it-swarm-ja.com

USBフラッシュドライブに起動可能なMemtest86 +を作成する方法

通常、これは問題にはなりません。しかし、通常は常にそうです。 Memtest86 + website は、USBフラッシュドライブをフォーマットし、Memtest86 +バイナリをコピーして起動可能にする特別に準備されたEXE自動インストーラーファイルをホストします。

a

これはZipファイルとしてパックされており、Windows 7で動作するはずです。実行するファイルの名前はMemtest86+ USB Installer.exeしかし、今日は運が悪い。ドロップダウンメニューからUSBフラッシュドライブを選択できないからです。メニューに選択可能なアイテムが表示されていません。

b

Windows 7でバージョン5.01と4.20を試したところ、同じ結果が得られました。 USBフラッシュドライブを選択できません。フラッシュドライブは、サンディスクの4 GBクルーザーブレードで、包装を解かれたばかりの新品です。エクスプローラー内でFAT32を使用してフォーマットし、SanDiskが追加したソフトウェアを削除しました。また、ドライバーを確実にロードするためにWindowsを再起動しました。フラッシュドライブを使用してファイルを簡単にやり取りできますが、Memtest86 +準備ツールには表示されません。

バージョン5.01用にコンパイル済みの起動可能なバイナリをダウンロードして、Linuxペンドライブを使用してUSBフラッシュドライブを準備しようとしました。このツールの内部(Universal-USB-Installer-1.9.5.2.exe)「一覧にないLinux ISOを試す」を選択しました。ここでも同じ問題が発生しました。 USBフラッシュドライブが表示されない。

c

しかしながら!このツール内で、「すべてのドライブを表示」を選択できます。そうすれば、USBフラッシュドライブを選択して[作成]ボタンをクリックできます。

d

作業を開始しますが、エラーを返します。一部のファイルはUSBフラッシュドライブにコピーされます。

e

これを機能させるために、男性は他に何ができますか?


ログは常にいいです...

Closing All Open Explorer Windows
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\fat32format.exe... 100%
Formatting G: as Fat32
Warning ALL data on drive 'G' will be lost irretrievably, are you sure
(y/n) :Size : 4GB 7821280 sectors
512 Bytes Per Sector, Cluster size 2048 bytes
Volume ID is 13f8:1e63
32 Reserved Sectors, 15217 Sectors per FAT, 2 fats
1947703 Total clusters
1947702 Free Clusters
Formatting drive G:...
Clearing out 30470 sectors for Reserved sectors, fats and root cluster...
Wrote 15600640 bytes in 6.45 seconds, 2.31 Megabytes/sec
Initialising reserved sectors and FATs...
Done
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\syslinux.exe... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\syslinux.cfg... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\7zG.exe... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\7z.dll... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\chain.c32... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\menu.c32... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\vesamenu.c32... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\mbrid
Create folder: G:\uui
Copy to G:\uui\syslinux.cfg
Executing syslinux on G:
Execute: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\syslinux.exe -maf -d /uui G:
Syslinux Errors 0
Creating Label UUI on G:
Extracting the iso: The progress bar will not move until finished. Please be patient...
Execute: "C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\7zG.exe" x "C:\Users\support24\Downloads\memtest86+-5.01.iso\memtest86+-5.01.iso" -o"G:\" -y -x![BOOT]*
Editing Configuration Files
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\Uni-USB-Installer-Copying.txt... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\Uni-USB-Installer-Readme.txt... 100%
Extract: C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\license.txt... 100%
C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\Uni-USB-Installer-Copying.txt -> G:\Uni-USB-Installer-Copying.txt
1 File(s) copied
C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\Uni-USB-Installer-Readme.txt -> G:\Uni-USB-Installer-Readme.txt
1 File(s) copied
C:\Users\SUPPOR~1\AppData\Local\Temp\nskE617.tmp\license.txt -> G:\license.txt
1 File(s) copied
Checking if we need to replace vesamenu.c32, menu.c32, and chain.c32
Installation Done, Process is Complete!
13
Samir

Memtest86 +をスキップ! Memtest86にアクセスしてください!走れ!できた!

著者のウェブサイトによると、私は私に尋ねられたことを行いました。しかし、とにかくうまくいきませんでした。だから私がやったことは、別のMemtest 86プログラムを使用したことです。オリジナルのMemtest86ライン。バージョン5(新しいフリーソフトウェアライセンス)になり、PassMarkが所有しています。それを使用してUFDを起動可能にするのは簡単でした。 ABCと同じくらい簡単です。

  1. Memtest86.com に移動します。
  2. リンクをクリックします "ブート可能なUSBドライブを作成するためのイメージ" 。これによりファイルがダウンロードされますhttp://www.memtest86.com/downloads/memtest86-usb.Zip for Windows。
  3. Zipファイルを解凍します。
  4. imageUSB.exeファイルを作成し、画面の指示に従ってください。

これは、BIOSシステムとUEFI BIOSシステムの両方で機能します。 UEFIシステムでは、マウスポインターを使用してナビゲートすることもできます。

画面

abcdef

ログ

12:38:47:845 - PassMark Software - imageUSB v1.1.1013
12:38:47:845 - Getting list of available removable USB drives...
12:38:47:845 - Inspecting Drive C:\...
12:38:47:845 - Inspecting Drive D:\...
12:38:47:845 - Inspecting Drive E:\...
12:38:47:861 - Inspecting Drive F:\...
12:38:47:861 - Inspecting Drive G:\...
12:38:47:861 - Ready...
12:39:56:377 - Drive G:\ added to queue.
12:39:56:392 - Note: Disk image was not created with imageUSB previously.
     Image file does not contain a valid checksum. Verification will be calculated from source image.
12:39:56:423 - Writing image C:\Users\support24\Downloads\memtest86-usb\memtest86-usb.img to G:\ (drive 1)
12:40:57:155 - Drive G:\ write completed.
12:40:57:623 - Verifying written image on Drive G:\
12:41:08:373 - Drive G:\ checksum completed.
12:41:08:373 - MD5 matched. (G:\).
     MD5 (Drive) : C7C53FCA0E9C1A6751FBB36E205D4F4A
     MD5 (Image) : C7C53FCA0E9C1A6751FBB36E205D4F4A
12:41:08:389 - SHA1 matched. (G:\).
     SHA1 (Drive) : 220A1073EE96D489AB4E9A44E90E7670AFE7EE03
     SHA1 (Image) : 220A1073EE96D489AB4E9A44E90E7670AFE7EE03

チェックサムにいくつかの問題があったことがわかりますが、それは誤警報であり、検証に合格しました。

19
Samir