it-swarm-ja.com

Windows 7にドライバー署名の強制を無効にする方法を教えてください。

「ドライバ署名の強制を無効にする」で毎回Windows 7を起動したい。毎回そうしなかったので、私のWLANアダプター「Qualcomm Atheros QCA9377」は機能しませんでした。

私は試した bcdedit.exeハッキングしましたが、うまくいきませんでした。私のwifiを機能させる唯一の方法は、 F8 「ドライバ署名の実施を無効にする」を選択します

だから、押すことなくデフォルトにするためのハックや回避策はありますか? F8

3
user2132188

それには、いくつかの方法があります。

  1. インストール前に証明書をインポート

次の手順を実行します:

  1. 署名されていないドライバーを使用することを確認して、ソフトウェアを手動で1回インストールします。
  2. %windir%\ infに移動して、最新のOEM ??。INFファイルを検索します。それを開き(メモ帳)、その内容から、これが次回自動的にインストールするドライバーであることを確認します
  3. %windir%\ system32\catroot {any ID}\OEM ??。CAT(<-手順2と同じ番号)に移動します。このファイルを右クリックしてプロパティを選択し、「デジタル署名」タブに移動して証明書にマークを付け、詳細をクリックします
  4. 次のウィンドウで[証明書を表示]をクリックします
  5. 次のウィンドウで[詳細]タブを開き、[ファイルに保存...]をクリックします
  6. これ/すべての証明書を収集する
  7. これらの証明書7.1を、セットアップ7.2の前に "certutil.exe -f -addstore" TrustedPublisher "" MYFILE.cer "を使用するバッチ/ cmdスクリプトで、またはグループポリシー(computer\Policies\Windows\Security\Public Key Policies\addここにあなたのファイル)
  8. 思い通りにセットアップを実行
  1. ドライバー署名強制オーバーライドの使用

    • Softpedia link からアプリケーションをダウンロードします。

    • それを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。メインメニュー内で、[テストモードを有効にする]ボタンを押して、画面の指示に従います。これによりTESTSIGNINGモードが有効になり、未検証のシステムファイルを読み込むことができます。

    • あとは、未確認の署名を必要なシステムファイルに追加するだけです。これを行うには、メインメニューの[Sign a System File]ボタンを押し、フルパスを含む特定のファイル名を入力します。例:C:\Windows\System32\driversのATITool64.sysがドライバー署名の強制によりロードを拒否した場合は、C:\Windows\System32\drivers\ATITool64.sysと入力し、1つ以上のファイルに署名する場合は、この手順を繰り返します。完了したら、最後に再起動します。

    • テストモードを有効にして、必要なシステムファイルに署名を追加すると、それらはWindowsのドライバー署名の強制をバイパスし、問題なく読み込まれるはずです。ただし、何らかの理由で元に戻す必要がある場合は、アプリケーションを再起動し、メインメニューから[テストモードを無効にする]を選択して、再起動できます。

注:DSEOには管理者特権が必要です(管理者として実行)。

謝辞

  1. Win 7 x64でのドライバー署名の強制を永続的に無効にします
4
xavier_fakerat