it-swarm-ja.com

個人的に使用するためのWindows To Goに相当するものはありますか?

Windows To Go は、私にとってWindows 8の最もエキサイティングな機能の1つです。デスクトップ環境をまとめてどこにでも持ち運べる機能は、非常に魅力的です。残念ながら、それは Windows 8 Enterpriseにのみ含まれる であり、個人用に購入することはできません。

Windows 8 Professionalで機能する同等のものはありますか?同じことを行うサードパーティのプログラムか、Enterprise以外のバージョンでWindows To Goを有効にするための回避策のいずれかで満足します。

私はさまざまなWinPEベースのライブ環境を認識していますが、それは私が探しているものではありません。どこにでも持ち運べるフラッシュドライブから完全なWindows 8環境を実行する機能が必要です。

49
nhinkle

あなたが始める前に:

このようなことをするときに考慮すべき点がいくつかあります。何よりもまず、このポータブルOSの作成と実行に使用するメディアと接続を計画しています。 use AT LEAST USB 3.0 or eSATAを使用することをお勧めします。USB3.0 SSDの使用(はい違い)も 強く推奨 これらの特定のモデルでは:

  • Kingston Technology 32GB Data Traveler Ultimate USB Flash Drive Mfr#KW-U4132-1FA
  • SuperTalent 25GB USB 3.0 Express RC8フラッシュドライブ製造元#ST3U25GR8S
  • SuperTalent 50GB USB 3.0 Express RC8フラッシュドライブ製造元#ST3U50GR8S
  • SuperTalent 100GB USB 3.0 Express RC8フラッシュドライブ製造元#ST3U100R8S

注: SB 2.0フラッシュドライブドライブ を使用して、これを機能させましたが、セットアップに永久に(11時間)、起動に永久にかかりました。 (数分)

また、Windows 8のインストール.isoファイルが必要です。

入門

  1. ドライブをNTFSドライブとしてフォーマットする必要があります。

    • 「ディスクの管理」に移動し、フラッシュドライブを右クリックします。
    • 「フォーマット...」を選択します
    • ファイルシステムとしてNTFSを選択してください。クイックフォーマットで実行できます。 Disk Management
  2. _.iso_ファイルをダブルクリックして、Windows 8インストールディスクをマウントします。

  3. 管理Windows PowerShellから次のコマンドを実行します(CMDは管理者権限でも機能しないため、PowerShellを使用する必要があります)。

    dism /Apply-Image /ImageFile:<path to install.wim> /ApplyDir:<USB Drive Letter> /Index:<image_index (1 for Pro, 2 for Core)> /CheckIntegrity /Verify

    次のような画面が表示されます。

    PowerShell DISM

    警告:USB 2.0ポートまたはドライブを使用している場合、これには数時間かかる場合があります。私にとっては11時間かかりました。

  4. 次のコマンドを実行します。

    _bcdboot.exe <drive letter of flash drive>:\windows /s <drive letter of flash drive>: /f ALL_

できました!

繰り返しますが、USB 3.0または同等の速度のメディアを使用しているのでない限り、これがすぐに起動することを期待しないでください。しかし、完全に操作可能なポータブルなWindow 8 Experienceを楽しむことができるはずです。

39
James Mertz

Windows 8の任意のエディションでWindows To Goを作成します:

Windows 8 PCを使用してUSBを構築するのが最適です。

記事から:

「Windows 7を使用してWindows 8 To Go USBデバイスを作成することができます。追加のソフトウェアが必要になります。」

  1. 管理レベルのコマンドプロンプトを起動します。

  2. USBドライブが接続されていることを確認してから、diskpartと入力し、 Enter

  3. list diskを実行して利用可能なディスクを一覧表示すると、USBデバイスが表示されます。

  4. select disk #と入力してUSBドライブを選択し、 Enter。たとえば、select disk 3です。

  5. cleanと入力してディスク上のパーティションをクリーンアップし、 Enter

  6. 次のコマンドを実行して、ブートパーティションを作成します。

    create partition primary size=350

  7. 次のコマンドを実行してOSパーティションを作成し、残りのすべてのスペースを占めるパーティションを作成します。

    create partition primary

  8. ブートパーティションをフォーマットして構成し、ドライブ文字を割り当てる必要があります。次のコマンドを実行します。

    select partition 1
    format fs=fat32 quick
    active
    assign letter=b

    Bドライブ文字が既にPCで使用されている場合は、このガイドの残りの部分で、別の文字に置き換えて、bをご使用の文字に置き換えてください。

  9. OSパーティションでも同じことを行う必要があります。次の異なるコマンドを実行します。

    select partition 2
    format fs=ntfs quick
    assign letter=o

    Oドライブ文字が既にPCで使用されている場合は、このガイドの残りの部分で、別の文字に置き換えて、oを自分の文字に置き換えます。

  10. Exitと入力してDiskpartを終了します。

  11. Windows 8インストールISOの*\sources *ディレクトリからinstall.wimファイルを* c:\ wim *に抽出します。 Windows 8では、ISOをダブルクリックしてマウントしてから参照するだけです。

  12. 次のコマンドを実行して、DISMを使用し、Windows 8ファイルをUSBデバイスのOSパーティションに展開します。

    dism /apply-image /imagefile:c:\wim\install.wim /index:1 /applydir:o:\

  13. bcdbootユーティリティを使用して、ブートマネージャーをブートパーティションにインストールする必要があります。次のコマンドを実行します。

    o:\windows\system32\bcdboot o:\windows /f ALL /s b:

  14. コンピューターを再起動し、Windows 8上に構築された新しいWindows 8 To Goデバイスをテストします。ローカルハードドライブの前にPCがUSBから起動するように構成されていることを確認してください。

情報源

14
Moab