it-swarm-ja.com

Windows 7デュアルモニターのセットアップ:壁紙の配置

Windows 7 PCで次のデュアルスクリーンを設定しています:[2][1]。つまり、セカンダリモニターがプライマリモニターの左側にあります。

これで、モニター全体に広がるはずのデュアルスクリーンの壁紙ができました。 「タイル」モードに設定しました。

問題:壁紙は常に[1](画像の左端が[1]の左端にある)から始まり、[2]に続きます。それは基本的に間違った方法で分割し、かなりぎこちない外観を作り出します。

壁紙を正しく表示するにはどうすればよいですか(つまり、画像の左端が[2]の左端にある)。


追伸:UltraMonのようなソフトウェアは、半分を反転したものなどを使ってテーラード壁紙を作成することでこれを回避できることを知っています。これは厄介な解決策だと思います。私は基本的にWindowsがそれ自体を正しくすることを望んでいます。私は実際にtoldコントロールパネルでの画面配置なので、それほど難しくはないでしょうか。

11
Tomalak

トリプルスクリーンモニターのユーザーとして、[3] [1] [2]構成で、これと同じ問題に遭遇しました。残念ながら、実際のところ、windowsはその愚かさです。モニターの配置方法をWindowsに指示する方法に関係なく、壁紙の左端をプライマリモニターの左端として定義します。その画面は、マウスが画面間を移動する方法を決定する場合にのみ役立ちます。

私は個人的に DisplayFusion を使用して、OSのこの不幸な欠陥を修正しています。

12
Ryan Gooler

2台のモニターはありませんが、 Dual Monitor Tools を使用する友達を知っています。個別のアプリのスイートであり、必要なものだけをロードします。このスイートには現在、4つのアプリケーション「画面のスワップ」、「デュアル壁紙」、「DisMon」、および「デュアルスワップ」が含まれています。必要なものかどうかはわかりませんが、無料です。

5
Ither

Windowsが正しく動作するように指定すると、a)カスタムソフトウェアと、b)基本的な画像エディターで画像の半分を交換するのに20秒かかるというオプションの両方が無視されます。

私が残した唯一の選択肢は、Windows 8を期待して待つことだと思います。この問題にカスタムソフトウェアがあるのには理由があります。

2
Daniel Beck

今日は非常に問題がありましたが、サードパーティのアプリをダウンロードするのではなく、解決できるかどうか試してみました。

デスクトップを右クリックして画面の解像度を選択し、表示されるダイアログウィンドウで、[これをメインディスプレイにする]チェックボックスオプションをクリックしました。

プライマリディスプレイに対して上記を実行しましたが、既にプライマリディスプレイに設定している場合、これによりスケーリングの問題が修正され、2番目の画面をプライマリにして、再び切り替えます。

バックグラウンドがプライマリモニターに正しくスケーリングされていることを確認し、[パーソナライズ]> [デスクトップバックグラウンド]オプション画面でバックグラウンドのスケーリング方法を設定できます。

1
Tahir Khalid

問題は、Windowsが複数のモニターでどのように機能するかをセットアップして理解することから始まると思います。私はそれが正しいか間違っている(またはあなたがそうである)と言っているのではありません、それはまさにそれがそうである方法です。

まず、Windowsでは、プライマリモニターを左側に配置する必要があります。明らかに、これを切り替えることができます(上/下の設定でも確認しました)。

2番目に、1番目に基づいて、Windowsは左から右にのみ流れます。

次に、特定の問題を修正します。

あなたがする必要があるのはあなたの現在のデュアルスクリーンの壁紙を取り、それを正確に半分に切ることです。次に、これらの2つの半分を後ろに結合する必要があります。つまり、左側が通常右側に期待されるものであり、その逆も同様です。

これで、並べて表示すると、現在の状態が表示されますが、モニターは(Windowsに従って)「後方」に設定されているため、壁紙は正しく表示されます。

編集に使用するプログラムがない場合は、irfanview.comをお勧めします。または、いずれかのオンラインサービスを使用します。 Irfanviewは無料で使いやすく、優れたプログラムです。また、パノラマを作成するオプションもあります。これは、2つの半分を結合して全体に戻すため、これを少し簡単にします。

幸運、神のご加護、そして「後ろ向きに」楽しんでください!

SaxManEric

0
SaxManEric