するには、レジストリ値を設定して、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、およびWindows Server 2008R2を次のようにします。ソフト削除されたUSBデバイスが接続されているUSBハブポートを無効にするWindows XPおよびWindowsServer 2003の動作に戻ります。この回避策は、デバイスごとに適用できます(すべてのインスタンスに)特定のデバイス(ベンダーID、製品ID、およびリビジョン)、またはグローバル(列挙されたすべてのUSBデバイスの場合)。

[...]

グローバル設定

列挙されたすべてのUSBデバイスに回避策をグローバルに適用するには、値がREG_DWORDであるDisableOnSoftRemoveという名前の1値を次のレジストリサブキーに追加します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\usbhub\HubG

次のコマンドを使用して、グローバル設定値を追加します。

reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\usbhub\HubG /v DisableOnSoftRemove /t REG_DWORD /d 1 /f
11
user1686

これをFirewireドライブとeSATAドライブ(同じドライブですが、これら2つの異なるコネクタを使用)でテストしました。Seagateドライブの動作は、ドライブをマウント解除するだけで、外部ドライブがデータケーブルにあるかのように動作します。切断されました— HDDのライトが暗くなり始め、その後オフになります。

ただし、ドライブ自体は、(回転、音、ライトがない)ように見えても、実際にはオフになりません。これは、Windowsの標準的な再マウント手順(Firewire/eSATAケーブルの切断と再接続)でドライブを再マウントできるようにするためです。

Macでの手順は少し違うと思います。ソフトウェアに再マウントするだけです。 (デバイスマネージャーでUSB/FireWire/SATAデバイスを無効/再度有効にすることで、Windows 7でも同じことができると思いますが、それはちょっと面倒です。)しかし、これもドライブがシャットオフされないようにする必要があります。ディスクを取り出すとき。

ちなみに、私のような多くの外付けHDDには電源スイッチがありません。実際に電源を切る唯一の方法は、電源ケーブルを外すことです。そして、それをオンにする方法は、単に電源ケーブルを差し込むことです。そうでなければ、HDDはただスタンバイまたはスリープモードになります。

1
Lèse majesté