it-swarm-ja.com

コンテキストメニューに[新しいテキストドキュメントを作成]オプションがありません

右クリックしたときに、Windows 7(x64 Ultimate)のコンテキストメニューに[新しいテキストドキュメントを作成]オプションがないことに気づきました。どのように、またはいつ消えたのかはわかりませんが、ポイントはなくなっています。

同じ問題のある人をGoogleで検索した後、 このガイド の投稿をフォローしてみました。

しかし、レジストリの.txtの下にHKEY_CLASSES_ROOTキーがないため、すぐに行き詰まりました。 .textのみが表示されますが、同じかどうかはわかりません。

32
Matt

私はWindows 7を実行している別のPCにアクセスしました。私はこのマシンのレジストリをのぞいて、入力されたものを正確にコピーしました。これにより、デスクトップのコンテキストメニューが壊れて問題が解決しました。

上記のすべての指示に従って、必要な.txtキー内の2つの文字列はContent TypePerceivedTypeでした。

要約すると、同様の問題が発生している場合は、この問題を解決するために私が行った操作を次に示します。うまくいけば、それもあなたのために機能します。

(最初にレジストリをバックアップします。)

  1. regedit.exeを開く
  2. HKEY_CLASSES_ROOTを展開し、.txtキーを探します。存在しない場合は作成します。
  3. .txtキー内に、2つの新しい文字列Content TypePerceivedTypeを作成します。
  4. (右クリック)変更...で、Defaultの値はtxtfileになります。
  5. (右クリック)変更...で、Content Typeの値はtext/plainである必要があります。
  6. (右クリック)変更...で、PerceivedTypeの値はtextになります。
  7. .txtキー内にShellNewという名前の新しいキーを作成します。
  8. ShellNewキー内に、NullFileという名前の新しい文字列を作成します。
  9. ShellNewキー内に、ItemNameという名前の新しいExpandable String Valueを作成します。
  10. (右クリック)変更...そしてItemNameの値は@%SystemRoot%\system32\notepad.exe,-470である必要があります

以下は、最終的な結果のスクリーンショットです。

Enter image description here

Enter image description here

35
Matt

.reg拡張子の付いた新しいファイルを作成し、コピー、貼り付け、保存して実行します。

Windows Registry Editor Version 5.00

; clear the key
[-HKEY_CLASSES_ROOT\.txt]

; and recreate
[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt]
"PerceivedType"="text"
@="txtfile"
"Content Type"="text/plain"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\ShellNew]
; @C:\Windows\system32\notepad.exe,-470
"ItemName"=hex(2):40,00,43,00,3a,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,\
  73,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,6e,00,6f,\
  00,74,00,65,00,70,00,61,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,2c,00,2d,00,34,00,\
  37,00,30,00,00,00
"NullFile"=""
21
rindeal
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\.txt]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt]
"PerceivedType"="text"
@="txtfile"
"Content Type"="text/plain"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\PersistentHandler]
@="{5e941d80-bf96-11cd-b579-08002b30bfeb}"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\ShellNew]
"ItemName"=hex(2):40,00,25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,\
  6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,\
  00,6e,00,6f,00,74,00,65,00,70,00,61,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,2c,00,\
  2d,00,34,00,37,00,30,00,00,00
"NullFile"=""

[-HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile]

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile]
"EditFlags"=dword:00010000
@="Text Document"
"FriendlyTypeName"=hex(2):40,00,25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,\
  00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,\
  32,00,5c,00,6e,00,6f,00,74,00,65,00,70,00,61,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,\
  00,2c,00,2d,00,34,00,36,00,39,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\DefaultIcon]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,69,00,6d,00,\
  61,00,67,00,65,00,72,00,65,00,73,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,00,2c,00,2d,00,31,\
  00,30,00,32,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell]

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell\open]

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell\open\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell\print]

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell\print\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,2f,00,70,00,20,\
  00,25,00,31,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell\printto]

[HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\Shell\printto\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,6e,00,6f,00,\
  74,00,65,00,70,00,61,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,2f,00,70,00,74,\
  00,20,00,22,00,25,00,31,00,22,00,20,00,22,00,25,00,32,00,22,00,20,00,22,00,\
  25,00,33,00,22,00,20,00,22,00,25,00,34,00,22,00,00,00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\.txt]

[HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\.txt]
"PerceivedType"="document"

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.txt]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.txt]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.txt\OpenWithList]
"a"="NOTEPAD.EXE"
"MRUList"="a"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.txt\OpenWithProgids]
"txtfile"=hex(0):
4
DASH REZA

自分で.txtキーを追加し、次の文字列値が存在することを確認してください。

HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\ShellNew\NullFile

シェルはこれを使用して、「新規」メニューに配置するアイテムを決定します。

enter image description here

Microsoftには、これに関するKB記事があります: http://support.Microsoft.com/kb/1403

新しいタイプを追加する(または壊れたタイプを修正する)場合、使用するテキストを指定するために別のエントリを追加する必要がある場合があります。 HKCR.txtのデフォルトのエントリは「txtfile」である必要があります。次に、デフォルトのエントリが「テキストドキュメント」のようなHKCR\txtfileエントリがあることを確認します。

enter image description here

エクスプローラーのすべてのインスタンスを閉じます(理想的には再起動します)。

3
snowdude

Microsoftのアップデートにより、権限が変更されることがあり、それによってコンテキスト機能のACLが強制終了されます。これらすべての年の後で、それはまだ私たちの一部に起こります。

  • Desktop-> mouse 2 -> Newに移動
  • 設定されたコンテキストメニューが表示されます。

そうでない場合は、以前の投稿を参照し、レジストリを確認/修正してください(すばらしい!)。
「はい」の場合、フォルダ内ではない場合、

  • documents-> Mouse 2 -> Newに移動
  • フォルダーが唯一の選択肢である場合は、除外されています。これを修正するには、ドキュメントで「新しいフォルダ」を作成し、それを開いて、そのフォルダ内の空白スペースMouse 2 -> Properties-> Security(タブ)-> <user name> -> Permissions for <user name> -> Allow(自分用に「フルコントロール」をお勧めします)-> Apply

再起動する必要はありませんでした。私はこれを職場のITに精通したマニアックから得ました。これがあなたにも役立つことを願っています。

2
AshleyHaadt

これと同じ問題があり、すべてのレジストリキーは正しいように見えましたが、新しいテキストドキュメントのオプションが頑固に表示されませんでした。

alsoの後に、empty.txtという名前の空のテキストファイルをマシンの\Windows\ShellNewフォルダーに追加した後にのみ、オプションが表示されました。 (名前の「空の」部分は関係がないように見えます-Windowsはレジストリでファイルタイプのわかりやすい名前を検索します。ただし、拡張子は重要です。)

なぜ/どのように/いつファイルが消えたのか、またはある時点でファイルがまだ存在していなかった場合に必要になったとき、私に尋ねないでください。しかし、その最後のステップは、私の場合、物事がうまくいくようにしたものです。

1
cHao

1. HKEY_CLASSES_ROOTをクリックし、regedit.exeで.txtを探します

2.次のコードをエクスポートして(コピーをバックアップとして保持)、コピーして貼り付けます。

3.最後に.txtとしてインポートします。それでおしまい。 Windows 10で動作します。

//クレジットはblackout1000に送られます http://www.cnet.com/forums/discussions/no-new-text-document-thru-right-mouse-click-menu-52234/

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt]
"Content Type"="text/plain"
@="txtfile"
"PerceivedType"="text"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\OpenWithList]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\PersistentHandler]
@="{5e941d80-bf96-11cd-b579-08002b30bfeb}"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\Shell]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\Shell\open]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\Shell\open\command]
@="notepad.exe %1"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\ShellNew]
"NullFile"=""
1
Theva

同じ問題ですが、すべてのキーに正しい値がありました。 ItemNameの値を

C:\apps\Notepad++\notepad++.exe,-470

(つまり、Notepad ++がインストールされているパスを使用します)。他のすべてのエントリは「新規」サブメニューに戻りました。

0
Thomas Materna

同じ問題があり、Notepad ++のインストール後に発生しました。言及された解決策のどれも私のためにこの問題を解決しませんでしたが、レジストリに以下を追加したときにそれを機能させることができました:

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file]
@="Notepad++ Document"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\DefaultIcon]
@="\"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell]
@="open"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell\Edit]
@="&Edit"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell\Edit\command]
@="\"C:\\Program Files (x86)\\Microsoft Office\\Office16\\msohtmed.exe\" %1"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell\open]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell\open\command]
@="\"C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\OFFICE16\\MSOXMLED.EXE\" /verb open \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell\Print]
@="&Print"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\Shell\Print\command]
@="\"C:\\Program Files (x86)\\Microsoft Office\\Office16\\msohtmed.exe\" /p %1"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\ShellEx]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Notepad++_file\ShellEx\IconHandler]
@="{42042206-2D85-11D3-8CFF-005004838597}"
0

Janの答えは最も完全で正確ですが、ユーザーHightowerが述べたように、Windowsは「新規」右クリックメニューに表示できる項目の数を制限しています。

すでにいくつかのオプションがある場合...すでにそこにあるものをいくつか削除します。 Word、Excel、Visioのドキュメントのオプションを削除するとすぐに、テキストドキュメントオプションが表示されます。

0
David L.

これが正しいバージョンです:

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt]
@="txtfile"
"Content Type"="text/plain"
"PerceivedType"="text"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\OpenWithList]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\OpenWithList\notepad.exe]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\PersistentHandler]
@="{5e941d80-bf96-11cd-b579-08002b30bfeb}"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.txt\ShellNew]
"NullFile"=""
0
Kerry K.

私はwindows10を使用しています。私はこのように解決しました

  1. HKEY_CLASSES_ROOTをクリックし、regedit.exeで.txtを探します
  2. .txtを検索
  3. 新規->キー。キー名はShellExです

enter image description here

0
Jason Shin