it-swarm-ja.com

Windows 7で名前でローカルマシンにpingできない

ネットワーク上のローカルマシンに名前でpingを実行すると、奇妙な(そして永続的な!)問題が発生します。私のマシン(Windows 7 64ビット)だけがこの問題を抱えていると思います。これはワイヤレス接続です。

例として、WDTVLiveHubという名前のネットワーク上のデバイスを考えます。これはWestern Digital Live Hubです(サプライズ!)。ブラウザでルーターのDHCPクライアントテーブルにアクセスすると(私のルーターはWRT400N)、次のエントリが表示されます。

WDTVLiveHub 192.168.1.101

すごい。だから私はそのIPアドレスをpingしてみます:

ping 192.168.1.101

Pinging 192.168.1.101 with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.1.101: bytes=32 time=9ms TTL=64
Reply from 192.168.1.101: bytes=32 time=16ms TTL=64
Reply from 192.168.1.101: bytes=32 time=16ms TTL=64
Reply from 192.168.1.101: bytes=32 time=16ms TTL=64

Ping statistics for 192.168.1.101:
    Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
    Minimum = 9ms, Maximum = 16ms, Average = 14ms

OK、それでも見栄えは良い。次に、名前でpingを実行します。

ping WDTVLiveHub

Ping request could not find Host WDTVLiveHub. Please check the name and try again.

私が読んだことから、これはDNSサーバーとホスト名ルックアップに問題があることを意味します。興味深いことに、次のように入力すると、

pathping 192.168.1.101

私はこの出力を取得します:

Tracing route to WDTVLIVEHUB [192.168.1.101]
over a maximum of 30 Hops:
  0  Scotty [192.168.1.103]
  1  WDTVLIVEHUB [192.168.1.101]

Computing statistics for 25 seconds...
            Source to Here   This Node/Link
Hop  RTT    Lost/Sent = Pct  Lost/Sent = Pct  Address
  0                                           Scotty [192.168.1.103]
                                1/ 100 =  1%   |
  1   12ms     1/ 100 =  1%     0/ 100 =  0%  WDTVLIVEHUB [192.168.1.101]

Trace complete.

Scottyは明らかに私のローカルマシンの名前です。だから私がそのアプローチをすると、どういうわけか名前を見つけることができます...

ipconfig /allは、DNSサーバーで以下を示します。

   DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.1.1
                                       ***.***.***.***
                                       ***.***.***.***

ここで、*は、インターネット経由でDNS 1およびDNS 2の下のルーターに表示されるものと同じDNSサーバーを表します。

完全を期すために、ipconfig /allの出力全体を次に示します。

Windows IP Configuration

   Host Name . . . . . . . . . . . . : Scotty
   Primary Dns Suffix  . . . . . . . : 
   Node Type . . . . . . . . . . . . : Peer-Peer
   IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
   WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No

Wireless LAN adapter Wireless Network Connection:

   Connection-specific DNS Suffix  . : 
   Description . . . . . . . . . . . : Dell Wireless 1397 WLAN Mini-Card
   Physical Address. . . . . . . . . : 0C-EE-E6-D1-07-E8
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
   IPv6 Address. . . . . . . . . . . : 2002:d83a:31e5:1234:5592:398e:8968:43d1(Preferred) 
   Temporary IPv6 Address. . . . . . : 2002:d83a:31e5:1234:ecce:2f79:72a5:5273(Preferred) 
   Link-local IPv6 Address . . . . . : fe80::5592:398e:8968:43d1%26(Preferred) 
   IPv4 Address. . . . . . . . . . . : 192.168.1.103(Preferred) 
   Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
   Lease Obtained. . . . . . . . . . : September-17-12 11:05:57 PM
   Lease Expires . . . . . . . . . . : September-18-12 11:05:57 PM
   Default Gateway . . . . . . . . . : fe80::200:ff:fe00:0%26
                                       192.168.1.1
   DHCP Server . . . . . . . . . . . : 192.168.1.1
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 537718502
   DHCPv6 Client DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-12-80-3D-D7-00-26-B9-0D-08-70
   DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.1.1
                                       ***.***.***.***
                                       ***.***.***.***
   NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Enabled

Ethernet adapter VirtualBox Host-Only Network:

   Connection-specific DNS Suffix  . : 
   Description . . . . . . . . . . . : VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter
   Physical Address. . . . . . . . . : 08-00-27-00-98-9A
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
   Link-local IPv6 Address . . . . . : fe80::b48a:916b:c0f:fb29%23(Preferred) 
   Autoconfiguration IPv4 Address. . : 169.254.251.41(Preferred) 
   Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.0.0
   Default Gateway . . . . . . . . . : 
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 570949671
   DHCPv6 Client DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-12-80-3D-D7-00-26-B9-0D-08-70
   DNS Servers . . . . . . . . . . . : fec0:0:0:ffff::1%1
                                       fec0:0:0:ffff::2%1
                                       fec0:0:0:ffff::3%1
   NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Enabled

Tunnel adapter Local Area Connection* 15:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . : 
   Description . . . . . . . . . . . : Teredo Tunneling Pseudo-Interface
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : No
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

Tunnel adapter isatap.{55899375-C31D-4173-A529-4427D63FD28B}:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . : 
   Description . . . . . . . . . . . : Microsoft ISATAP Adapter #2
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : No
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

Tunnel adapter isatap.{64B8F35F-A6AB-4D6B-B1D5-DD95F57B1458}:

   Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
   Connection-specific DNS Suffix  . : 
   Description . . . . . . . . . . . : Microsoft ISATAP Adapter #3
   Physical Address. . . . . . . . . : 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : No
   Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

何が起こっているのかを正確に診断する方法が正確にわかりません...しかし、問題は本当にイライラしています!最大の問題は、マップされたネットワークドライブをIPで実行する必要があることです。その後、ルーターがそれらのデバイスに新しいIPアドレスを割り当てると、すべてのネットワーク共有が再び壊れます。悪臭を放つ!

可能な解決策に関するいくつかの支援が大好きです。私はこのnetshカタログのリセットをすべて試しましたが、何も修正されていないようです。物事を盲目的にリセットするのではなく、何がうまくいかないのかについての説明も大好きです!

PDATE: Wireshark 1.8.2を実行して、pingリクエストを実行したときの状況を確認しました。 Wiresharkは、正しいマルチキャスト宛先であると私が信じているものに対して、4つのLLMNRリクエストをすぐに表示します。それらの2つはIPv4で、他の2つはIPv6です。 ICMPパケットがあると見えないのは何ですか? LLMNRはそれ自体で機能することが期待されますか?

PDATE 2:ネットワーク上の別のマシン(Windows Vista)に名前でpingできます。これは、LLMNRが新しいWindowsマシンでのみサポートされており、ネットワーク上の他のデバイスではサポートされていないという考えに反しています。 otherマシンにWireSharkをインストールし、そこからpingを実行すると、NBNSパケット(NetBIOSネームサービス)も送信することがわかりました。これは、どういうわけか私のマシンが何らかの理由でNBNSクエリを送信していないことを意味します。まだ掘り下げています...

PDATE 3: NetBIOSパケットを送信できないようです。これが根本的な原因だと思います。 NetBIOSが魔法のように起動することを期待してグループポリシーを使用してLLMNRを無効にしてみましたが、うまくいきませんでした。 ipconfigは、NetBIOS over TCP/IPが有効であることを示していますが、WireSharkは送信されているNetBIOS名前解決パケットを示していません。私はそれを無効にしてから再度有効にしてみました。 nbtstat winsock reset catalognbtstat int ip reset reset.logの2つのクラシックコマンドも試しましたが、NetBIOSの問題はまったく解決しませんでした。いくつかのガイダンスが大好きでしょう...

解決しました! wmzに感謝します。彼または彼女は実際に問題を正確に特定しました。何らかの理由で、私のNetBIOS over TCP/IPはピアツーピアモードで動作するように設定されていました。少し調べてみると、ピアツーピアモードはWINSサーバーがセットアップされている場合にのみ機能することがわかりました(私は間違いなくそうです!)。レジストリを調べたところ、NodeTypeの下にエントリは見つかりませんでしたが、確かに(horror of horrors!)値が0x00000002のDhcpNodeTypeのエントリが見つかりました。値1はブロードキャスト(これで問題ありません)、2はピアツーピア(WINSサーバーが必要です!Ack!)、4はWINSサーバーを試行してブロードキャストします。そして8はWINSサーバー(「ハイブリッド」モードと呼ばれます)のブロードキャストを試みます。 DhcpNodeTypeエントリを削除して再起動すると、ipconfig /allがハイブリッドモードを表示するようになりました。そのため、Windows 7 Ultimate 64ビットではこれがデフォルトのようです。私はwdtvlivehubにpingを実行してみましたが、すぐに成功の甘い味で迎えられました。皆様の様々な答えに感謝いたします。 Windowsをインストールし直さなくても、問題を解決できてとてもうれしいです。この値がどのように変化したかはまだわかりません...でも、少なくとももう1つ探す必要があります。うまくいけば、この情報が他の誰かがイライラするネットワークの問題に対処するのに役立ちます!この問題をなめるのはとても気持ちいいです!賞金も獲得しました!

ありがとう!

14
aardvarkk

あなたの調査結果はnetbiosリゾルバーを指しているように思われ、それが今度はこのエントリーを疑わしくしています
Node Type . . . . . . . . . . . . : Peer-Peer

Netbiosノードタイプp(2)-通常、Winsサーバーでのみ使用されます(私は持っていないと思います)-netbios名前解決ブロードキャストを効果的に無効にします。

この記事 あなたの問題と非常によく似た記述問題とリンク Msoft technet記事 ノードタイプをより適切なものにリセットする方法の詳細:

この問題を解決するには、次の手順に従います。

Click Start, click Run, type regedit, and then click OK.
Locate and then click the following registry subkey:
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NetBt\Parameters
In the right pane of Registry Editor, delete the following values if they are present:
    NodeType
    DhcpNodeType

注NodeType値が存在する場合、この値はDhcpNodeType値をオーバーライドします。どちらのサブキーも存在せず、クライアントにWINSサーバーが構成されていない場合、コンピューターはbノードモードを使用します。少なくとも1つのWINSサーバーが構成されている場合、コンピュータはhノードモードを使用しています。レジストリエディタを終了し、コンピュータを再起動してください。ネットワーク上のワークグループコンピュータをもう一度表示してみてください。

14
wmz

ipconfig /allの出力に関する興味深い点の1つは、プライマリDNSサフィックスがないことです。そのアダプタのipv4のtcp/ipプロパティに移動し、ワークグループをプライマリDNSサフィックスとして追加して、解決できるかどうかを確認してください。他のシステムの名前。ほとんどのルーターは、マシンの名前に.workgroupを追加するため、システムのfqdnはscotty.workgroupになります。名前でWDTVLiveHub.workgroupにpingできるかどうかも確認してください。また、そのアダプターのipv4設定のDNS検索ドメインリストにもワークグループを追加する必要があります。

3
d4v3y0rk

サーバーがホスト名を解決できない可能性があります。

次のように、hostsファイルにWDTVLiveHubのエントリを追加してみてください。

192.168.1.101 WDTVLiveHub

Windowsの場合:C:\ Windows\system32\drivers\etc \

2
Jay

おそらく、iPv4とiPv6を使用する同じネットワークデバイス上で混在させることが問題です。

ルーターとWindows 7でiPv6をオフにしてみてください。

1
harrymc

次の解決策では、ローカルのホストファイルやNETBIOSの名前解決などの処理に煩わされることを忘れることができますが、その欠点もあります。これは、Windowsやルーターの設定でオンまたはオフにする設定だけではありません。これはあなたの側でもう少し努力が必要です。

私には、あなたがこれをある方法で整理するのに十分に十分であるように思えます、そこであなたはあなたのホームネットワークで再び名前解決の問題を抱えることは決してないでしょう!

www.dd-wrt.com を簡単に確認したところ、Cisco-RouterはオープンソースのルーターファームウェアDD-WRTを実行するために互換性があるようです。ソフトウェアのこの便利な少しの平和は、あなたのルーターをあなたのホームネットワークで必要とするすべての機能に費やします。これには、ルーターで実行される小さく軽量なDNSサーバーであるDNSMasqと呼ばれるサービスも含まれます。

DD-WRT Wikiから:

追加の利点は、DNSMasqがDNSデータベースにDHCPリースをインテリジェントに追加し、静的または動的なDHCPクライアントのローカル名ルックアップを提供できることです。

したがって、これにより、実際のDNS解決がネットワークに追加されます。これは、NETBIOSとマルチキャストDNS解決が機能することを期待することに基づいていません。

あなたがそのような人で、数時間パドルして新しいものを試してみるのが好きなら、私はあなたがそれを見てみることを勧めます。ルーターをフラッシュするためのガイドは こちらですが、デバイスとモデルバージョンがDD-WRTと互換性があることを確認してください新しいファームウェアをフラッシュする前に、またはデバイスを破損する可能性があります!これをチェックするためのリンクを再度

DD-WRTで得られるその他のクールなもの:

  • Wake On LANサポート-Wordのどこからでもデバイスを起動
  • VPNエンドポイントサポート-海外からホームネットワークへの安全な接続を取得します。
  • 帯域幅の分析と管理-ネットワークの使用状況に関する実際の情報を取得します。
  • より多くのもの。 概要はここにあります

ちなみに、それも無料です。

乾杯!

(私はDD-WRTの開発者の誰とも関係がなく、このファームウェアを使用している誰かから利益を得ることもありません-私は本当にその機能性を本当に信じているので、とても熱狂的です:))

dd-wrt status screenshot

1
Langhard