it-swarm-ja.com

Web Platform Installer4.0をアンインストールできません。wpi.msiファイルがありません。

Web Platform Installer4.0をアンインストールまたは再インストールできません。 tempフォルダーでwpi.msiファイルを探し続けます。プロンプトでも、このファイルはコンピューターに存在しません。

この問題により、Visual Studio 2012は最初にWebPlatform Installerを削除する必要があるため、それ自体をインストールできなくなります。 (Windows 7 64ビット)

解決策はありますか?

4
Tony_Henrich

この種の問題は、一部の「機能」がMSIファイルに存在するものとしてレジストリにリストされているために発生します。そのため、Windowsインストーラーは、いくつかのハウスキーピングタスクを実行するためにそのMSIファイルを必要とします。

可能であれば、最も簡単な解決策は、MSIファイルの正確なバージョンを見つけるであり、システムが検出する予定の場所に配置することです。

運がない

そのバージョンがない場合は、 MSインストーラーのクリーンアップ を試すことができます。これはOffice 2007との競合のために廃止されました(グーグルする必要があります)。またはMicrosoft Fix It solution

それがうまくいけば、すべてうまくいきます。

不運

そうでない場合(そして残念ながら、そうでない場合もあります)、手作業でそれを試すことができます。

再起動し、 PiriformのCCleaner などでレジストリのクリーンアップを実行し、再度再起動することで、より安定したシステムを実現することから始めます(必ずしも必要ではありませんが、運のために)。

CCleanerには、インストーラーエントリを削除するオプションもあります。削除してみて、新しいMSIを再インストールするのに十分かどうかを確認してください。これにより、以下で説明するすべての作業を節約できます。

運が悪い

たとえば、GoogleEarthでこの問題が発生しました。レジストリには、このキーがありました

HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products\0C22D86408082E118BE68BCAF689CC3E\SourceList

ここで、LastUsedSourceの値はn;1;C:\DOCUME~1\LEONAR~1\IMPOST~1\Temp\._msige61\を報告し、PackageNameは「GoogleEarth.msi」でした。

すぐ下のキー(私の場合は0C22D86408082E118BE68BCAF689CC3E、もちろんあなたのものは異なります)は、適切なMSIファイルを見つけるために使用できるVersionキーを保持します。

MSIファイルが利用できなくなり、他の場所からダウンロードできない場合、またはMSIファイルが多すぎてすべてをダウンロードできない場合(ファイル全体をローカルにダウンロードするまでバージョン番号を確認できない)、何ができるかレジストリで.MSI名を探すことにより、インストーラパッケージへの参照を消去します(最初にレジストリをバックアップすることを忘れないでください)。

これにより、アプリケーションはインストールされたままになりますが、システムはそれがインストールされていることを認識せず、再インストールを許可します。

場合によっては、MSIインストーラーがインストールを開始すると、インストールスクリプトは、そこにあるべきではないと思われるいくつかのファイルを見て停止します。ほとんどのインストーラーはそれらを上書きするだけですが、そうでないものもあります。その場合、また最初にインストールディレクトリを削除するか、別の場所に移動する必要があります。

これにより、破損したインストール(および決してシステムアプリケーションで実行する必要があります-システムを起動できなくする可能性もあります)、および追加のレジストリが残りますCCleanerでクリーンアップすることをお勧めします。

ただし、システムは古いインストールに対して「十分にクリーン」であるため、新しいインストールを問題なく続行できます。古いインストールからぶら下がっているシステムフックはすべて新しいものによって書き直され、バージョンがそれほど離れていなければ、廃止された呼び出しは存続しません。

ソフトウェアをアンインストールしたい場合は、これで実行でき、システムを安定した状態のままにしておくことができます。

「未使用のファイルを削除してディスク領域を再利用する」という不正な理由により、この手順を数回実行する必要がありました。昨年のユーティリティでは、「未使用のファイル」が正確に何であるかについてはあまり気になりませんでした。元のCDからワイプして復元する必要があった1つのMicrosoftOffice 2010インストールを除いて、インストールの約75%は、MSICUU2/Fix Itを使用するか、CCleanerでエントリを削除することで回復しました。他のほとんどは、レジストリ内のMSIエントリを削除することで削除できます。おそらく20人に1人がインストールディレクトリの削除も必要です。

(これを読んで、SkyPE「MS取得前」とSkyPE「MS取得後」の手順を実行したい人は、しない。SkyPE関連のエントリをすべてどこからでも削除する必要がありました。その後、6桁のバージョン番号を備えたすべてのSkyPE MSIインストーラーを備えたGoogleアーカイブに出くわしました。おそらく、すぐに問題が解決した可能性があります)。

7
LSerni

WPI 3.0がない場合は、 Microsoft.comからダウンロード にして、名前をwpi.msiに変更してください。

0
Andras Csehi

「WindowsInstallerCleanUp Utility」を使用して、破損したインストールをアンインストールできます。それは同じ場合に私を助けました。 http://en.wikipedia.org/wiki/Windows_Installer_CleanUp_Utility を参照してください。

0
Grenal