it-swarm-ja.com

Windows 8でソフトウェア起動による過熱シャットダウン(センサーが壊れているため)を無効にする方法は?

電源スパイクがマザーボードのCPU温度センサーを破損しました。 Memtest86 +は正常に動作します。ただし、LinuxもWindowsもデフォルトのオプションでは起動しません。 Windowsは起動中に単にシャットダウンします。 Linuxは起動中に過熱を報告し、数秒でシャットダウンします。カーネルブートオプションでthermal.nocrt=1を指定すると、Linuxがブートして正常に動作します。

マザーボードセンサーによって報告されるCPU温度は、BIOSでは-40℃(マイナス)、Linuxでは216℃(整数オーバーフローのため)です。 CPUの内蔵センサーによって報告されるCPU温度は35℃で、これは正確であり、電力スパイク前のアイドル温度と一致します。

Windowsが非常に高温になったためにシャットダウンしたと考えるのも妥当です。このマザーボードでWindowsを使用するには、ソフトウェアの過熱保護を無効にする必要があります。基本的に、Windowsではthermal.nocrt=1に相当するものが必要です。それは可能ですか?

4
netvope

Win8にはありませんが、Win7に似ているはずです。

  • コントロールパネル>電源オプション現在選択されているプラ​​ンの横にある[プラン設定の変更]をクリックします。
  • 「詳細な電源設定の変更」をクリックします
  • [プロセッサーの電源管理]までスクロールし、[+]をクリックして展開します。
  • 「システム冷却ポリシー」を変更します。 「パッシブ」に変更して適用します。

一部のシステムでは、この場所にこのコントロールがありません。

disable thermal policy

YouTubeにも採用されています- http://www.youtube.com/watch?v=SeDh8-4-lm8

これを行うのは馬鹿げていると思いますが、サーマルシャットダウンを無効にすることができます。

2
Debra

システム冷却ポリシーの変更は、私のAcer Travelmate 5742ZGで機能しました。インストールされているプログラムのいくつかを開始した後、ランダムな状況でシャットダウンしていました。

  1. コントロールパネルを開きます
  2. 選択電源オプション
  3. 現在選択されているプラ​​ンの横にあるプランの設定の変更をクリックします。
  4. をクリックします詳細な電源設定を変更します
  5. Processor Power Managementまでスクロールし、+をクリックして展開します
  6. システム冷却ポリシーPassiveに変更します
  7. クリック適用
0