it-swarm-ja.com

WindowsでCtrl +スクロール+スクロールの「機能」にBSODが残っているのはなぜですか?

Windows XPが出てきたときに、手動で BSOD(Blue Screen Of Death) を引き起こすために存在するテスト機能について聞いた。これも削除されるはずだったと聞いた。 in XP Service Pack2。削除されませんでした。VistaおよびWindows7にもあります。これを有効にするには、レジストリ内のこの場所に移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

CrashOnCtrlScrollを値1のREG_DWORDとして追加します。

今すぐ再起動してを押します Ctrl+Scroll Lock+Scroll Lock、およびBSODを取得します。

この機能がまだここにあるのはなぜですか?

15
Kredns

カーネルデバッガーへの侵入を許可したり、カーネルモードダンプファイルを生成したりするためにあります。通常、専門家は、OSがロックされているように見え、CTRL + ALT + DELETEに応答しない場合にこれを実行して、ダンプファイルを取得し、ドライバーに問題があるかどうかを調査します。

バグチェック0xE2​​(MANUALLY_INITIATED_CRASH)を使用してカーネルAPIKeBugCheckを呼び出すことと論理的に同等です。また、reg値は、USB(kbdhid)キーボードドライバーとps2(i8042prt)ドライバーの異なるregキーで設定できることに注意してください。これと、使用するキーストロークのカスタマイズについての詳細は、 KB Article 244139 にあります。

これは実際のキーボードドライバーに実装されているため、有効にしたとしても、RDPセッションからは機能しないと思います。

34
Ari Pernick

寛大であれば、システムの状態を手動で調査するためにクラッシュダンプを強制するための熱狂的な方法として使用できるでしょうか。 (主にデバッグ用)

OK-それを行うにはかなり奇妙な方法ですが...

6
Marc Gravell

それをイースターエッグと呼びましょう。

おめでとうございます.....あなたはそれを見つけました!

5
DLH

コードベースから削除する時間と労力の価値がなかったように思えます。

3
Jeffrey

これは本当に楽しい悪ふざけのように聞こえます。

3
spoulson

あなたは見るべきです Mark Russinovichビデオ 彼がこの「機能」でシステムがハングしていることを診断する方法を示しています。 SP2でオフに設定されただけで、削除されていないと思います。

2
kpierce8

Microsoftは、更新プログラムなどをリリースする前に、OSで単体テストを実行していると思います。おそらく、テストの1つは、BSODが引き続き正常に動作するかどうかを確認することです。より信頼性の高いテストのために、実際のアクティブなコードバージョンで単体テストを実行することも理にかなっています。

2
Vdex