it-swarm-ja.com

Windows Server 2008R2-StandardまたはDatacenterエディション?

どれをインストールする必要がありますか?
私はたくさん仮想化していて、私の学校のMSDNAAにアクセスできます。そこでは、Windows 2008R2をダウンロード/「購入」できます。すべてのエディション(SP1適用)。

どれを選べばいいですか?
標準または
Datacenter

Wikipedia で調べたところ、Datacenterにはさらに多くの機能が搭載されています。しかし、それはより多くの膨張を意味し、デフォルトでサービスを提供します? (私はデスクトップ用/仮想化/開発用のシステムを使用します。)

主な質問:それらは機能のみが異なりますか、それとも標準はより速く実行されますか?

5
Apache

場合によります。

Datacenterエディションは、「大規模でミッションクリティカルなアプリケーションをサポートするために最高レベルのスケーラビリティ、信頼性、可用性を必要とするワークロードの大規模な仮想化」を目的として設計されています。 http://www.Microsoft.com/en-us/server-cloud/windows-server/2008-r2-datacenter.aspx

これがニーズを表す場合は、Datacenterを使用する必要があります。

仮想化自体はスタンダード上で問題なく実行され、説明に基づいて、テストやラボなどを実行しているように見えます。 Datacenterを学び、理解する特定の必要性がない限り、私は標準に固執します。

UPDATE:

私にはわかりません。正確な答えを得るには、この質問の多くを、システム管理者とその違いを理解する人を対象としたServer Faultに移動する必要があります。

ただし、OSがさまざまなプロセスやシステムに優先順位を付ける方法に違いがあるのではないかと思います。ファイルサーバーとアプリケーションサーバーに最適な優先順位付け構造は、仮想化サーバーには最適ではない可能性があり、SQLサーバーには最適ではない可能性があります。

ただし、Datacenterエディションをコアインストールとして構成できることを考えると、すぐに使用できるリソースの消費量が少ないことを示しているように思えます。クリーンな状態で2つを並べてインストールすることは、それほど異なっていないように見えるかもしれません。

MSのデフォルトで開始するサービスがどちらか一方に設定されているかどうかについては、私はStandardについて少し経験があり、不要なものがほとんどインストールされていません。クリーンな状態の(MS標準では)かなり軽いOSです。また、高可用性、高負荷のシステム用に設計されたバージョンは、デフォルトのフットプリントを最小限に抑えることを重視しているように思えます。

更新2

また、EnterpriseとStandardの違いのように、ライセンスに関するもののようです。 Datacenterバージョンには「無制限の仮想化の権利」が含まれていますが、これはライセンスの違いほどコードの違いに関するものではありません。

UPDATE3:目標の合計...

違いは主にライセンス関連です。 Datacenterは、RAMおよび物理CPUでより高い制限を持つより多くのシステムリソースを許可します(また、8から始まる、最初により多くの物理CPUが必要です)。

Server 2008のすべてのバージョンは、デフォルトではベースOSを超えてほとんどインストールされないため、システムのターゲット目的に基づいて追加または役割と機能を必要とします。

Datacenterのライセンス条件は「優れている」とは言えませんが、すべては必要なものに依存します。

たとえば、ほとんどのサーバー(すべてESXiホストで実行されているVMWareで仮想化されています)は、1〜8コア、および4〜32 GBのメモリを処理する必要があります。これにより、Datacenterの基本的な要件をかなり下回ります。したがって、私にとっては、標準バージョンとエンタープライズバージョンの方が「優れています」。私はいくつかのエンタープライズライセンスといくつかのスタンダードを実行しています。それは、MSライセンス契約で購入した方法だからです。

大量のCPUとメモリのcadsを備えたシステムがあり、非常に高可用性のシステムで巨大なアプリを実行したり、MS Hypervisorに基づいてVMを実行したりする必要がある場合、Datacenterバージョンが「より良い」と感じるかもしれません。

私の回答の最初の文に戻ります。常に。


StandardがADFSをサポートしていないことを知りました。 v。2012では、MSはこれを(Enterprise V.を排除するとともに)変更しているため、いずれにしても2008年のこれらの機能はStdにはありません。

Windows Server 2012 Standardエディションには、さまざまな新機能があります。これまではプレミアムエディションでしか利用できなかったいくつかの例を次に示します。

Windows Serverフェールオーバークラスタリング

BranchCacheホスト型キャッシュサーバー

Active Directoryフェデレーションサービス

追加のActive Directory証明書サービス機能

分散ファイルサービス(複数のDFSルートのサポート)

DFS-Rファイル間レプリケーション

出典:ws2012_licensing-pricing_faq [1] .pdf

6
music2myear