it-swarm-ja.com

Azure Point-to-Site VPNのクライアント証明書を選択して修正する方法(エラー789)

Windows8.1クライアントからAzureVirtual NetworkへのポイントツーサイトVPN接続をセットアップする際に、 this の手順に従いました。私は証明書とネットワークについてかなり手がかりがあり、VPNに接続しようとしたときに次のエラーが発生するまで、すべてが正常に機能しました。

この拡張認証プロトコルで使用できる証明書が見つかりませんでした。 (エラー798)

何を試しても、事前設定または接続時に使用するクライアント証明書を選択する方法が見つかりませんでした。

Azure vpnクライアントの実行可能ファイルを再インストールし、運が悪かったので証明書を再インポートしようとしました。また、「ネットワーク接続の表示」ユーティリティと「PC設定の変更」のメトロ「ネットワーク」セクション(メニューの右スライドからアクセス)を使用してVPN構成を変更しようとしました。ただし、クライアント認証証明書を選択するオプションを提供するものはないようです。

また、クライアントとサーバーの証明書が this サイトで指定された要件を満たしていることも確認しました。

どんな助けでも大歓迎です。

3
CoderTim

そのため、最初の調査では、VPNを手動で作成することを提案する投稿が多数ありましたが、Windows 7で機能する手順しか見つかりませんでした(実行している8.1ではありません)。以下のリンクは、構成を実行するために必要な手順が含まれていることが判明したフォーラム投稿へのリンクです。

Windows 8クライアント接続エラー798のポイントツーサイト

また、回答を含むスレッド投稿から直接、以下の重要な手順を含めました。

ターゲットFQDNを使用して「ネットワークと共有センター」から手動でVPN接続を作成します。手動で作成したVPN接続のプロパティを開きます。「セキュリティ」タブの「認証」で、「拡張可能な認証プロトコルを使用する」と「Microsoft:スマートカード」を選択します。またはその他の証明書」をクリックし、「プロパティ」をクリックします。「接続時」で「このコンピュータで証明書を使用する」を選択します。「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。「ネットワーク」タブで「インターネットプロトコルバージョン4」を選択し、 [プロパティ]。[詳細設定]をクリックし、[リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用する]のチェックを外します。[OK]を3回クリックして、すべてのダイアログを閉じます。手動で作成したVPN接続を開始します。証明書を選択する必要がある場合は、作成したクライアント証明書を選択します。

1
CoderTim