it-swarm-ja.com

日本語のテキストを含むメールを表示すると、Outlook2010がクラッシュする

本文に日本語のテキストが含まれるメールを表示しようとすると、Outlook 2010(32ビット)クライアントがクラッシュするユーザーがいます。閲覧ウィンドウを使用するときと、閲覧ウィンドウなしでメッセージを開こうとすると、クライアントがクラッシュします。ユーザーは64ビットのWindows7Professionalを実行しています。

これは、最初にアプリケーションログに表示されたものです。

障害のあるアプリケーション名:Outlook.EXE、バージョン:14.0.6126.5003、タイムスタンプ:0x505b1685

障害のあるモジュール名:riched20.dll、バージョン:14.0.6015.1000、タイムスタンプ:0x4d1933c2

例外コード:0xc0000005

障害オフセット:0x0001dcc0

障害のあるプロセスID:0xecc

障害のあるアプリケーションの開始時間:0x01cdc6f530bbbd29

障害のあるアプリケーションパス:C:\ PROGRA〜2\MIF5BA〜1\Office14\Outlook.EXE

障害のあるモジュールパス:C:\ Program Files(x86)\ Common Files\Microsoft Shared\office14\riched20.dll

レポートID:12c33f72-32f2-11e2-ad30-f0def1549eda

そこで、riched20.dllの名前を変更し、Officeを修復しました。置き換えられましたが、各クラッシュのログエントリは次のようになります。

障害のあるアプリケーション名:Outlook.EXE、バージョン:14.0.6126.5003、タイムスタンプ:0x505b1685

障害のあるモジュール名:不明、バージョン:0.0.0.0、タイムスタンプ:0x00000000

例外コード:0xc000041d

障害オフセット:0x745f4c4f

障害のあるプロセスID:0x17b8

障害のあるアプリケーションの開始時間:0x01cdc795daf5b339

障害のあるアプリケーションパス:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office\Office14\Outlook.EXE

障害のあるモジュールパス:不明

レポートID:abc57e29-3389-11e2-86b6-f0def1549eda

私はもう試した:

  • 再起動(もちろん)
  • 修理事務所
  • Officeの削除と再インストール
  • Outlookをセーフモードで実行する
  • ウイルス対策クライアントを一時的に削除する

今のところ運がない。何か案は?

2
Seyren

RichEd20.DLL は、Outlook内でリッチテキスト編集を可能にするライブラリです。例外コード0xc000041d(ユーザーコールバックで未処理の例外、おそらくnullポインター例外)に基づいて、おそらく新しいライブラリを正しくリンクしなかったために、修復が見事に失敗したと言っても過言ではありません。

最初の例外0xc0000005は、ライブラリ内のアクセス違反です。これにより、OutlookだけでなくOS自体の言語表示サポートが破損している可能性があると思います。もちろん、マシンを再イメージングすることでこれを解決できます...別の方法は、マシンを「だまして」、その言語表示設定を再初期化することです locale

余談ですが、これがWindows内でネイティブにサポートされていない文字セットを思いついた場合、Language Interface Packまたは [〜#〜] lip [〜#〜] を再インストールすると解決する可能性があります。同様に発行します。

4
Foosh