it-swarm-ja.com

VistaおよびWindows7でファイルの関連付けを編集するためにどのプログラムを使用しますか?

VistaとWindows7では、カスタム拡張機能を指定したり、好みに合わせてカスタマイズしたりすることはできません。 VistaおよびWindows7でファイルの関連付けを編集するためにどのプログラムを使用しますか?

編集:


より明確にするために、私はあなたを可能にするプログラムを探しています:

  • 新しい拡張機能を作成します(Open With> Set As Defaultを知っています)。
  • アイコンをカスタマイズする
  • ファイルタイプ名をカスタマイズする
  • カスタムアクションの作成を許可します
  • 動作していない拡張機能を修復する

現在、Windows Vista/7拡張機能マネージャーでは、これらのアクションを実行できません。

23
Andrew Moore

デフォルトのプログラムエディタ この目的のために作成されました!サイトから:

ファイルタイプの設定:

  • コンテキストメニュー項目の追加、編集、および削除
  • ファイルタイプ情報(アイコンや説明など)を編集します
  • 拡張機能に関連付けられているファイルタイプを変更する

また、自動再生ハンドラーの編集、およびデフォルトプログラムの編集も行います。 そしてコントロールパネルアプレットとしてインストールされ、Windows Searchから検出できるようになるため、必要になるまで忘れることができます。

また、ほとんどの操作で管理者権限を必要としません(ただし、UACと互換性があります)。

Default Programs Editor Screenshot

(完全な開示のために、私はこのプログラムを書きました!)

23
Factor Mystic

FileTypesMan fromNirSoftはすべての要件を満たしています。

enter image description here

5
Sam Hasler

Windows 7では、拡張機能をカスタマイズできます。

  1. スタートボタンをクリックします
  2. 「ファイル拡張子に関連付けられているファイルタイプの変更」を検索します
  3. 表示されるダイアログを使用して、既存の拡張機能をカスタマイズします。

このダイアログでは新しいダイアログを追加することはできませんが、次の方法で簡単に新しいダイアログを作成できます。

  1. 目的の拡張子を持つ新しいファイルをデスクトップに作成します
  2. ファイルをダブルクリックします
  3. リストからプログラムを選択します
  4. 関連付けるプログラムを選択し、「常に選択したプログラムを使用してこの種のファイルを開く」を確認してください。
0
heavyd

Vistaでは、既存の関連付けを変更できます。Win7でも同じではないにしても、似ていると思います。コントロールパネル>デフォルトプログラム>ファイルの関連付け。

編集:これが 記事 で、あなたに合うかもしれないいくつかのより高度なツールがあります。

フィーチャーされた最初のツール(Creative Element)を選択します。これはフリーウェアで軽量なプログラムであり、必要なすべてを簡単な方法で実行します(さらに、ファイルの関連付けの管理はそのパックのツールの1つにすぎないため)。

0
Eran

すべてのファイル拡張子の関連付け情報は、レジストリに保存されます。そして、少しブラウジングすれば、物事がどのように機能するかを理解することはそれほど難しくありません。マシン全体の関連付けの場合、すべてHKEY_CLASSES_ROOTのルートで発生します。このようなものを手動で編集すると、ファイル拡張子に対して究極のパワーが得られます(面倒ですが)。物事を台無しにして元に戻したい場合に備えて、バックアップを作成するだけです。

各ファイルの関連付けには、。xyzというサブキーがあります。ここで、xyzはファイルの拡張子です。そのキーの(デフォルト)値は任意の文字列に設定されます。ファイル拡張子を登録するほとんどのアプリケーションは、人間が読める形式に設定します。たとえば、私のシステムの。pdfFoxitReader.Documentに設定されています。このキーには他にも多くの値がありますが、(デフォルト)値以外は必須ではありません。

その(デフォルト)値がどのように設定されていても、HKEY_CLASSES_ROOTのルートにも同じ名前の対応するサブキーがあります。 thisキーの(デフォルト)値は、基本的にファイルタイプの「わかりやすい名前」です。このキーにも多くのサブキーがある場合がありますが、関心があるのはDefaultIconShellだけです。

DefaultIconご想像のとおり、そのファイルタイプのアイコンを制御します。このキーの(デフォルト)値は、アイコンファイルのパスに設定する必要があります。または、アイコンが.exeファイルにある場合は、それを.exeのパスに設定し、パスの最後にコンマとアイコンインデックスを含めます。たとえば、FoxitReader.DocumentDefaultIconはに設定されています

C:\PROGRA~1\FOXITS~1\FOXITR~1\FOXITR~1.EXE,1

シェルは、このファイルタイプのすべての「アクション」を設定する場所です。定義するアクションごとに、アクションに名前を付けたい名前のサブキーを作成します。ほとんどのタイプには、openと呼ばれるアクションが少なくとも1つあります。この新しいアクションのサブキー内に、Commandというサブキーを作成します。このコマンドキーの(デフォルト)値は、基本的に、このアクションがクリック/実行されたときに実行されるコマンドラインです。たとえば、FoxitReader.Documentのopenコマンドは

"C:\PROGRA~1\FOXITS~1\FOXITR~1\FOXITR~1.EXE" "%1"

"%1"引数は、アクションを実行したファイルのパスに設定されます。

特定のファイルタイプに対して定義されているアクションが1つしかない場合、ファイルをダブルクリックした場合に実行されるデフォルトのアクションになると思います。可能なアクションが複数ある場合は、Shellキーの(Default)値を変更することで、どれをデフォルトにするかを設定できます。デフォルトにしたいアクションの名前に設定するだけです。

とはいえ、すべてを最初から行うのはあまり効率的ではありません。組み込みのツールを使用してほとんどの方法を実行し、ツールで実行できないことを手動で微調整する方がおそらく簡単です。また、この情報はすべてXPに基づいていることにも言及する必要がありますが、VistaまたはWin7では変更されていないことはほぼ間違いありません。

0
Ryan Bolger