it-swarm-ja.com

Windows 7がIPv6 DNSサーバーに対してDNSを解決しようとするのはなぜですか?

プリティバニラ、Win 7、SP1、64ビットをインストールしました。 IPv6アクセスなし。ネットワークステータスはIPv4:Internetと表示されます。 IPv6:ネットワークアクセスなし。

IPv4とIPv6の両方のアドレスを持つDNSサーバーがあるドメインを選択します(例:www.hummerzines.com.au(dave.ns.cloudflare.com)。

コマンドラインからnslookupを実行します。

C:\Users\Dom\Desktop>nslookup hummerzines.com.au dave.ns.cloudflare.com
Server:  dave.ns.cloudflare.com
Address:  173.245.59.109

Name:    hummerzines.com.au
Addresses:  141.101.116.193
          141.101.117.193

次に、nslookupの内部からnslookupを実行します。

C:\Users\Dom\Desktop>nslookup
Default Server:  resolv.internode.on.net
Address:  192.231.203.132

> hummerzines.com.au dave.ns.cloudflare.com
Server:  dave.ns.cloudflare.com
Addresses:  2400:cb00:2049:1::adf5:3b6d
          173.245.59.109

DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
*** Request to dave.ns.cloudflare.com timed-out

これら2つの状況でWindowsのパフォーマンスが異なるのはなぜですか? IPv6経由でDNSルックアップを実行しようとしているため、タイムアウトしていると思いますか?これを証明/拒否するために、まだWireSharkを実行していません。

Ipconfig/allの出力:

Windows IP Configuration

   Host Name . . . . . . . . . . . . : xxx
   Primary Dns Suffix  . . . . . . . :
   Node Type . . . . . . . . . . . . : Hybrid
   IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
   WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No

Ethernet adapter Local Area Connection 2:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Realtek RTL8168D/8111D Family PCI-E Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20) #2
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-24-1D-C9-D0-7E
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

Ethernet adapter Local Area Connection:

   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Realtek RTL8168D/8111D Family PCI-E Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-24-1D-C9-D0-8E
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
   Link-local IPv6 Address . . . . . : fe80::200a:e243:364f:8ec9%11(Preferred)
   IPv4 Address. . . . . . . . . . . : 192.168.11.10(Preferred)
   Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
   Lease Obtained. . . . . . . . . . : Thursday, 20 February 2014 8:36:49 AM
   Lease Expires . . . . . . . . . . : Monday, 24 February 2014 8:36:48 AM
   Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.11.1
   DHCP Server . . . . . . . . . . . : 192.168.11.1
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 234890269
   DHCPv6 Client DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-1A-66-F2-E1-00-24-1D-C9-D0-8E

   DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.231.203.132
                                       192.231.203.3
   NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Enabled

Tunnel adapter isatap.{0693AA71-5382-4DED-8260-EA710149F8A9}:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Microsoft ISATAP Adapter
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : No
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

Tunnel adapter Local Area Connection* 12:

   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Teredo Tunneling Pseudo-Interface
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : No
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
   IPv6 Address. . . . . . . . . . . : 2001:0:9d38:90d7:c0a:2ff5:c458:7ffb(Preferred)
   Link-local IPv6 Address . . . . . : fe80::c0a:2ff5:c458:7ffb%14(Preferred)
   Default Gateway . . . . . . . . . : ::
   NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Disabled

Tunnel adapter isatap.{870AA1C0-1FDE-4852-87D6-34357F1C7177}:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . :
   Description . . . . . . . . . . . : Microsoft ISATAP Adapter #2
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : No
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
8
Dom

コンピューターがTeredo接続を作成しようとしました。 TeredoはいくつかのIPv6移行テクノロジの1つであり、そのすべてにさまざまな欠点があります。 Teredoは、IPv4 NATデバイスの背後にあるなど、明示的に設計されたさまざまなシナリオでは機能しないということです。

したがって、Teredoが有効になっているため、コンピューターは、接続が実際に切断されているときに、IPv6接続があると考えます。 (ネットワークステータスアイコンは 接続の完全に異なるチェック より正確です。)

この問題を解決するには、Teredoを無効にします(その間に、他の2つの問題のあるもの、6to4とISATAP)。コマンドプロンプトを右クリックし、[管理者として実行]をクリックして、次のコマンドを実行します。

netsh int ipv6 isatap set state disabled
netsh int ipv6 6to4 set state disabled
netsh int Teredo set state disabled

次に、コンピュータを再起動します。

5
Michael Hampton

Windowsは、これ自体は別の方法で処理していませんが、Windowsではnslookupが壊れています。

リゾルバーalwaysは、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方が使用可能で、アドレスタイプが指定されていない場合にそれらを返します。最新のネットワークスタックのすべてのデフォルト構成には、IPv4アドレスよりもIPv6アドレスが優先されます。つまり、IPv6アドレスは常にIPv4アドレスの前に返されます。最初のアドレスが失敗した場合、クライアントアプリケーションは通常、リゾルバーから返されたアドレスをループするため、これは通常問題ではありません。 IPv6とIPv4のアドレスの場合、デフォルトのIPv6ルートが構成されていなければ、IPv6の障害はほとんど瞬時です。

DNSサーバーはデュアルスタック型であり、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方を備えています。コマンドラインオプションとしてデフォルトのDNSサーバーを指定してルックアップを実行すると、nslookupはIPv6で始まり、IPv4で終わるIPアドレスを適切にループします。ただし、対話的にnslookupを使用する場合、nslookupはリゾルバーから返される最初のアドレスのみを試行します。これは常にIPv6アドレスになります。

これに対する修正は、対話的にnslookupを使用するときにIPアドレスでDNSサーバーを指定するか、コマンドラインでデフォルトのDNSサーバーを指定して非対話的にnslookupを使用することです。

これはWindowsのnslookupにのみ影響することに注意してください。最新バージョンのLinuxおよびOS Xは、固定バージョンのnslookupを使用します。

2
David M. Syzdek

同様の問題があり、解決策を見つけました。 WindowsがIPv4およびIPv6 DNSリゾルバーをキャッシュしていないことを確認してください。

DNSCrypt:Windowsがブラックリストに登録された名前を解決しないようにする方法

0
Azevedo