it-swarm-ja.com

MSEの更新が失敗し、警告またはエラーメッセージが表示されない

私はWindows7 Ultimate、32ビットを実行しています。

過去数日間、MSEは更新に失敗せず、バージョン1.75.119のままになります

エラーログやイベントログがどこかに作成されていると思いますが、どこにあるのかわかりません。

「接続に失敗しました」とだけ表示されます。自宅、職場、友人の場所で試しましたが、うまくいきませんでした。コンピュータを何度も再起動し、一般的にMicrosoft Updateをチェックしましたが、何も表示されません。

編集:私は本当にもう何をすべきかわからないので、私はこれのために報奨金を開きました。

ここでの最も古い回答(長い投稿)は機能しませんでした。

この問題に加えて、MSIインストーラーの使用にも問題があります。多くのマップにSYSTEMグループを追加して完全に制御する必要がありましたが、SYSTEMはすでに存在しているべきではありませんか?

また、ProgramDataフォルダーとUsersフォルダーから「読み取り専用」属性を削除し、そこにもSYSTEMグループを追加して、完全に制御できるようにする必要がありました。そうして初めてMSIのインストールが機能し、それでも、デスクトップにショートカットを作成する権限がないと表示されます。何を変更する必要があるのか​​、どこに変更する必要があるのか​​わかりません。

MSEがどのように更新されるかわからないので、これを言っていますが、MSIファイルを使用して更新する場合は、それで説明できるかもしれません。

SYSTEMグループは追加されたままですが、読み取り専用属性を削除するたびに、[OK]をクリックして設定を再度確認すると、読み取り専用は引き続きアクティブです...

知っているのはそれだけ。

スクリーンショット、これらの更新はすべて手動で行われました。

enter image description here

4
KdgDev

ばかげているように聞こえるかもしれませんが、コンピュータのウイルスをチェックしましたか?

4
lorenzog

約2週間前にこの問題に遭遇しました。原因はわかりませんが、解決策は、最新の更新を手動でダウンロードして使用することでした。

ここにガイドがあります それを行うための、そして X86版 および X64版 への直接リンク。

これがお役に立てば幸いです-そうでない場合は、言ってください。私はいくつかの情報を掘り下げて、さらにあなたを助けます。

3
William Hilsum

数日前にすべて正常に機能していた場合、最初に試すのはシステムの復元です。これにより、MSIインストーラーで発生している問題も解決される場合があります。

システムの復元でMSEの問題が修正されないが、MSIの問題は修正される場合は、MSEを最初からアンインストールして再インストールしてみてください。


Microsoftによると、奇妙なパーミッションの問題に関して フォーラム 以下のコマンドを使用して、システムフォルダとファイルのパーミッションをリセットできます。

secedit /configure /cfg %windir%\inf\defltbase.inf /db defltbase.sdb /verbose

詳細については、Microsoftの ナレッジベース を参照してください(マニュアルの説明はWindows 7にも関連しています)。

1
Kez

簡単な解決策があります。C:\ Windows\Tempフォルダーを作成します。どういうわけか、一部のインストールでは、Tempフォルダーがありません。理由はわかりません。ただし、C:\ Windowsに移動し、Tempという名前の新しいフォルダーを作成してから、更新を再試行すると、機能します。これについては、 私のブログ でもう少し詳しく書きました。

0
Ricket

複数のアンチウイルスプログラム(MSE、Avast!、AVG?)を実行している場合、これらのプログラムの1つ以上が正しく機能しなくても、それほど驚かないでください。

複数のウイルス対策プログラムを使用する唯一の方法は、リアルタイムの保護、自己防衛を無効にし、悪意のあるソフトウェアをスキャンする目的でのみこれらのプログラムを使用することです。

したがって、3つのアンチウイルスプログラムがある場合、実際にはそれらはすべてバックグラウンドで実行されます。あるアンチウイルスが他のアンチウイルスのウイルス保管庫をスキャンすると、ファイルにウイルスがいっぱいあるように見え、ファイルを削除しようとして誤動作を開始し、コンピュータに損傷を与え、保存されたデータも消去される可能性があります。また、コンピュータがランダムにロックアップする可能性もあります。

すべて削除 3つのプログラムを適切に(たとえば、優れたAppRemoverを使用すると、システム上のセキュリティアプリケーションが完全に検出されてアンインストールされます)、次にインストール1つのアプリケーション最も信頼できる。

0
Molly7244

ここに あなたの問題を解決するかもしれないMydigitallifeからのいくつかのステップ

Microsoftがウイルスとスパイウェアの定義を自動更新できないエラーを修正してパッチを適用するのを待っている間に、Microsoft Security Essentialsが必要に応じて自動的に更新されるようにするために、ユーザーが問題に遭遇した場合のいくつかの手順を次に示します。

-自動更新サービス(wuauserv)とバックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)が実行されていることを確認します

Microsoft Security Essentialsは、クライアントと定義の両方の更新を実行するためにクライアントプログラムに依存しますが、それでも自動更新サービス(wuauserv)のパイプと、直接、更新を実行するためのバックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)に依存します。したがって、wuauservとBITSが実行されていることを確認してください([コントロールパネル]-> [管理者ツール]-> [サービス]を使用)。そうでない場合、MSEは更新されません。

-Microsoft Security Essentialsを手動で更新します

Microsoft Security Essentialsは、強制的に更新するか、手動で更新することができます。これを行うには、Microsoft Security Essentialユーザーインターフェイスを開き、[更新]タブに移動し、[更新]ボタンをクリックして更新を確認します。

enter image description here

手動更新により、ユーザーはMSEの更新メカニズムに根本的な問題があるかどうか、または自動更新だけでタスクの実行に失敗するかどうかを知ることができます。

-スケジュールスキャンを実行する前に、MSEに新しい定義の更新を強制的にチェックさせます

これは、Microsoft Security Essentialsがウイルスとスパイウェアの定義を自動的にチェックおよび更新しない、または失敗するシステムの回避策です。秘訣は、システムで自動スキャンをスケジュールし、スキャンプロセスを開始する前にMicrosoft SecurityEssentialsに新しい署名の更新を確認させることです。これを行うには、Microsoft Security Essentialsユーザーインターフェイスを開き、[設定]タブに移動して、[スケジュールスキャン]オプションを選択します。

スケジュールスキャンが有効になっていることを確認し([コンピューターでスケジュールスキャンを実行する(推奨)]チェックボックスがオンになっている)、スケジュールスキャンオプションを実行する前に[最新のウイルスとスパイウェアの定義を確認する]チェックボックスをオンにします。スケジュールスキャンが常に実行されるように、コンピューターの電源が入っているが使用されていないときにのみスケジュールスキャンを開始するチェックボックスをオフにして、チェックボックスをオフにします。

enter image description here

-最新のMicrosoft Security Essentials定義の更新を手動でダウンロードしてインストールします

マイクロソフトは、フルエンジンと定義パッケージの最新バージョンを Microsoft Malware Protection Center から入手できるようにしています。ユーザーはパッケージを無料でダウンロードして、MSEを実行しているPC、特にインターネットに接続されていないコンピューターに適用できます。

-Microsoft Security Essentialsウイルスおよびスパイウェア定義の署名更新間隔を増やす

ほとんどのコンピューターは毎日24時間実行されたままになっておらず、Microsoft Security Essentialsがウイルスおよびスパイウェア定義データベースを更新しないため、MSEのデフォルトの24時間署名更新間隔が長すぎることが判明する場合があります。コンピュータを危険にさらします。

簡単なレジストリハックで、Microsoft Security Essentialsは、更新を1日1回以上チェックするように指示できます(デフォルトは24時間ごと– 1日1回)。以下のガイドに従ってレジストリキーを変更し、MSEがウイルスとスパイウェアの定義のシグネチャデータベースを数時間ごとにチェックおよび更新できるようにします。プロセスをより頻繁に実行および更新する機能により、MSEが定義データベースを自動的に更新しない場合の問題も解決できます。

ガイドに従ってレジストリを微調整し、Microsoft SecurityEssentialsの署名の更新間隔を変更します。

  • レジストリエディタ(RegEdit)を実行します。
  • 次のレジストリキーに移動します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Microsoft Antimalware/Signature Updates
    
  • 右側のペインで、所有権を取得し、レジストリキー(SignatureUpdateIntervalという名前のREG_DWORD値)に対するフルコントロールのアクセス許可を付与します。

  • SignatureUpdateIntervalをダブルクリックします。デフォルトでは、その値は24(10進数)または18(16進数)です。その値を10進数で1から24(両方を含む)までの任意の数値に変更します。

    数値は、Microsoft Security Essentialsが更新をチェックし、ウイルスとスパイウェアの定義を更新する頻度と速度(時間単位)を決定します。

  • コンピューターを再起動します。

0
Ivo Flipse